2020年03月28日

新型コロナによる大会中止で、こんなに違う“配慮のあるなし”



2月16日に開催された熊本城マラソンでは、受付でランナーにマスクが配布され、ハイタッチ自粛の呼びかけがありました。同じ日にあった京都マラソンや北九州マラソンでも、同様の対応がとられたようです。それでもこの日までは、各地のマラソン大会は新型コロナの感染防止に気を使いながらも、粛々と実施されていました。

しかし、翌日の17日に事態は一変。実施を2週間後に控えた「東京マラソン」が、38,000人の一般参加者の出場を中止して東京五輪の選考を兼ねた200人ほどのエリート選手のみでの実施を発表したのです。市民マラソンの頂点にあるこの大会が出した衝撃のアナウンスで、一気に潮目が変わりました。以降は各地の市民マラソン大会に、“中止の嵐”が吹き荒れます。

東京マラソン中止.jpg

ということで、この後に予定されていた多くのマラソン大会が、急遽開催を取り止めました。ちなみに翌週の2月23日には、私が出たことがあるものだけでも、「宇治川マラソン」「姫路城マラソン」「そうじゃ吉備路マラソン」が中止となります。
なお、「西の東京マラソン」を標榜する「そうじゃ吉備路マラソン」は、直前の19日に市長さんが“開催”という勇気ある決断を表明されました。しかし、これに対しては国からの圧力があったとなかったとかで覆り、あらためて21日に「中止」が発表されます。
それでも、その当時の私の見込みは、3月と4月のランニングイベントはほぼ中止となるものの、5月の前半は開催と中止が入り乱れ、5月後半頃には多くが開催という流れになるだろうという楽観的なものでした。
しかしその後、感染が世界中に広がり、日本でも「オーバーシュート」とかいう聞き慣れない言葉が使われる事態となりました。コロナの終息が見通せない今、早くてもこの秋くらい、場合によっては来春くらいまでは、多くの大会の開催が望めないと考えざるをえません。

[中止になった2月23日の大会の一例]
中止の大会3.jpg

さて私の場合、3月から6月にかけて8つの大会へエントリーしていましたが、現時点でこのうちの6つは中止や延期となりました。この状況下ではやむを得ませんし、妥当な判断と言えます。
しかし、中止を決めた大会主催者のランナーに対する“配慮のあるなし”には、かなりの差があるようです。本稿では、これについて考えてみます。もちろん、今回は中止の理由が主催者に起因するものではないので、「申込規約に基づき参加料の返金はしない」というのがまずは基本であり建前であるということを、重々承知の上での考察です。

1.出雲くにびきマラソン大会
(開催日 3月1日・中止決定日 2月25日・参加費 3,000円)
対応:大会プログラム、参加賞の送付。


中止発表の直後に、参加賞の出雲ワインとタオルが送られてきました。何年か前に豪雪で中止になったときは、会場に行けば参加賞を渡すという対応でしたが、大雪の中を行けるはずがありませんでした。今回は、十分な対応をしていただいたものと評価します。

202002出雲くにびきワイン.jpg

2.神戸六甲縦走トレイル
(開催日 3月14日・中止決定日 3月1日・参加費 8,800円)

対応:5月16日に順延。これに参加不可能な場合は、2021年度の同大会への振替参加が可能。


適切かつありがたい対応です。ただし現下の状況で5月16日のコロナ終息は見込めそうにないので、私は来年の参加を予定しました。

3.広島湾岸TRAILRUN EAST47K
(開催日 3月22日・中止決定日 2月28日・参加費 16,000円)
対応:9月に開催される本大会『広島湾岸TRAILRUN 2020』の優先エントリー権付与(参加費は別途必要)。参加賞のオリジナルサコッシュを送付。本大会『広島湾岸TRAILRUN 2020』の参加費から3,000円減額。本大会への優先エントリーを希望しない場合は、参加費の一部2,000円をQUOクオカードにて返金。



私の場合、この大会へエントリーした目的は、完走して秋の本大会への優先エントリー権を得ることでした。したがって、確実かつ割引でそれに出られるというこの対応には満足です。

4.奥出雲ウルトラおろち100キロ遠足
(開催日 4月11日・中止決定日 3月4日・参加費 18,000円)
対応:申込規約に基づき参加料の返金なし。準備が整い次第、大会プログラム及び参加賞等を送付。前夜祭参加費及び送迎バス代は申込者へ返金。


中止の判断をギリギリまで延ばし、その決定が大会1週間前や2週間前だったというならわからないでもありません。しかし、開催日の40日も前に中止を決めながら参加費の返金がまったくないことは、はなはだ理解に苦しむところです。
2月27日に大会のHPとFBに、「3月4日に開催可否の最終判断をする」という予告が掲載されました。これに対してはエントリーしていた6人のランナーからFB上で意見が寄せられましたが、そのすべてが「決定が早すぎる」「ギリギリまで開催の可能性をさぐってほしい」との趣旨でした。私はこの告知を見たとき、「もし中止となるなら幾らかでも参加費を返したいので、早期に判断したい」という主催者の意図があるものと思いました。FBの声に主催者からの返答はありませんでしたが、それらを押し切って中止決定されたのにもかかわらず、私の推察も外れていました。

あの時期なら、大会プログラムの編集はある程度進んでいたでしょうが、印刷はまだまだ先のこと。参加賞のTシャツも、まだ全てができあがっていたわけではないでしょうから、違約金を払ってでも発注を止めることはできたように思います。さらには当日の会場設営や多量に必要なエイドの飲食物にかかる運営経費は、その大部分が浮くはずです。

「申込規約に基づき参加料の返金はいたしません」とのシラッとした一文は、この大会に3回参加して感じていた奥出雲の豊かな自然や地元の人の温かさとは、どうしても重ならないものでした。「奥出雲ウルトラおろち」は好きな大会でしたが、今後は少し、距離を置こうと思います。

奥出雲の中止.jpg

5.さくらおろち湖トレイルランニングレース
(開催日 4月19日・中止決定日 3月4日・参加費 6,800円)
対応:大会の準備にかかった費用を引いた差額を現金書留で返金。(5月2日追記:返金額 4,500円)



要項では参加料は返金しないと規定しているにもかかわらず、「返せるものは返す」という姿勢には主催者の良心を感じました。来年も必ず参加します。

[昨年の大会の様子]
牧場.jpg

6.えびす・だいこく100Kmマラソン
(開催日 5月24日・中止決定日 3月27日・参加費 10,000円)
対応:開催を1年延期。延期大会への出場を希望する場合は、優先出場権(抽選免除)を付与され参加費は次回大会へ充当。また返金希望者には、振込手数料を除いた全額を返金する。


もう、何も言うことはありません。ここまでやってもらっていいのでしょうか。私はもちろん、延期大会へ参加させていただきます。


[昨年のえびす・だいこくマラソンのゴールで]
恵比寿さまとの2ショット.jpg

さて、これでお仕舞いにしようと思いましたが、なにか気配を感じて玄関の方へ行ってみたら、郵便受けに1通の封書。見ると「出雲くにびきマラソン大会」の実行委員会からでした。この時期に何事かといぶかりながら封を切ると、中には「開催中止に伴う対応について」という文書と1,000円分の商品券が入っていました。
文書には、「中止の場合、参加料は申込規約によりお返ししないこととしておりますが、今回は、早期の中止決定による収支状況等から、参加料の一部をお返しすることといたしました」との記述。「早期の中止決定」と言っても、それは大会のわずか5日前。東京マラソンの中止決定から起算しても、13日しかありません。しかも、大会参加費はわずか3,000円と少額だったにもかかわらずです。

出雲の神様から授けられた、文字通りの“神対応”。すでに送ってもらっていた出雲ワインとタオルで十分満足していた私は、西の方角を向くとその場で膝を折り、おもむろにぬかづくのでありました。

商品券4−4.jpg


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 20:08| 鳥取 ☁| Comment(4) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

肺炎の疑いからプチ新型コロナ疑惑へ


軽い咳が出はじめたのは、熊本城マラソンを走った翌日の2月17日からでした。普段ならこの程度で受診などしない私ですが、1月の左手首骨折の受診遅れに懲りていたので、18日(火)には早々とかかりつけの内科を受診。“普通の風邪”と診断され、薬を一種類処方されます。
しかしその後、咳がしだいにひどくなってきました。21日(金)に再受診をしようと内科に電話。国内でも新型コロナウイルスの感染が広がりはじめていたので、予想したとおり、一般の患者とは切り離された発熱外来棟での受診となります。

発熱外来棟.jpg

このときはインフルエンザの検査をしましたが、感染していないとの結果。ただし血液検査の炎症の数値がだいぶ高いとのことで、これを抑えるために薬が3種類に増やされました。しかし、この日の夜には37.7の微熱が出て、なんだかいやな予感です。

薬.jpg

22日(土)から24日(月・祝)の3連休は、自宅でおとなしく過ごしました。この間、熱は出ませんでしたが、咳は相変わらずです。25日(火)は普通に出勤しましたが、夕方が近づくにつれ咳がひどくなり、マスクをしていても周囲に気を遣わないではいられません。そのため、翌日から仕事を休むことにしました。

26日(水)からは再び微熱が出たので、27日(木)に3度目となる内科の受診。血液検査とレントゲン検査をしたところ、ドクターから「軽い肺炎の疑い。ただし肺炎の診断はレントゲンでは難しく、CTを撮らなければはっきりしない」と言われます。
この日から、3月1日(日)までの土日を含めた連続4日間、炎症を抑える為の点滴を受けました。私一人のために土日も出勤してくださったドクターと看護師さんには、申し訳なくて頭があがりません。

点滴.jpg

しかしこの間、咳はまずますひどくなり、さらに土日は38〜39度の高熱も出て体もだるく、症状はピーク。しかもこの時点で、「37.5度以上の発熱が4日以上間続く」という、例の新型コロナの疑い基準に合致することになります。
3月1日(日)の診察の際にはドクターから、「明日は再び血液検査とレントゲンをし、その結果をもって総合病院へ紹介します」と言われました。さらに、「たぶん新型コロナではないでしょうが、その可能性が完全には排除できないので、紹介の際には保健所へ相談するケースになると思う」とも付け加えられます。私は、「そうしてもらった方がいいです」と咳き込みながら答えていました。


[どこか懐かしい新型コロナ。実は小学生の頃、この車がうちにありました]
新型コロナ−2.jpg

3月2日(月)の朝、目覚めると全身に発疹が出ており、びっくりです。診察したドクターは、“薬疹”との見立てでした。なお、「血液検査の数値を見ると、炎症はやや改善しているが、レントゲンの画像では、左の肺の下の方に肺炎の影が見える」とのこと。念のために2度目のインフルの検査もしましたが、期待に反し“陰性”の判定となります。
これにより、ドクターから米子市の総合病院へ受け入れの依頼がされましたが、総合病院からOKの返事が来るまでに、1時間以上もかかりました。その理由を後ほど総合病院の医師から聞くことになるのですが、一応新型コロナの可能性がゼロではない患者なので、総合病院から保健所へ、「受け入れて良いか?」との照会がされ、そのやりとりに時間を要したためだったそうです。
この判断の材料は内科での診察データしかないわけですが、保健所からは、「新型コロナではないと思われるので、“一般の患者”として受けてください」との指示があったとのこと。
それにしても、患者を診てもおらずたぶん医師でもない保健所の人が、「新型コロナであるかないか」を判断して現場の医師がそれに従うというシステムは、いかがなものかと思います。

労災病院.jpg

さてこの日の午後、紹介された総合病院へ向かいましたが、たぶん“即入院”だろうと思っていたので、その用意をしていました。しかし、ここでの診察の結果、まさかの“どんでん返し”が起きます。なんと撮られたCT画像には、肺炎像がまったく見えなかったのです。



CT画像.jpg

ということで、診断は肺炎から“気管支炎”に格下げ。医師からは、「自宅で安静療養。入院と同じ生活を自宅でせよ」との指示を受けます。「何日で治りますか?」と聞いたところ、「早くて1週間」とのこと。いずれにしても、肺炎の疑いとともにもやもやと燻っていた“新型コロナ疑惑”は、一瞬で消え去りました。
その後は医師の教えに忠実に従い、立てこもりならぬ、ひきこもり生活を続けた私です。そうしたところ咳も薬疹もほぼ治まったので、3月10日の火曜日の朝に改めてかかりつけ医の診察を受け、お墨付きをもらった上で2週間振りの職場復帰を果たしました。なにはともあれ、目出たしめでたし。
とはいえ、熊本城マラソン以来、3週間以上まったく走っていません。ランナーとしてのリハビリには、いくらか時間を要しそうです。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 20:30| 鳥取 ☔| Comment(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする