2021年05月27日

世にも不思議な的石の話



郷土の偉人と言われる名和長年は、廃流先の隠岐島から脱出し小舟で大山町(合併前の名和町)御来屋の湊に流れ着いた後醍醐天皇を助け、船上山に兵を挙げました。元弘3年(1333年)に起こったこの義挙は、鎌倉幕府の崩壊から建武の新政へと繋がっていきます。この功績により名和氏は建武政権で天皇の腹心として重用されますが、1335年に足利尊氏の軍勢に敗れ、京都の地で非業の死を遂げました。

[後醍醐天皇奉迎の図(大山町役場所蔵)]
hougei1.jpg


私が住んでいるところは平成の大合併で大山町となりましたが、その前は名和町、さらに昭和の大合併前まで遡ると名和村でした。今は「名和地区」と言われるこの地には、名和氏の屋敷跡や首塚など、同氏やその一族に関係する史跡がたくさんあります。その一つである「的石」は、五人張りの強弓を引き、一矢で二人の敵兵を射抜いたとされる名和氏が、弓の修練に使ったと言われている縦180センチ、横200センチの巨石です。なお、この岩の大きさについて大山観光局のサイト『鳥取大山観光ガイド』では、「縦170センチ、横150センチ」となっていますが、どう見ても横の方が長いので、私はコンベックスを持って行って実測しました。
さてこの的石には、雨上がりに陽が射した後のほんの短い時間だけ、表面に丸い的の形が浮かび上がるという逸話があります。実を言うと、私はその現象を40年くらい前に、一度だけ見たことがあります。昨秋、地域の人たちを対象としたウォーキングイベントがあり、案内役だった私はもちろん、的石の前でそのことを話しました。しかし10人あまりいた参加者の誰も、その話を信じる様子はありません。「いつか証拠を見せたい」と思った私ですが、そんな決意もいつの間にか日常の雑事に紛れ、意識から消え去っていました。

[的石]
的石0 - 1.jpeg

5月22日(土)に、車で外出していた私は家の近くまで帰ってきた時、それまで降っていた雨がちょうど止んだことで、ふと的石のことが頭に浮かび、そのまま現地へ向かいます。しかし的石には何の変化もなく、いつもの通りの大岩でしかありません。なおこの時の時刻は、午前10時50分頃でした。
いったん家に帰ったのですが、直後に陽が射してきたので、「もしや」と思い、今度は自転車で行ってみます。11時18分に再び的石の前へ立ったところ、岩の表面に白く浮かぶ的が目に入りました。「やった!」と小躍りする思いで、急ぎ写真を撮りまくります。

[的が現れた(11時18分に撮影)]
的石1 - 1.jpeg

的石2 - 1.jpeg

しかし、的は見るみるうちに薄くなり、11時23分にはほぼ消えていました。

[的が消えた(11時23分に撮影)]
的石3-2 - 1.jpeg

ちなみに初めて見た時は、もっとはっきりと出ていた記憶があります。この日も、もう少し早く行っていればより鮮明なものが見られたかもしれません。そのことは、少し悔やまれるところです。
ところで、この岩に水を掛ければ的の文様が浮き出るのではないかとは、誰もが考えることでしょう。私もそれをやってみたことがありますが、何も現れませんでした。他にもこれを試みたという話はたくさん聞きましたが、極めて稀に出ることがあるものの、ほとんどは失敗に終わっているようです。気温、湿度、日射しなどが微妙に関係しているのかもしれませんが、それにしても不思議なことです。





にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 11:50| 鳥取 ☔| Comment(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月19日

2人de鷲峰山トレイルラン



5月14日(金)はテッシーさんと、鳥取市鹿野町にある鷲峰山(じゅうぼうやま)を走ってきました。
本来ならこの日は、その翌朝にスタートする「第5回 Aso Round Trail(阿蘇ラウンドトレイル)」に参加するため、テッシーさんの車に同乗して熊本へ向かっているはずでした。ところがコロナの第4波の急拡大により、直前の5月6日に急遽、2年連続となる大会中止が発表されます。
熊本県の1日あたりのコロナ感染数は、2月から4月上旬までは概ね一桁の下の方で推移していましたが、4月中旬以降は週を追うごとに20人、40人、60人と急上昇。そのため私は、大会の開催は難しかろうと思っていたので、中止のアナウンスにも驚くことはありませんでした。

しかし、テッシーさんにとってこの決定は想定外だったようで、その落ち込みようは傍目にも明らか。それでも数日たってようやく気を取り直したのか、「(熊本へ遠征予定だった)14日からの4日間が空いたので、どこかを走りましょう」と声をかけてきました。これを受けて私が鷲峰山を提案し、この日のランとなりました。


阿蘇中止 - 1.jpeg

さて当日は、午前8時半過ぎに古仏谷登山口から鷲峰山へ入ります。はじめは緩い上りですが、921mの山頂までには、標高を850mほど上げなければいけません。斜度は次第にきつくなり、段差の大きな階段を登ったり杉林を通ったりと、変化が多いのがこのコース前半の特徴です。


杉林 - 1.jpeg

約4キロ先の山頂への到着は、午前10時を少し過ぎていました。

山頂 - 1.jpeg

山頂から折り返し地点の安蔵森林公園までは、距離が5キロほどの下り基調のトレイルです。気持ちよく走れるなだらかな部分もありますが、鷲峰山名物の「階段地獄」は下りであっても難敵で、飛ばせるところはさほど多くありません。

下りの階段(往路) - 1.jpeg

これを過ぎて少し油断したのかもしれません。私は昨年sappanさんの案内でこのコースに来ているので二度目ですが、次第にその幅を狭める谷筋は、その時の記憶にないものでした。

狭まる谷筋 - 1.jpeg

「間違えたかも」と思いましたが口には出さず、そのまま下り続けたところ、あるはずのない舗装道路に突き当たってしまいます。


舗装路とぶつかる - 1.jpeg

直感的に、目指している安蔵自然公園へは舗装路を左へいけばいいのではないかと思いましたが、テッシーさんがスマホに入れていたジオグラフィカで確認したところ、公園は右方向とのこと。走る元気も出ず、思った以上に長い上り坂をとぼとぼと、20分近くも歩きました。


舗装路を上る - 1.jpeg

公園はキャンプ場になっていますが、平日のこの日は管理人さん以外に人の気配はありません。管理棟の前にあるテーブルで、持ってきたパンやおにぎりを黙々と食べました。

管理棟 - 1.jpeg

気を取り直して復路を開始。本来のルートであるトレイルへ入っていきます。
往路で道を誤った分岐で確認したところ、ここでは直進して「オートキャンプ場」の方へ進むべきところを、左折して「林道」の方へ向かったのがコースミスの原因でした。その方向を「安蔵」と示す別な標識もあったので、疑うことなく行ってしまったのです。痛いミスでしたが、「新しいコースを開発した」と思うことにしましょう。


間違えた分岐 - 1.jpeg

この後の山頂方向へ向かう登りは、「下りは地獄、上りはさらに地獄」の階段地獄。鷲峰山の閻魔様が、いよいよ本領発揮です。テッシーさんはここで、頭から流れ落ちる汗を何度もぬぐっていました。

階段地獄 - 1.jpeg

復路では、山頂の1キロほど手前の分岐で左に折れて、鷲峰ルートへ入ります。ここは廃道になっていたものが近年再整備されたそうで、昨年sappanさんたちと来た時は、ここをいったんカラ滝まで下ってから、折り返して縦走路へ復帰しました。この日はカラ滝からそのまま下り、鷲峰集落を経由してスタート地点の古仏谷へ帰ることにします。

鷲峰コースへの分岐 - 1.jpeg

この分岐からカラ滝までは、700mほどの間に300m近くも標高を下げる激下り。しかも途中には鎖場もあって、難度が高いところです。

鷲峰コースの激下り - 1.jpeg

これを超えて辿り着いたカラ滝では、見上げると二筋の水がチョロチョロと流れていました。苔むした岩の間から聞こえる「フィフィフィフィフィー・・・」というカジカガエルの鳴き声に、風情を感じます。

カラ滝 - 1.jpeg

この後は、岩のゴロゴロした登山道をさらに下り、途中では鷲峰神社にもお参りして、午後2時25分にようやくスタート地点へ帰り着きました。

鷲峰神社 - 1.jpeg

ということで、この日の移動距離は20キロで累積標高差が1,433mと、それぞれ120キロと6,200mのAso Round Trailの数分の1に過ぎません。それでもテッシーさんにとっては初めての鷲峰山で、阿蘇に行けなかった傷心が、ほんの少しは癒されたことでありましょう。

[ログ]
ログ(鷲峰山) - 1.jpeg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
ラベル:トレイル
posted by との at 08:20| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月15日

3人de東大山トレイルラン



5月9日(日)は、sappanさんプロデュースの「東大山トレイルラン」に参加し、大休峠、甲川、甲ケ山、矢筈などを巡ってきました。

[ログ]
ログ - 1 (1).jpeg

この日のメンバーは、県中部のsappanさんと東部のノリさん、それに西部の私の3人です。それぞれ、全身にパワーみなぎる40代、ほどよく脂が乗った50代、油切れできしみ音をあげる60代。「各地区を代表する3人のランナー」と言いたいところではありますが、私だけがいかにも劣勢であることは一目瞭然です。

[写真右からノリさん、sappanさん、との(甲川にて)]
甲川にて(中小) - 1.jpeg

さて、スタートは午前8時。一向平のキャンプ場から大山道の一つである川床道へ入り、上り基調のトレイルを進みます。

登り基調のトレイル - 1.jpeg

9時20分に大休峠へ到着したところで小休止。それぞれがパンやバナナ、ジェルなどで軽く補給しました。


大休峠 - 1.jpeg

ここを過ぎたところからは下り基調に変わります。このルートは倉吉方面から大山寺へ続き、参詣者や牛馬を曳く博労が通ったところ。江戸時代に近くの村人が寄進したという石畳が500mほど残っており、昔の人の信仰の厚さが伺えます。

石畳 - 1.jpeg


香取分れで右折してからも、しばらくはなだらかな下りが続き快適に走れました。しかしその後、小さな上りや下りを繰り返す区間に入ると、倒木や木の根などの障害物が多くなります。


登りや下り2 - 1.jpeg

甲川へ着いたのは10時25分。ここでもしばらく休みます。私はザックからおにぎりを取り出し、早めの昼食をとりました。

甲川へ到着 - 1.jpeg

この後は、甲ヶ山の縦走路までのわずか800mほどの間に、450mも標高を上げる急な登りにかかります。sappanさんによれば、この日のコースではここが一番の難所とのこと。私は今回のルートのうち、香取分れから甲ヶ山手前の縦走路にタッチするまでの区間は初体験でした。
ちなみに甲川のあたりでは、2018年と19年に遭難死亡事件が発生しています。登山道は急峻ですが、これを外れず慎重に進めば危険なく行けるところです。しかし、うっかりすると迷ってしまいそうな箇所も確かにありました。遭難者はおそらく間違えてルートを外れてしまい、危険な場所に立ち入った末に事故に遭ったものと思います。今回はsappanさんの案内で安全に来ることができましたが、素人が案内なしで入ることはやめた方がいいでしょう。

急な登り2 - 1.jpeg

稜線に出ると一気に視界が開け、ここからはしばらくは周囲の景観を楽しみながら進みます。
そして間もなく、ゴジラの背に到着しました。私にとってここは、2年前の秋に別なメンバーと来て以来のことで人生2度目。前回とは反対方向から来ていることもあり、この日も新鮮な感動がありました。sappanさんの指示どおり、三点確保で着実に歩きます。

ゴジラの背 - 1.jpeg

甲ヶ山の山頂では、360度のパノラマビューを楽しみながら三度目のもぐもぐタイム。

甲ヶ山 - 1.jpeg

さらに子矢筈、矢筈ヶ山も続けて超えていきました。

子矢筈と矢筈ヶ山 - 1.jpeg

こうして3つのピークを過ぎた後は、長い下りをへて大休峠へ。ここで川床道へ復帰となります。

ところで、この時期に大山で見られるサンカヨウという花は、雨に濡れると花びらが透明になるとsappanさんが教えてくれました。この花を、甲川からの急峻な登りの途中と、大休峠から一向平に帰る途中で見つけます。しかし花の色は普通の白で、透き通ってはいません。sappanさんが透明にしようと水をかけてみましたが、まったく変化なし。sappanさんは、まだ手品師にはなれないようです。


サンカヨウ - 1.jpeg

さてこの日、たびたびブレーキとなり、期待どおりにペース調整のしんがり役を果たした私は、最後もやっぱりマイペース。先行したsappanさんとノリさんに拍手で迎えられる中、午後2時25分に一向平へ帰り着いたのでありました。

ゴール - 1.jpeg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:トレイル
posted by との at 15:54| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

シーズン初の大山登山はトリプル



5月6日(木)は、今シーズン初の大山登山でした。いや、正確にいうと「今シーズン初の大山“山頂”」というべきでしょうか。実は私、これに先立つ5月3日の憲法記念日にも大山登山を試みていました。その日の朝、わが家から大山を見上げると、北壁に着雪。この時期に雪が残っている年もままあるのですが、今年はすでにいったん消えていたので、前日に積もった新雪に違いありません。「これはぜひ見ておきたい」とチェーンアイゼンを携行し、すぐに大山へ向かいました。

[5月3日の北壁]
雪の北壁 - 1.jpeg

しかし祝日ということもあり、駐車場には溢れかえるほどの車、車、車。登山道へ入ると案の定、山頂を目指す人たちが列をなしています。私は登山を午前中に終え、昼前には帰宅するつもりでした。しかしその遅い流れに乗ってしまったら、いったい何時に帰れるかわかりません。残念ではありましたが1合目の少し手前で早々と、白旗をあげて踵を返しました。

混み合う登山道 - 1.jpeg

そして仕切り直しとなったこの日、目にしたのは人っ子一人いない参道。3日前とは打って変わったその静かな光景に、不気味ささえ感じたほどです。


誰もいない参道 - 1.jpeg

午前8時半に入山してほんの数分後、まだ阿弥陀堂までも着かないところに、前日の強風によるものと思われる倒木が石段をほぼ塞いだ状態で横たわっていました。私は人一人がようやく通れるほどの隙間を抜け、そのまま登って行きます。

倒木 - 1.jpeg

8合目が近くなった時、山肌には雪渓。この時期としては滅多にないほどの大きさでした
。

雪渓 - 1.jpeg

9合目を過ぎたところで、背中に長い鉄板を背負った人が下りてきます。「それは何ですか?」とすれ違いざまに聞いたところ、「工事用の鉄板です」との返事。そういえば、前年に行われた山頂碑の移転工事の間、仮設の山頂となっていた休憩スペースにこんな鉄板が敷き詰めてありました。それにしても、相当な重さと思われる鉄板を易々と担いでいるその姿は、どこか大山寺の僧兵に通じる勇壮さを感じさせるものでした。


[前から見たところ]
前から - 1 (2).jpeg

[後から見たところ]
後から見たところ - 1.jpeg

山頂到着は9時50分。この時は山頂碑にタッチしただけで、すぐに下山をはじめます。

一度目の山頂 - 1.jpeg

そして南光河原駐車場まで下りたのは、午前11時。トイレを済ませるとすぐに二度目の登山をはじめ、再び山頂に着いたのが12時40分。この時は、腰を下ろしておにぎりを頬張りました。

二度目の山頂 - 1 (1).jpeg

二度目の登山を終えたのは、午後1時45分。もう一回行くかどうか迷いながら、モンベル大山店の前にある自販機でBOSSの缶コーヒーを購入。リュックの中で潰れて硬くなったチーズサンドを食べている間に元気が回復してきたので、三度目の大山山頂を目指すことにします。

bossの缶コーヒー - 1 (1).jpeg

登り始めてすぐ、路傍に咲く黄色の花が目に入りました。一度目と二度目の時には気がつかなかったもので、桜のような花びらの形が印象的でしたが名前はわかりません。

花 - 1.jpeg

この日三度目の山頂到着は、午後3時40分。眼下には、少し霞んだ弓ヶ浜半島が見えていました。



三度目の山頂 - 1.jpeg

下山してきたのは午後4時45分。こうして今シーズンの大山登山をトリプルでスタートしました。
さてこのところ年ごとに、33回、44回、55回、66回とゾロ目で登頂回数を増やしてきた私です。その流れだと、今シーズンは77回。しかし、昨年はその追い込みで自分の首を絞めるようなことになったので、今年は宣言しないでおきましょう。
えっ、「すでにそれが宣言になっているぞ」ですって? いえいえそれは誤解です。宣言はしてません、しません、しないってばさ。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 02:33| 鳥取 ☔| Comment(0) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする