2017年04月20日

京都一周トレイルラン2017(東山・北山コース)


4月15日(土)は、「京都一周トレイルラン2017(東山・北山コース)」に参加しました。この大会では山科をスタートし、大文字山、比叡山、大原などを経て静原までの30キロを走ります。
なお、これと主催者は異なりますが、「東山三十六峰マウンテンマラソン」という大会も別にあります。こちらの方は、国際会館近くの宝ヶ池公園をスタートして、比叡山、修学院山、茶山、大日山、清水山など、京都東山の三十六峰を駆けめぐって伏見稲荷大社境内へゴールするもので、距離は同じく30キロです。
「東山三十六峰」には、10年ほど前に2回出場しました。今回の大会はこの時とは逆回りですが、東山の部分のコースは、重なるところが多かったようです。

さて、スタート地点は山科の毘沙門堂。6つにグループ分けされたランナーたちは、8時30分スタートのグループを最初に、5分間隔でスタートしていきます。私は第2グループ。満開を少し過ぎた境内の桜が、ランナーを見送ります。

スタート.jpg

スタートして1キロほどで、杉の林へと入っていきます。

杉林.jpg

登り基調のトレイルを進んでいくうち大文字山へ。市街地を一望できるこの場所が、このコース随一のビューポイントなのでしょう。しかし、あいにくの曇り空と、遠くの方がやや霞んでいたのは少し残念でした。

大文字山から.jpg

この後は、ウォーキング指定された大文字の火床の部分をとおり、銀閣寺横まで降りていきました。

大文字山から下る.jpg

銀閣寺門前の参道は避け、京都朝鮮学園の校庭を横切ります。スタッフからは事前に、「授業中なので、静かに通り過ぎてください」との注意を受けていましたが、いくつかのクラスでは生徒達が校舎のベランダに立ち、「ファイト〜!」と大声で声援を送ってくれていました。
とても嬉しいけど、君たち授業は大丈夫なの?

朝鮮学園.jpg

ここからは、白鳥山、てんこ山を経て叡山電鉄のケーブル比叡駅へ向かいます。
登ったり、

登る.jpg

下ったり、

下ったり.jpg

木橋を渡ったりしながら、進んでいきました。

川を越えたり.jpg

約15キロの地点にあるケーブル比叡駅の直前で、突然の強い雨。多くのランナーがそうしているように、私も上半身にレインウェアを着込みました。しばらくして雨が止むと、あたりは深い霧に包まれ幻想的な雰囲気がただよいます。

かすむ.jpg

延暦寺の寺域に入ると、またもやウォーキング指定。釈迦堂の横を通ったあとは、再びトレイルへ入っていきました。

釈迦堂.jpg

この後は、横高山と水井山を越えていきますが、その間は、激しいアップダウンの繰り返し。登りでは、木の根につまずかないよう注意しながら進みます。

木の根.jpg

下り斜面も、雨に濡れて滑りやすくなっています。ひどい状態ではないものの、気をつけながら下っていきました。

下りは注意.jpg

山道を下り切ったころ、樹々の間から日差しが射し込んできました。思いがけず、天候が回復してきたのです。

再び陽光が.jpg

大原の里に出ると、高野川の土手の桜がちょうど満開。この光景を撮ろうと、足を止めてスマホを取り出すランナーもいました。

川面の桜.jpg

そして最後の短いトレイル。

最後のトレイル.jpg

これを抜けてから村の中をしばらく走り、静原神社の鳥居をくぐるとゴールです。きつく美しく、変化に富んだトレイルは、京都の奥深さをより強く感じさせるものでした。

静原神社へゴール.jpg


(私の記録)

タ イ ム 5時間25分54秒
部 門 順 位 308位/479人(男子/出走数)
完 走 率 男子:95%(457/479人)
      女子:99%( 82/ 83人)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
タグ:トレイル
posted by との at 01:17| 鳥取 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

第39回 日吉津村チューリップマラソン


4月9日(日)は、「第39回 日吉津村チューリップマラソン」の10キロコースを走ってきました。10年ぶり、2回目の参加です。
開会式が行なわれたのは日野川の河川敷で、対岸は米子市になります。日吉津村は、面積がわずか4.2uという小さな村。平成の大合併以前は鳥取県に4つの「村」があったのですが、他の3村は合併により消滅しました。いまや日吉津村は、県内に残る唯一の「村」なのです。

村長さんによれば、この大会が初めて開催された昭和54年に2500人だった村の人口は昨年、3500人を越えたとのこと。最近では、公民館機能・図書館機能・健康増進機能をもった複合施設「ヴィレステひえづ」を整備するなど、子育て施策には特に力を入れておられるようです。



会場風景.jpg

さて、この大会では10キロの他に1キロと3キロと5キロのコースもあり、参加者数は1800人あまり。屋台のテントも並んだ会場は多くの親子連れなどで賑わっていました。
いまどき珍しく当日のエントリーも可能ですが、私はもちろん、温泉入浴券が付く事前エントリーでの参加です。

受付.jpg


受付では、参加費の領収書を提示してナンバーカードを受け取るのですが、私に差し出されたナンバーはなんと「4」。
私がもしも俊足ランナーなら、「これはエースナンバーさ」とうそぶいてみせるのですが、なにせ鈍足ランナーなので心の動揺は隠せません。どうしても、「4=SI(し)=死」って思ってしまいます。「この大会で、なにか不吉なことが起きる」・・・そう予感した私です。
それにしても、いつか必ず訪れる私の“Xデイ”も、このように何の前ぶれなく、ある日突然やって来るのでありましょうか?


ゼッケン.jpg



気を取り直して、走りの方です。
はじめに1キロ、その次に私たち10キロコースのスタートとなります。



[1キロコースのスタート]
1キロコースのスタート.jpg

河川敷の桜並木は満開でしたが、あいにくどんよりした天候なので、その色合いは今ひとつ鮮やかさを欠いていました。

桜並木.jpg

それでも、所々で村の人たちの声援を受けて元気をもらいます。


交差点.jpg

真っ平らな村なので「アップダウンは無い」と言ってもいいでしょうが、しいて言えば、日野川の土手に駆け上がる部分だけが唯一の上りでした。

河川敷の土手へ.jpg

河川敷の道路を河口に向かっていくと、その先に広がるのは日本海。

河川敷.jpg

王子製紙の巨大な工場は、この村の田園風景にすっかり融け込んでいます。



王子製紙.jpg

さて、私はこの日の目標タイムを一応「50分」としましたが、このところ不調が続いているので、内心では「55分が切れれば上等」と思っていました。ところが、アップダウンがほとんどないコースが幸いしたのか、終始キロ4分50秒くらいのペースを維持したまま走ることができました。
終盤に入り、「これなら48分チョイのゴールになりそう」と考えはじめた頃、ゴールが視界の中に。そのまま、あれよあれよという間にゴールへ吸い込まれていきました。
タイムはきっかり47分。「ラストでそんなに飛ばしたっけ?」と不思議な気がしてガーミンを見ると、距離が250メートルほど足りていません。ここはあえて、距離の誤差ではなく、ガーミンの誤差と思うことにしましょう。

ゴールの光景.jpg

完走したランナーは、ゴール地点にある畑でリューリップを5本もらえます。私はピンクの花にしました。ことしは成長が遅く、まだあまり色づいていませんが、家の庭で咲いてくれるのが楽しみです。

チューリップ畑.jpg

この後は河川敷の会場へ戻り、楽しみしていた「みそ汁サービスコーナー」へ向かいました。ところがここは、200人を越える長蛇の列。昔から、「あわてる乞食はもらいが少ない」と言ったものです。ここは慌てず騒がず、車に置いていたバックを取りに行き、更衣用のテントで先に着替えを済ませることにしました。
この間約20分。再び会場へ戻ると案の定、2列に並んだ行列の長さは4分の1くらいになっていました。
ここに並んで数分後、みそ汁コーナーのスタッフが、私の前の男性へみそ汁を渡すと同時に「これで最後です!」と高らかに宣言。目前にして、みそ汁が底をついたのです。これこそ、「4」のゼッケンをいただいたときに予感した、不吉なできごとに違いありません。

汁碗を受け取った男性は、左側に並んでいた女性へ申し訳なさそうに、「僕はいいですから、どうぞ」と渡そうとしました。これに対し「いえいえ私はいいですから、どうぞ」と、遠慮する女性。嗚呼、なんという美しい光景でありましょう。日本人の美徳、ここに極まれり。
ここで私は、「まあまあお二人さん、そんなに揉めなさんな。そんなに揉めるならそのみそ汁、私がもらってあげましょう」と、仲介を申し出ようかとも思いました。しかし、それをやったらまさに“万死に値する”ことになりそうなので、さすがにやめておきました。どうです、私って紳士でしょう。

[空になった大鍋]
鍋は空.jpg



(私の記録)

タ イ ム 47分00秒
部 門 順 位 健康マラソンなので計測なし


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 




タグ:ハーフ未満
posted by との at 10:51| 鳥取 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする