2016年09月22日

2016三原・白竜湖トレイルランレース


9月18日(日)は、広島県三原市で開催された「2016三原・白竜湖トレイルランレース」に参加しました。

この大会は、37キロのロングと20キロのショートの2部門があります。私はロング部門にエントリーしていたのですが、前夜の大雨でコースが荒れたため急きょ、ロング部門もショートコースを使って行われることになりました。

スタートの時刻も、午前7時の予定が9時30分に繰り延べ。6時前には会場の白竜湖スポーツ村公園に着いていた私は、珍しく余裕のスタンバイです。といっても、この待ち時間に何をしようもないので、他の多くのランナーに習い、白竜ドームのアリーナでごろ寝をして過ごしました。



アリーナで寝て待つ.jpg

9時からは、この大会のレースアドバイザーである奥宮俊祐さん直々のコース説明。

奥宮さんのコース説明.jpg

続いておこなわれたストレッチ体操も、ありがたやもったいなや、同じく奥宮さんの指導でありました。この豪華なオープニングには、とってもお得感がありました。


奥宮さんのストレッチ.jpg

さて、いよいよスタートです。待ちくたびれていたランナーたちは「オーッ!」と気勢を上げた後、一斉に走り出しました。羊のように小心でおとなしい私以外は、まるで野に放たれた野獣のようです。


いざスタート.jpg

2キロほど舗装道路を走ってから、最初のトレイルへ。ここは400メートルで標高を一気に100メートル上げるところです。幸か不幸かラッシュ状態なので、中程を走っていた私は、抜くことも抜かれることもほとんどありませんでした。


序盤のトレイル.jpg

ピークを越えて登山道を下ると、その後はしばらく、アップダウンを繰り返しながら林道や舗装道路を走ります。中盤のトレイル入るところでは、2カ所か3カ所、ロープを使う急な斜面がありました。



ロープを使う.jpg

この日は、スタート直後から霧雨が降っていましたが、13キロ地点あたりから、その勢いが強まります。


雨が強まる.jpg

しばらく後に雨は再び弱まりましたが、これを契機に登山道の状況が一変。路面はぬかるみ、とても滑りやすくなりました。

路面がぬかるむ.jpg

それでも、コース中盤のこのあたりのトレイルは、「樹林トンネル」と名付けられたところもあり、とってもいい雰囲気です。

樹林トレイル.jpg

15キロ地点の観光農園給水所では、テーブルにブルーベリーや梨など4種類のジャムを乗せたパン、ブドウ、ミニトマト、さらには新米のおにぎりまで並べられていました。

奥宮さんがコース説明の際に、「ここで出るフルーツがいつも余っているようですが、おいしいのでしっかり食べてください」と言っていたこともありますが、どれもこれも本当に美味しいので結局、出されていたものを一通りいただきました。そういえば、しそジュースもうまかったなあ。

観光農園給水所.jpg

さて、この少し先から往路でも通った林道を逆方向に走り、その後、序盤にあったトレイル区間に戻ってきます。
しかし、遅い順位の私がここを通過する頃には、往路で走ったときとの登山道とは一変していました。「チリも積もれば山となる」という諺がありますが、私はこのとき思わず、「小雨も溜まれば池になる」とつぶやいていました。

私のすぐ前を行く女性ランナーが、水たまりを避けてその左端に沿って通り抜けようとしました。しかし、ぬかるんだ路面に足をとられて体のバランスを崩し、転倒しそうになって「キャッ!」と声をあげました。
これを目撃した私は、「あのような乙女ならともかく、私みたいなおっさんがキャーとかギャーとかぬかすのは見苦しい」と、あえてその真ん中を走り抜けました。それにしても、ここでくるぶしの5センチも上まで浸かってしまうとは、思いもしませんでした。

水たまりを避けるランナー.jpg

さて、往路で登ってくるときには何でもなかった急な登山道が、ズルズル、ニュルニュルの激下りとなり、最後に待ち構えていました。
前後を行くランナーの多くは走っていません。というより、走るのはとても難しい状況でした。歩いているランナーでさえ、次々と滑って転倒しています。
珍しく一度も転倒していなかった私はここで、「ゴールまで転倒せずにいく」という、トレイルランナーとしては「はあっ?」というような目標を初めて設定。タイムも順位も度外視し、恥も外聞もかなぐり捨て、コース脇の枝や草をつかみながらよちよち歩きで下っていきました。

歩くランナー.jpg

そして目出たく、この「お笑い」のような目標を達成し、ゴールへとたどり着いたのであります。


ゴールの光景.jpg


(私の記録)
タ イ ム 3時間22分34秒
総合順位  216位/309人(ロングコース男子・エントリー数)
年代別順位  33位/ 58人(50歳以上ロングコース男子・エントリー数)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
 
タグ:トレイル
posted by との at 17:01| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

お礼参り大山登山プチラン


9月16日(金)は、5週間振りに大山へ登りました。気分はトレランでしたが、走ったところはあまりないので、“プチラン”ということにしておきます。



今シーズンは、1日に2往復や3往復したのも含め、大山山頂へは6月に3回、7月に14回、そして8月には5回行きました。合わせて22回の大山登山は言うまでもなく、8月下旬におこなわれたUTMBに備えてのものです。



すでにブログに何回か書いたとおり、2月に痛めた右膝は、3か月以上を経た5月の下旬になっても回復していませんでした。そのころ医師から、「ロード、特に下りのランは膝に悪いと思う」と言われたこともあり、トレーニング内容を見直して6月からはランを控え、ジムでの筋力強化と大山登山をメインとしました。

とはいえ、登山道の復路を駆け下りることは8月に入るまで出来ず、ほぼ歩き。「こんなことをやっていて、UTMBが走りきれるのか」という不安と葛藤は常にありましたが、幸いにも完走を果たし、この賭けに勝つことができました。


大山登山は、もちろんランに代わるトレーニングの一環ですが、私としてはそれに加え、「苦しい時の神頼み」のように、わが心の山である大山にすがる気持ちもありました。

ということで、この日の大山登山プチランは、UTMB完走を叶えてくれた大山へのお礼参りに他なりません。



さて、登りは行者谷コースから入っていくこととし、大神山神社の参道を上がっていきました。長い参道を抜けて大神山神社に着くと、神殿に向かい静かに手を合わせます。


大神山神社.jpg

大神山神社のすぐ隣にある下山神社の御神徳は、勝運・除災・病気平癒。7月の初めに来た時に、ここで膝の回復を祈願しています。完走の報告をすると、あらためて嬉しさがこみあげてきました。

下山神社.jpg


神社の裏から行者谷登山道へ入りました。

行者谷コース.jpg

この日の大山は、元谷のすぐ上から雲がかかり、見晴らしはよくありません。行者谷に入っても、50メートルくらい先は、霞がかかっているような感じです。



元谷.jpg


天気が良ければ眼下が一望できる6合目避難小屋の前からも、まったく視界はききません。それでも8合目手前では風が雲を飛ばし、短い時間でしたが、三鈷峰方面の山景の一部を眺めることができました。

DSCF5775.jpg

頂上に着くと、用意してきた缶ビールを取り出します。地元では、豊かな恵みを与えてくれるこの山に、「大山さんのおかげ」と言って感謝する人が少なくありません。私も、「大山さんのおかげです」とつぶやきながら山頂碑にビールをかけ、お礼参りを終えました。

ビールかけ.jpg

さて、下山して火神岳温泉で汗を流した後は、大山ゲストハウス『寿庵(じゅあん)』へ。

この日は走友のT嶋さんが、私と、同じく今回のUTMBを完走した米子市のA元さんを酒の肴に、「UTMB完走報告会」という名の呑み会を企画してくれていました。総勢6人のこぢんまりした会でしたが、トレイルランやウルトラマラソンの猛者ばかり。話は尽きず、日付が変わるまで延々と飲み、語り続けていました。

報告会.jpg
 






にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
 
posted by との at 17:58| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

UTMB2016(観光編2:アルプスの山々&オマケの話)


ヨーロッパアルプスの高山に囲まれたシャモニーですが、その中でも標高3842メートルのエギゥイユ・デュ・ミディは、この地を訪れる観光客にとって外せないスポットでしょう。


私が泊まったホテルの近くから出ているロープウェイは、中間駅での乗り継ぎを含め、たった20分ほどでミディの頂上近くまで連れていってくれます。山の斜面そのものが急なため、車中では、まるで真上に引き上げられていくような感覚を覚えます。



ミディへのロープウェイ.jpg

ロープウェイから.jpg



頂上が近くなり、目に入ったのは白銀の別世界。そこでは、稜線をたどっていく登山者が、いくつかの点のように見えます。

雪と登山者.jpg

ロープウェイを降りたところにある展望台から、ため息が出るような景観を堪能することができたのですが、見上げるとさらに上の方には、天に向かうロケットのような建物がありました。
エレベーターでそこへ上がり、雲一つない晴天の下で、モンブラン山頂などアルプスの高峰を一望。まさに「人生観が変わる」と言っていいほどの眺望です。

ミディの展望台.jpg

ミディからモンブランを眺める.jpg

ミディからの眺め.jpg

帰りは、ロープウェイの中間駅で降り、ここにある喫茶店でエスプレッソを飲みました。

ミディ中腹の喫茶店.jpg

このあと奥方が、「歩いて下りてみようか。店の人に聞いたら、2時間で下りれるって」と言ったのです。少し驚きましたが、私としては望むところだったのでもちろん同意し、登山道を下りはじめました。
道端に咲く花を見ては、「これを撮っておいて」とご機嫌な奥方。

高山植物.jpg


しかし、下りはじめて30分もすると奥方は、「足が痛くなった」と言って、その表情が険しいものに変わります。しかし、引き返してきつい登り坂に向かうことは、もはや困難。このあとは、無口になった奥方の後方に付き、そのペースに合わせて3時間あまりかけ、シャモニーへ帰り着きました。

このあとホテルで養生した奥方ですが、予想どおり翌日は激しい筋肉痛。良かったか悪かったかは別として、たぶんこれが、今回の旅で一番の思い出になったことでしょう。

下山中.jpg

さて次の日、ゆっくりしか歩けない奥方と出かけたのは、シャモニーの街をを挟んでミディの向かい側にある標高2525メートルのプレバン。
こちらもロープウェイを乗り継いで20分ほどで山頂に到着です。前日に行ったミディとその右の方にあるモンブランを眺めることができました。



プレヴァンから.jpg

モンブランとは反対の方角に目を向ければ、荒野のような山々が連なっています。これを目指して行こうとしているハイカーの姿が、たくさんありました。

プレヴァンから2.jpg

さて、シャモニーでの5泊6日を・・・いえいえ、私の場合はこの間にUTMBを2晩徹夜で走っているので正確に言えば3泊6日ということになりますが、十分に堪能して往路と同じカタール航空で帰国の途につきました。

余談ですが、実は私は今回、カタール航空の「Travel Festival」とやらに当選し、往復の搭乗料金が無料になるという希有な幸運に恵まれたのです。そんなキャンペーンをやっていることさえつゆ知らず、UTMBに出る長崎県の走友がこの航空会社を利用すると聞いたので、私もこの会社を選んだだけです。そんな私がどうして当選したのかと驚きました。
正直言って、当選のメールが届いたときは新手の振込詐欺ではないかと疑い、後日、カード決済していた搭乗料金が通帳に振り込まれるのを確認するまで、完全には信じていなかった私です。

カタール航空.jpg

ということで、この「たなぼた」のようなエピソードを、拙文の締めくくりとしましょう。なにはともあれ、目出たしめでたし。

いやいやちょっと待て。そういえば、『家に帰るまでが遠足です』と誰かに聞いたことを思い出しました。この後の話も、少しだけ付け加えることにしましょう。

羽田から米子空港へ向かうANAの機体が飛び立ってしばらくしたとき、窓から、奇麗な円錐型の山が見えました。「まるで富士山みたいだ」と思ったものの、「その頂きは雪の冠をかぶっているはず」という、私の中にあった富士山の固定観とは異なっていました。そのため、眼下にある黒一色の山は富士山ではないと、一旦は判断しました。

しかしその直後、何年か前の夏に「富士登山競争」や「富士山頂往復マラニック」で駆け上がった山頂には、雪がなかったことを思い出しました。8月末の富士山に雪はないことにようやく気づき、
「やっぱりあれは富士山だ」と、慌てて写真を撮る私でした。

富士山.jpg

それから数十分たち、米子空港が近くなったときのこと。「着陸態勢に入りました」というアナウンスを聞いてしばらくしたら、日本海沿岸を飛ぶ機体から大山が見えてきました。
飛行機にはめったに乗らないので、地元の町を空から一望した記憶が、私にはありません。
手前から、海面のグラデュエーション、沿岸に立ち並ぶ風車、裾野に広がる田畑、鳥が翼を広げたような形の孝霊山、そしてその先にそびえ立つ大山の勇姿。真綿をちぎって並べたような雲まで含め、まるで1枚の絵画にまとめられたような風景です。

大山.jpg

モンブランと富士山、そして大山。世界と日本と地元の名峰の姿をそれぞれ心に焼き付け、UTMBの旅を終えました。





(観光編1)へ戻る → http://t-tono.seesaa.net/article/441906743.html
(レース編)へ飛ぶ → http://t-tono.seesaa.net/article/441588063.html


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 13:55| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

UTMB2016(観光編1:シャモニーの街)


UTMBのスタート・ゴール地点となるフランスの山あいの街シャモニーは、アルピニストの聖地。
標高4810メートルのモンブランをはじめ、エギゥイユ・デュ・ミディ、グランド・ジョラス、プレバンなど、街の周囲は東西を4000メートルから2500メートル級の山々に囲まれています。登山はもちろん、トレイルラン、ハンググライダー、ケーブルカーやゴンドラを使っての気軽なハイキング、さらには、ただアルプスの美しい稜線を眺めて過ごす人など、それぞれが思い思いの余暇を楽しむための、絶好のロケーションが用意されています。
もちろん冬になれば、多くのスキーヤーもここへ押し寄せることでしょう。

街とアルプス.jpg

[空に見える10個くらいの点は、ハンググライダー]
ハンググライダー.jpg

まずは街歩き。
この期間は、UTMBに参加するランナーやその家族で特に観光客が多いことは当然ですが、それには関係がないと思われる一般の観光客や地元の人も混じり合い、街は活気に溢れています。

Cup-Horn.jpg

バス.jpg

そんな中、テロを警戒してか、4人組の警察官が巡回していました。よく見ると、そのうちの一人が手にしているのは、なんと黒光りした機関銃。覚悟してカメラを向けましたが、シャッターを押しても撃ち殺されることはありませんでした。

機関銃を持つ警官.jpg

さて、メインの道路沿いにある多くのレストランの前にはテーブルとイスが並べられ、そこでピザやパスタを食べたり、コーヒーやビールをたしなんでいる人たちの姿があります。とてもゆったりとした時間が流れているようなその光景に、憧れないではいられません。

街の光景.jpg


ということで、私もそれを真似ようと、夕刻が迫る中、奥方と川沿いにあるピザ屋さんへ。もちろん、屋外の席をとりました。
まずはシャモニーへの到着を祝してビールで乾杯。そして、10分ほどしてやおら出てきたピザのサイズは超特大。私と奥方は1ずつ頼んだのですが、2人に1つあれば十分でした。これを平らげるために、レースに備え1杯でやめるつもりだったビールも、お代わりせざるをえませんでした。



大きなピザ.jpg

別な日に朝食を食べた時も、同じような失敗をしました。
日本でいうモーニングサービス程度の軽いものを頼んだつもりでしたが、コーヒーや目玉焼きとともに、パンが山のように出てきたのです。フランスパン好きの私も、さすがにこれは全部食べきれません。
でも目玉焼きがおいしかったのでこれをもう一つ追加で注文したら、なんとまたバスケットに大盛りにされたパンが一緒に出てきたのです。日本語ができる店員さんに、「目玉焼きにはパンが付くのですか?」と聞いたら、「そうです」の返事。あれ以来、フランスパンが怖くなった私です。



フランスパン怖い.jpg

さて、UTMBのスタート会場に隣接するサン・ミッシェル教会にも入ってみました。
午前11時頃でしたが、中には信徒と思われる数名の人がいました。とても厳かな雰囲気で、心が落ち着きます。ステンドグラスもとても綺麗でした。

サン・ミッシェル協会.jpg

協会の中.jpg

ステンドグラス.jpg



シャモニーでは、美しい街なみと険しいアルプスの山容が対比をなす光景、商店や朝市のかもし出す雰囲気など、この街にこなければ決して感じ取れない何かを体感できたように思いました。


紅茶屋さん.jpg

朝市の光景2.jpg
 


観光編2)へ飛ぶ → http://t-tono.seesaa.net/article/442006292.html


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 23:55| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする