2020年02月08日

左手首を骨折してました


2月7日(金)の午後、私は町内にある医院の整形外科を受診しました。

病院.jpg

少し遡りますが、それは1月4日(土)のこと。免賀手山・孝霊山・佐摩山の三山を一人でマラニックしていた私は、最後の佐摩山を下り切ったあたりの山道で、濡れた倒木に脚を乗せた瞬間に滑って転倒し、左手首を強打してしまいました。
その時は少し腫れて内出血もありましたが、希望的観測も含め、単なる打撲だろうと判断していました。数日間は“ズキンズキン”とした痛みがあり拳がにぎれませんでしたが、日ごとに良くなりそうな感じもあったので、病院へは行かずに済ませました。

山道.jpg


しかし、3週間たち4週間を過ぎ、5週間が間際になっても、手首を動かすと“ピクッ”とするような痛みが消え去る気配はありません。
そんなとき、久しぶりに行ったジムで目にしたスポーツ新聞に、「元NMB48のメンバーでシンガー・ソングライターの山本彩が、転倒して左手首を亀裂骨折した」との記事がありました。それを読むと彼女は、「指は動くけど握れない」とか、「ペットボトルのふたを両手で開けることができない」状態とのこと。まさに、しばらく前までの私と同じではありませんか。もしかしたら私も、骨の一部が欠けたかヒビでも入っているかもしれないと思いはじめ、そうであればこの週末に岡山であるトレイルの大会へ参加してよいものか迷いも生じたので、遅ればせながら受診することにしたというものです。
ちなみに私は、ペットボトルのフタを開ける時はボトルを両足で挟んでおこなっていました(笑)

キャップを外す.jpg

さて、病院でのドクターとのやりとりです。

(Dr)どうしました?
(と)1月4日に山道で転倒し、左手を打ちました。しだいに良くはなってきましたが、5週間もなるのに、まだ痛みがとれません。
(Dr)どうしてその時に来なかったの?
(と)たぶん打撲なので、日にちが経てば治るだろうと・・・。でも、新聞でアイドルが転倒して手首を骨折したという記事を見たら、自分と同じ症状だったので、もしかしたらヒビでも入っているのかと思ってきました。
(Dr)あんたはアイドルじゃないから大丈夫だと思うが、まあレントゲンを撮ってみよう。

ということで、レントゲン撮影を終えた後、画像を見ながらの再診です。



レントゲン1.jpg

(Dr)折れてますね。
(と)えっ、ヒビですか?
(Dr)いやヒビどころじゃない。完全な骨折です。この部分・・・。

[拡大写真(太い方の関節から少し下の部分)]
レントゲン拡大.jpg

(Dr)診断名は「橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)」といいます。折れた部分がつきかけているが、まだ完全に固まってはいないので、もうしばらく大事にしないといけません。
(と)そうですか。
(Dr)しかし痛かったでしょう。これでよく我慢しましたね。
(と)はい、よく我慢しました。

ここで、「初めて自分を褒めたいです」という言葉が続けて出そうになりましたが、ヒンシュクを買いそうなので、すんでのところでこれを飲み込んだ私です。

(Dr)これくらいの骨折だと、医師によっては手術の判断をする場合もあります。もし私が直後に診ていたら、今日くらいまではギブスで固定する処置をしていたでしょう。しかし今さらしょうがないので、何もしません。この後3週間ほどは大事にして固まるのを待ち、それ以降はできるだけ動かすようにしてリハビリしてください。
(と)走るのはどうでしょうか? 今度の日曜日は山を走る大会に出るようにしてますが。
(Dr)走るのは構わないので、それはいいです。その後の予定は?
(と)その翌週がフルマラソンで、さらに次の週末は仲間と山を走る計画があります。
(Dr)それらはOKだが、転ぶ時は左手ではなく右手を突くように。鉄棒、腕立て伏せ、スキーなど、手首を押したり引っ張ったり、力が加わることは禁止です。なるべく左手は使わないようにしなさい。
(と)了解です。

ということで、手負いのランナーはとりあえず週末のトレイルの大会に参加できそうです。ただし、“お手つき”厳禁。カルタ大会なら無理なところでした。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

【追記(2月8日19時)】
大事をとって、明日のトレイルはDNSすることにします。
初めて参加する大会で、どうやら岩やロープを摑んで進むところはなさそうですが、岩場を含む急な登り下りはあるようです。転ばないように気をつけながら走るつもりでしたが、ヒヤヒヤしながらでは楽しめないと思い、行かないことを決めました。ご心配をおかけしました。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 12:12| 鳥取 ☔| Comment(2) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする