2012年04月17日

大山春の一斉清掃&ハーフ登山

4月15日(日)は「大山春の一斉清掃」に、ボランティアで参加しました。
今回の一斉清掃に参加したのは、60団体で約800名とのこと。メイン会場の博労座の広場に約400人が集まり、開会式が行われました。
会場の周りには、除雪された雪が山のように積み上げられていました。見上げる大山も、きれいな雪化粧のままで、今シーズンの雪の多さを、あらためて思い起こさせました。

[開会式]
大山(その手前にあるのは雪の山).JPG

開会式が終わると班毎に分かれ、あらかじめ指定された受け持ち場所へ向かいます。私は、職場の同僚たち5人と同じ班でした。会場から車で3キロほど県道を下った道路沿いで、さっそくゴミを拾いながら歩きました・・・ といいたいところですが、実はゴミがほとんどない。もっと正確に言えば、全くない。ほんとに無いのです。
そう言えば、現地に到着した時、近くの大山青年の家の職員さんたちと出会いました。どうやら、彼らがこの路線も、先に済ませてくれていたようです。
ゴミを拾うことは諦め、その代わりに、側溝に落ちている枯れ木や枯葉を拾いあげる作業をしました。溝がきれいになるのも、結構気持ちがいいものです。
というようなことで、我々に与えられた作業は、「アッ」という間に終わってしまいました。

[清掃作業]
清掃作業.JPG

さていつもなら、清掃が終わった後は山頂まで走って登山をするのですが、今回はちょっと迷いました。というのも、まだ登山道には積雪があると聞いていたからです。当然、山頂は望むべくもありません。しかし、どれくらい雪があるのかということにも興味があったので、「ちょっとだけ・・・」と、様子見に行くことにしました。
そうしたら、本当に登山道の入り口から積雪がありました。

[登山道入り口]
登山道入り口.JPG

1合目も積雪。次の2合目の手前では雪が消えていたので、ここで少し走りました。
しかし、それ以降は雪が増える一方で、どこが登山道なのかもわからなくなりました。足跡をたどりながら、慎重に歩を進めます。
登山を終えて頂上から下ってくる登山者や、これから登っていこうとする人も、ぼちぼちありました。もちろんみんな登山靴で、ほとんどの人がアイゼンを装着しています。私みたいに、ランニングシューズなんて不届きものは、一人もいません。
登っていく人の中には、スキーやボードを担いでいる人も何人かいました。この人たちは、山頂あたりから元谷へでも滑降するのでしょうか。

[スキーヤー]
スキーヤー.JPG

だいぶ雪が深くなってきたので、3合目で引き返そうと決めました。しかし、歩みは遅く、なかなか到着しません。
そうして、そろそろ3号目かと思っていたところ、突然5合目に来てしまいました。
3合目と4合目の標柱を見落としたものだと、そのときは思いました。しかし実は、帰りに気づいたことですが、どうやら4合目の標柱は雪に埋もれて見えなかったようですし、3合目の標柱は、その3分の1くらいが雪の上に出ていたものの、登ってくるときは知らないうちにコースを外れ、標柱に気づかなかったようです。

五合目の上.JPG

5合目を少し過ぎると、それまで視界を妨げていた木々が急に少なくなり、日本海が一望できました。
視線の先には、きれいな弧を描く弓ケ浜湾と、島根半島が見えました。
先日、弓ケ浜湾と島根半島突端の美保関灯台まで走ったときは、向こう側から雪をかぶった大山を眺めたものです。この日はその大山から、反対側を見ています。そう思うと、ちょっと痛快でした。

[弓ケ浜湾と島根半島]
弓ケ浜湾と島根半島.JPG

[大山北壁]
大山北壁.JPG

ここで上の方から、数名のグループが下山してくるのが見えました。雪が深いので、その足取りはかなり慎重です。その様子を見て、ここで下山を決めました。この先は、尾根を歩くところがあります。滑りやすいランニングシューズでは危険と判断したからです。
君子危うきに近寄らず・・・我ながら、さすがシニアですねえ。えっ、「すでに近寄ったじゃないか?」ですって?
ええ、まあしょせん君子ならぬ“バカとの”ですから。はい。

[ここでUターン]
ここでUターン.JPG

それにしても、登山道の半分までしか行けなかったことと、なによりほとんど走れなかったことで、なんとなく不完全燃焼でした。そのため、帰宅後にハーフの距離(21キロ)を走り、この日のつじつまを合わせました。 (いったい何のつじつまだよ? ヽ(・_・ヽ)


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
 
posted by との at 06:21| 鳥取 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とのさん、おめでとうございます。
悪天候の中、今回は更にハードだったことと思います。
本当に、お疲れさまでした。
Posted by 走る調律師レオ at 2012年04月22日 23:13
レオさん、ありがとうございます。
「さくら道国際ネイチャーラン」、今年もなんとか完走しました。
初日は蒸し暑さ、夜間は眠気、そして2日目は時間との闘いとなりました。そういえば、短い時間でしたが突風に体が飛ばされそうなときもありました。
枯渇した体力と気力が回復したら、ブログを更新しようと思います。
Posted by との at 2012年04月24日 06:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック