2020年05月24日

禁断の県境越え? ロンリーマラニック



新型コロナの感染者数「0」の岩手県は別格として、わが鳥取県のそれは同県に次いで少ない3人だけ。全国第2位の好成績をキープしています。とはいえ平井知事さんは緊急事態宣言が解除後も、「引き続き県境をまたいだ往来を控えるように」と県民に呼び掛け、隣の島根県知事さんも同様のコメントをしています。

ということで、私も引き続き「良い子は他県に行きません」をモットーに、自制的なランを継続中です。しかしこれは、逆に言えば県境までは行っても良いということなので、怖いもの見たさにこれをやってみることにしました。名付けて『禁断の県境越え? ロンリーマラニック』の、はじまり、はじまり〜〜〜!!
ということで、時は5月23日(土)の午前8時40分。私は道の駅『大山恵みの里』から、誰の見送りも受けることなく、一人でそっとスタートしたのでありました。

道の駅.jpg

1キロあまり走っていったん国道9号線に出ましたが、すぐに「旧国道」と言われている方にコースを変えます。こちらは、より日本海に近いので、夏色に変わりつつある海の色や、風車の立ち並ぶ光景を眺めながら進むことができました。

風車と日本海.jpg

それでも5キロ地点を少し過ぎると、この路線も9号線と合流してしまいます。休日なので比較的車は少なく、歩道も広いので問題なく走れそう。

9号線.jpg

と思ったのもつかの間、所々で歩道が50センチほどに狭まっており、しかも生い茂る草のため、一時的に車道に出なければならない場面もありました。

歩道が狭い.jpg

淀江に入ってからは再び9号線から離れ、漁港の道路や海側のバイパスを走ります。

淀江漁港.jpg

日野川の河川敷にあるスポーツ広場では、子どもたちがサッカーを楽しんでいる姿がありました。緊急事態宣言の発令中は、たぶん見られなかった光景だろうと思います。日常の生活が、徐々に取り戻されつつあるのでしょう。

日野川のスポーツ場.jpg

その後、国道431号線を少し走ってから、左折して皆生道路へ入ると、そのまま9号線へと繋がっていきます。

皆生道路.jpg

米子市の中心部にある高島屋前でも、車はほどほどに走っているものの、人の姿はほどんどありません。とはいえ、実は何時でもこんな様子なので、別にステイホームの影響を受けているからという訳ではないと思います。


高島屋前.jpg

さて、そうこうしているうちに、市街地を抜けたところにある県境の碑の前に到着しました。ここまでに走った距離は24キロです。
それにしてもここではてっきり、パトカーが車道の中央に横向けで停められ、鳥取県警と島根県警の警察官が数十人、それぞれ拳銃を持って向き合い、アリの子一匹通さない構えで対峙しているのだろうと思っていました。しかしその姿はまったくなく、車が普通に行き交っているではありませんか。
通り過ぎる車のドライバーの横顔を見ても、悪びれたところはまったくなく、往来の自粛がなされている気配は微塵もありません。嗚呼、この人達は両県知事の訴えを、いったいなんと心得ているのでありましょうか!

県境碑(鳥取県側から).jpg

とまあ、人様のことを頓着するのはとりあえず横に置き、はてさて自分の足をここで一歩、島根県側に踏み出すべきかどうかはたと迷い、心は千々に乱れるのであります。
「せっかくここまで来たのだから、一歩くらいはいいのではないか」とささやく悪い子の私。「いやいやダメだ。県民が知事の要請に背くようなことをしてはならぬ」と言う良い子の私。私の中の二つの人格が、静かに闘っていました。この葛藤はしばらく続きましたが結局、私の高潔な良心は愚かな欲望に勝利し、前に差し出していた足を、そっと後ろに引き戻したのであります。どうです、私のことを少しは見直しましたか?

県境碑(超えてはいけない).jpg

ちなみに、この地点を島根県側から見ると、こういう感じです。えっ、なにかご不審な点でも?

県境碑(島根側から).jpg

さて、県境を見に来るというこの日の目的は果たしたので、もし復路も往路と同じルートをとれば、帰りのランは単なる消化試合となってしまいます。これを嫌った私は、少しだけ南進してJRの線路を超え、いわゆる「駅裏」の方へ向かって行きました。
市街地を抜けて日野川を渡る時には、県の有形文化財に指定されている6連トラス型の旧日野橋を通ることになります。91年前に作られたこの橋の長さは366メートル。現在は車の通行が禁止されており、人と2輪車しか通れません。この時は、文字通りの貸切状態で渡り切りました。



旧日野橋.jpg

昼も過ぎて小腹が空いたので、ローソンでお茶とおにぎりを買うことにします。このとき初めてマスクを着用しましたが、アベノマスクはまだ届いていないので、使ったのは「ボクノマスク」でした。

ボクノマスク.jpg

その後は、山陰道の測道や農道など、寄り道や迂回を繰り返して進んでいきます。今までも何度か通ったはずの道端に石仏があるのことに、この日初めて気づきました。

路傍の石仏.jpg

大山町に入ってからも、滅多に通らない農道に入るなどの“お遊びラン”で距離を稼ぎます。

農道.jpg

帰り着いたら、距離は50キロを少し超えていました。強い日射しの中を遊び過たのか、ちょっとだけ疲れた気分です。

ログ.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:マラニック
posted by との at 08:36| 鳥取 ☀| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする