2016年11月17日

今シーズン33回目の大山登山


11月16日(水)は、今シーズン33回目の大山登山をしました。これは1日に2回とか3回登ったのも含めた回数となります。
私はただのランナーなので、冬山へは行きません。したがって雪がない季節に限りますが毎年、何回か大山登山をしています。それでも今までで最も多かった年でも13回でした。今年うんと増えたのは、春先に膝を痛め固いロードでのトレーニングに難を生じたため、その代わりとして山へ向かったというのがその理由です。

登山道.jpg

さて、8月末までに22回登っていたので、「今年は切りのいいところで30回を目指そう」と、つい先日までは思っていました。ところが、江戸時代に流行した富士講の信徒は富士山に何度も登ることを目標とし、33回登頂すると満願成就を祝って碑を建てることさえあったこと偶然に知りました。
これには「1シーズンで」という縛りはありませんが、当時の富士登山は旧暦6月と7月だけに制限されていたそうですから、達成は相当難しかったことでしょう。
ちなみに私の富士山頂踏破は、「富士登山競争」と「富士山頂往復マラニック」で行った2回だけです。

と、ここまで読まれたあなたが想像されたとおり、私も富士講にちなんで「ワンシーズンで大山登頂33回」を、このことに気づいた10月末からにわかに目標としたというものです。
その時点で29回登頂していたので、残すは4回。しかし、直後の11月2日に大山に初冠雪があり、その数日後の寒波で山頂には10センチの積雪。猶予はありませんでした。
この雪がほぼ融けた11月4日に30回目の登山を決行。その後しばらくは天候の不順や家庭の都合で登れませんでしたが、13日に夏山登山道を2往復して31・32回をこなします。
そして久々の好天に恵まれたこの日、今シーズン最後で、33回目となる大山登山を行ないました。


大山寺参道.jpg

さて今回は、行者谷コースから入ることとしました。大神山神社へ向かう参道では、先日の鳥取中部地震の際に崩落した石垣の前を通ります。

崩れた石垣.jpg

しかし私は、この少し先の本殿手前の石垣の方も気がかりでした。ここは以前から石がずれていましたが、今回の地震でその乱れがさらに大きくなったように思います。

崩れそうな石垣.jpg

元谷からは、ピークをやや過ぎた紅葉が見えました。今年は気候の関係か、もう一つ鮮やかさを欠いています。

元谷.jpg

「行者分かれ」で夏山登山道と合流したところが、5合目の少し上になります。

行者谷分かれ.jpg

6合目から眺めると、東の山肌にちょこちょこと雪がへばりついています。それでも3日前に登ったときに比べれば、その量はかなり減っていました。

6号目.jpg

しかし、この日は寒気が入り込んでおり、標高が上がるにつれて急激に冷えてきます。7合目あたりから、樹々の枝には霧氷が見られました。

8合目近く.jpg

8合目からは、美しい霧氷と山肌のコラボ。心が洗われるような光景です。

8合目あたり.jpg

頂上手前の木道に雪はほとんどないものの、木陰の部分では凍って滑りそうなところがあり、慎重に進みました。

9合目.jpg

頂上付近では、西側の山肌からせり上がってくる霧が視界を妨げます。

山頂小屋.jpg

頂上小屋の温度計を見ると、1度を指していました。スタートした博労座は11度だったので、これより10度も低いことになります。

山頂は1度.jpg

山頂小屋の売店で熱いコーヒーを求め、珍しく15分くらいも休憩してから小屋を出ました。この短い間に霧はすっかり晴れており、少しかすんではいたものの、弓ケ浜半島まで見渡すことができました。
次にこの光景を見られるのは、たぶん来年の5月になるでしょう。それまではしばらく、大山さんとお別れです。



霧が晴れた.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 21:53| 鳥取 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

第4回 可部連山トレイルラン in あさきた


美しい自然の中を

風と共に走り抜けろ

強き者たち 「勝」

スタート前のランナーを鼓舞するのは、地元の高校生による大書パフォーマンス。この他にも高校生の和太鼓演奏や消防音楽隊の演奏など、トレイルレースなのにまるで市民マラソン大会のような歓迎ぶりです。


大書.jpg

11月6日(日)は、広島県安佐北区可部町で開催された「第4回 可部連山トレイルランinあさきた」へ参加しました。部門は22キロのロングです。
この大会のコースアドバイザーは、9月にあった「三原・白竜湖トレイルランレース」と同じく、プロトレイルランナーの奥宮俊祐さん。そのウェアは、リーグ優勝を果たしたカープの赤いユニフォームでした。
「22キロくらいと甘く見てるかもしれませんが、実はこのコース滅茶苦茶きついです」との奥宮さんの言葉に一瞬不安をかき立てられましたが、「でも、関門時間は余裕をもって設定してあるので、完走は大丈夫でしょう」と聞いてちょっと安心。


奥宮さん.jpg

スタート前には、奥宮さんを囲んで記念撮影。トレイルレースらしからぬミーハー的な盛り上がりに、なんだか心が和みます。

記念撮影.jpg

さて、ロングの部は午前9時にスタート。はじめの3キロほどは舗装道路を走ります。途中、待ち構えていた奥宮さんがハイタッチで送ってくれました。

ハイタッチ.jpg

4キロほど行ったとろころから、急な登りに入ります。

急坂の入り口.jpg

迎えるのは岩場の激坂。


岩登り.jpg


そして登り。

登り0.jpg

まだまだ登り。

登り1.jpg

それでも登り。

登り2.jpg

登山口から山頂までの2キロで600メートル近く標高を上げる堂床山への登りで、「これじゃあ可部連山じゃなくて、“壁連山”だ!」と叫んだのは、決して私一人ではないでしょう。

そして登りがあれば、その後は当然下り。きつすぎて走れないところが大半で、何度も樹々につかまりながら進んでいきます。


下り.jpg

ここを下り切った後は、比較的緩やかなアップダウンを繰り返す尾根道が続き、快適に走れました。

アップダウン.jpg

可部峠を越えて少し行ったところから振り返ると、遠くに見えたのは堂床山。「あんなところを越えてきたのか」と、ちょっと感動しました。

堂床山.jpg

それから小掛山と三本松のピークを過ぎ、第3エイドの中倉峠に到着したのは11時58分。ここの関門時刻は13時30分なので、余裕は十分です。

第3エイド.jpg

残す7キロは、下り基調のガレた林道と舗装路。ここは無理に飛ばさず淡々と走り、ゴールをめざしました。

林道.jpg

ゴール.jpg


(私の記録)
タ イ ム  3時間50分32秒

総合順位  152 位/298人(ロング男子・エントリー数)
部門順位   8位/20人(ロング60歳代以上男子・エントリー数)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:トレイル
posted by との at 19:45| 鳥取 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする