2017年06月19日

たまの休日、だからロンリーマラニック


昨年の春に定年退職してからは職に就かず、この一年余りはいわゆる「悠々自適な日々」を送っておりました。
昼間の過ごし方のメインは、スポーツジムへ通うこと。車で30分ほどのところにあるホリデイスポーツクラブ米子店に、平日会員として登録して通い詰め。なので、「仕事は何をしてますか?」と聞かれると、「ジムです」と答えることにしていました。
ところが以前に働いていた職場から、「忙しいのでしばらく手伝ってくれないか」とのオファーがあり、6月から「週4日以内の勤務」という条件で、事務補助の臨時職員として再び働きはじめました。したがって以降、「仕事は何ですか?」という質問の答えは、「事務です」に変わりました。

さて、勤めを再開してから、平日は週に1日くらいしか休めません。先週水曜日の14日は、たまの休日。久しぶりにマラニックを楽しむこととしました。
コースは、道の駅「大山恵みの里」をスタートして大山の方へ南進し、反時計回りにぐるりと回り帰ってくるというものです。

道の駅.jpg


県道や町道などを走れば30キロくらいのコースがとれるので、このあたりは普段からときどき走っています。しかし今回は、概ねそれに沿いながらも、できるだけメインな道路ではなく農道や林道を選ぶこととし、いつもより回り道をして隣の谷に入ったり、一つ先の尾根を越えて行くなどしてアレンジし、距離と標高を稼ぐようにしました。

芝畑のそばを走ったり、

芝畑.jpg

暗い林の中を通ったり、

山道.jpg

アップダウンが繰り返す道を行きました。

アップダウン.jpg

10キロほど走り、地域休養施設「夕陽の丘 神田」に到着。ここでは、持って来たおにぎりを2つ取り出し、ペロリとたいらげます。



山香荘でおにぎり.jpg

ここで進路を東に変え、楽仙開拓道路へ入りました。

楽仙開拓道路.jpg

ここから6キロほどの区間は、深い渓谷と尾根の繰り返し。そのため、隼(はやぶさ)、鳳(おおとり)、大鷹(おおたか)など、鳥の名前がつけられた橋が7つもあるので、「七鳥橋ロード」といわれています。

大鷹橋.jpg

橋の上からは、大山が見えました。

橋の上から大山が見える.jpg

この区間を終えて少し行ったところの交差点で、いつもなら左折して日本海の方へ北進するのですが、この日はあえて直進します。

交差点.jpg

一つ尾根を越して行くと、隣の琴浦町へと入りました。

琴浦町.jpg

石垣や疏水のある、長閑な風景が心を癒してくれます。



石垣と疏水の風景.jpg

このしばらく後、いままで通ったことのない道に入り、右や左と適当に進んで行きました。すると突然、目の前に鎮守の森が。これにはちょっと感動しました。

鎮守の森.jpg

さらに進み、道が突き当たったところは、国指定重要文化財の河本家住宅の前でした。そうか、この道はここに出るのか、と思ったしだいです。ここで左折し、西へと進路を変えます。

河本家住宅.jpg

しばらく走ると、トレーニングコースとしてよく使っている逢坂農免農道へ入ります。ここまでに、30キロほど走っていました。

逢阪農免農道.jpg

ここでも大山を仰ぎながら、残りのランを楽しみます。

大山を見ながらラスト.jpg

こうして
この日は、40キロあまりを6時間40分もかけてのダラダララン。いい休日を過ごしました。

コース.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
 
タグ:マラニック
posted by との at 05:50| 鳥取 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

今シーズン初の大山登山は、とりあえずW


6月9日(金)は大山の麓にある、とある小学校のマラソン大会。学校から「走ろう会」のメンバーとして招待を受けた私と3人の走り仲間もこれに参加し、子どもたちと一緒に走りました。


マラソン大会.jpg



コースは学校周辺の農道で、1・2年生は600m、3・4年生は1000m、そして5・6年生は1800mを走ります。最初にスタートするのは1・2年生の部。私は最後尾の児童に密着し、息の注ぎ方や腕の振り方をアドバイスしながら走りました。


コースを走る.jpg

児童数が70人余りの小さな小学校ですが、グラウンドとその周辺には、保護者や高齢者など地域の人の姿が多くあり、「ガンバレー!」と応援の声も賑やかです。



ゴール前.jpg

さて、マラソン大会が終わってグラウンドの南側を見ると、田植えが終わった田の向こうに大山の勇姿。天気もいいことだし、今シーズン初登山に向かうことにしました。

大山.jpg

夏山登山道へ入ったのは、午前11時半頃。1週間前に「夏山開き祭」があった大山の樹々の葉は、もう夏の色です。

夏の登山道.jpg


3月に右膝の精密検査を受けた際に医師から、左の太ももに比べて、右が3〜4センチも細いことから、「この差を縮めた方がいい」と言われていました。右だけ鍛えるというトレーニングはあまり思いつきませんが、この日の登山では意識して右足を軸にするよう努めました。

右足を着く.jpg

山頂への到着は12時40分。やや霞んでいて、弓浜海岸や島根半島ははっきり見えませんでした。

山頂から.jpg

膝にまだ不安があるので、下りは無理せずに一歩一歩確実に進みます。1時間余りかかって下山し、阿弥陀堂の傍のテーブルでしばらく休憩しました。

テーブルで休憩.jpg

まだ午後2時前だったので、2度目の山頂を目指すことにします。同じコースでは飽きるので、「僧兵コース」と言われる遊歩道へ入っていきました。

僧兵コース.jpg

ここを抜け、大山寺本堂の前を通ります。

大川寺本堂.jpg

さらに大神山神社まで進み、その奥の森から行者谷コースへ入っていきました。

行者谷コース.jpg

5合目を過ぎたところで夏山登山道と合流しますが、この時点で午後2時40分。この時間から登って行く人は少なく、登山道で目にするのは、ほとんどが下ってくる人たちです。

下ってくる人.jpg

山頂は無人で、ちょっと寂しい雰囲気でした。

誰もいない山頂.jpg

まだ登山の足ができていないようで、下って行くうちに、だんだん足元がおぼつかなくなりました。時間があったとしても、トリプルはまだ無理のようです。



下りはおぼつかない.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 


 
posted by との at 21:48| 鳥取 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする