2014年04月23日

2014大山春の一斉清掃&ハーフ登山


4月20日(日)は、「大山春の一斉清掃」に参加しました。
この活動は、「大山の美化を推進する会」の主催で春と秋に行われており、今回で74回目にもなるそうです。

開会式は、博労座の広場で行われました。
大山では今シーズンも雪が多く、しかも4月上旬にも降ったので、稜線にはまだ行く筋もの雪が貼り付いていました。
ここでゴミ袋と軍手をもらい、それぞれ指定された持ち場へと分かれていきます。

[開会式]
開会式.jpg

私は道路沿いのゴミを拾いましたが、近年はゴミも少なく、気持ちよく活動できました。

ゴミを拾う.jpg

終了後はもちろん、自分へのご褒美として夏山登山道へ。
1合目の少し上から、登山道にも雪があります。

[1合目の少し上]
1合目の少し上.jpg

2合目から3合目の間では雪がないところもありますが、走れるところは少なかったです。
4合目以降は、雪が多くてしかも滑るので、まったく走れません。

[4合目]
4合目.jpg

あえて登山道をはずれて雪の中を行く登山者のグループがいました。彼らは当然アイゼンを装着していますから、その方が滑らず確実に登れるのでしょう。

斜面を登るグループ.jpg

彼らを追い越して写真を撮りました。

彼らを追い越して、上から見る.jpg

5合目も超し、ますます積雪が多くなりました。
どこでやめるか考え始めた頃、50メートルほど先にカップルの姿が見えました。しかし、その歩みはもたついています。どうやら私と同じく、アイゼンを着けていないようでした。

6合目.jpg

そのとき、右側に標柱があることに気づきました。
アレッ、もしかしたらここは6合目なの? それなら小屋があるはずだが、と左側を見たところ、下の方が雪に埋もれた避難小屋が見えました。
小屋の前にはベンチもいくつか置いてあるはずですが、すべて雪に埋もれてしまい、今は単なる斜面になっていました。

6合目避難小屋.jpg

これを見て、引き返す決心がつきました。
先ほどのカップルもこれ以上は無理だと判断したようで、向きを変えて下山をはじめました。

DSCF7380.jpg

4月の大山は春遠からじ、されど山頂はいまだ近からじ。
ということでありました。


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 07:27| 鳥取 | Comment(2) | TrackBack(0) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴミ拾い、ご苦労様でした。
丹後は、雪が少なかったんですが、大山は多かったんですね。
「ゴミ拾いのご褒美に大山に登る」
なんて、さすがとのさん。
まさか、走るつもりのランニングシューズじゃあないでしょうね。
でも、そのまさかでしょうけど・・・
Posted by もとたろう at 2014年04月23日 08:29
そうです、そのまさかです。
実は2年前の一斉清掃の後も、今回と似たような積雪状況の中、普通のランニングシューズで駆け上がることを試みました。滑ることに懲りたその時の経験から、今回はトレイルシューズでの再挑戦だったのですが、雪には大した効果がなかったようです。
雪が消えるのを待って、また駆け上がることにします。
Posted by との at 2014年04月23日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395335822

この記事へのトラックバック