2021年06月20日

2021 初夏のゼロ大山(1/2)


「海から大山山頂そして海へ・・・。ゼロから1700mの標高差を一気に駆け上がり、ダイナミックな自然の変化を体感してみませんか? 」−−−走友のHideさんからのこんな誘いに乗り、6月12日(土)は大山町の福尾海岸から大山山頂を往復する仲間内イベント、『2021 初夏のゼロ大山』に参加しました。

[ログ(距離39.7Km・累積標高差1753m)]
ログ(ゼロ大山・中小) - 1.jpeg

参加者は14人と決して多くありませんが、部門はシューズの部、裸足の部、サンダルの部、自転車の部、遠くからの部(50Km以上遠方から徒歩参加)、ダブルの部(前日からのスタートまでに一往復済み)と多彩。
さすがに山頂まで自転車を担ぎ上げなければならない自転車の部の参加者こそなかったものの、スタート前に組んだ円陣に差し出された足を見たら、シューズを履いているのは5人だけ。そのうちの一人Shigeruさんは、80Km先の出雲市から徹夜で走ってきたので「遠くからの部」となり、これを除いた“普通のランナー”は、私を含め4人しかいないことになります。

なお、果敢にも一人だけ「ダブルの部」にエントリーした米子市のケンちゃんは、前夜の一往復で心が折れたようで、我々にその姿を見せることなく早々に帰宅したとのこと。残念ながら、DNS扱いとなっていました。それにしても、変な人多すぎです。

円陣 - 1.jpeg

さてこの日の福尾海岸は、明け方まで降っていた雨があがり、打ち寄せる波は比較的穏やかなもの。そんな中で気勢を上げる13人の変態ランナーたちは、午前6時ちょうどに、大山へ向かってゆるゆるとスタートを切りました。

スタート前(底中) - 1 (1).jpeg

福尾海岸から博労座駐車場までの往復は、タイム計測されて順位がつけられます。国道9号線を越えてからは全体のペースが次第に上がっていきました。
雨上がりで空気は澄んでいましたが、手前にある孝霊山の山頂は雲に隠れ、全体を見晴らすことはできません。ましてやその先にあるは大山は、その姿をほとんど見せていませんでした。

スタート直後(低中) - 1.jpeg

7キロ地点のエイドではビールが出されており、さっそく乾杯しているランナーもいました。しかし私は“普通のランナー”に過ぎないので、ここはコーラで我慢します。

エイドで乾杯.jpeg

序盤は体が重い感じでしたが、裸足のランナーさんと競り合ったりするうち、徐々に調子が上がってきました。

裸足のランナー - 1.jpeg

明間の森を過ぎたあたりから、うっすらと白いもやが漂いはじめます。

モヤ - 1.jpeg



さらに標高を上げるにしたがい、周囲はいつしか深い霧に包まれていました。

霧が深まる - 1.jpeg

ロード部分の終点となる博労座駐車場へ到着したのは、7時52分。2時間切りは予想していませんでしたが、前を行くランナーに引っ張られたのが幸いしたのでしょう。

博労座 - 1.jpeg

なお、ここでもビールを空けているランナーが何人かいました。ちなみにこの日、ゴールまでに7本飲み干した猛者もいたそうです。

またビール(底中) - 1.jpeg

この後は、9時に豪円湯院前の足湯の場所へ集合し、登山を始めるとのことでした。それまでの間は、大山ナショナルパークセンターで着替えをしたりして過ごしましたが、しだいに雨が強まってきたので、登山は中止になるのではないかと思い始めていました。

時間になって足湯のところへ行った時も、冷たい雨が地面を叩きつけるように降っています。しかし淡い期待は裏切られ、中止の気配はまったくなし。集合写真を撮り終えると、揃って登山道へ向かっていきました。



足湯 - 1.jpeg


(つづく)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:マラニック
posted by との at 15:32| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする