2014年11月26日

第24回 福知山マラソン



11月23日(日)は、8年ぶりに「福知山マラソン」に参加しました。

結果は、「前半突っ込んで、後半つぶれる」というお決まりのパターンで、今回も失敗レース。それにしても最近、そんなレポートばかり書いてるような気がします。なんでこんなに学習能力がないんだろう(涙)。



私の出た「フルマラソンの部」のエントリー数はきっかり10,000人。
混乱を避けるため、マラソンのスタートエリアは、申込時の申告タイム順に A〜Jの10ブロックに分かれています。前回出た時は、たしかFブロックを指定されたのですが、今回は、目標を高く掲げた(?)ところ、Cブロックへと誘導されました。
しかし、これがまず失敗のもと。どうしても無理をして、周りの流れに乗ろうとしまうので、はじめから飛ばし過ぎることになります。これがいい方に出ればいいのですが、今回の私のように、実力との差があり過ぎる場合は、悲惨なことになります。


Cブロックへ.jpg

それでも最初のうちは順調でした。
大勢の観衆の見守る中をスタートし、気持ちも高ぶります。

スタート直後.jpg

3キロほど行ったところで、音無瀬橋を渡りました。

音無瀬橋を渡る(約3キロ地点).jpg

コース全般で市民の応援がありますが、特に序盤は市街地を走るので、多くのエールを受けます。勇壮な太鼓の応援団もありました。

太鼓の応援(約4キロ地点).jpg



いい感じで走ることができ、10キロを50分で通過。いいぞいいぞ。

スタッフもハイタッチで応援してくれます。


ハイタッチで応援(11時50分・約16キロ地点).jpg

18キロ地点あたりで、前方を走るランナーの集団から突然歓声があがり、拍手も聞こえました。その直後、ゲストランナーの公務員ランナー川内君がものすごい勢いで折り返して来るのが見えます。
まさに一瞬のことで、まるで雷さまが雷鳴とともに駆け抜けていく感じでした。その後、2位集団とすれ違ったのは10分くらい後のことでしたので、彼がいかに早いか思い知らされました。

独走する川内選手(約18キロ地点).jpg

さて、「川内君から元気をもらって・・・」と言いたいところですが、実はこのあたりから急に足があがらなくなりました。あ〜あ、やっぱりピッチが早すぎた・・・。

20キロ地点の通過タイム1時間は41分。後半もこのペースなら、3時間35分くらいのゴールということになるのですが、もちろんそれはありえません。後半にペースダウンするのは私の常。それが10分から15分くらいと想定して、今回も3時間40分台後半の記録になるのかなあと、そのときは思ったものです。

よかったのはこのあたりまで(12時11分).jpg

ところが、折り返しを過ぎた後、さらなる試練が訪れました。
なんだかお腹がすいてきたみたい。えっ、もしかしてエネルギー切れなの?
朝食も一応しっかり食べたつもりだし、ここまでのエイドで、一口サイズに切られたバナナを3つほどつまんでいたので、エネルギーは補給されていたものと思っていました。しかし、ちょっと足らなかったのかもしれません。その後みるみるうちに、力が出なくなったのです。

そのとき、「とのさん、どうしたの?」との声とともに、走友のN女史がサッと私を追い抜いていきました。彼女には、月初めにあった「なかうみマラソン」でも、同じ言葉とともに抜き去られています。あ〜あっ、今回も面目ないところを見られてしまったなあ。


ここで、ウエストポーチに忍ばせていた蜂蜜のスティックを2つ取り出し、チューチューと吸い出すようにして食べました。グリコーゲンを補給して、ちょっとだけパワーが蘇ったようにも思いましたが、気のせいだったかもしれません。やっぱり足はあがらない。

次に、私設エイドで提供されていたスポーツドリンクをいただき、気持ちを繋げました。
そうこうするに、バナナのある公式エイドに到着です。ここでは、半分に切ったバナナを3つも取りました。1つを口にいれ、あとの2つは両手に持ち、走りながら食べました。まるで猿かチンパンジーみたいですが、背に腹は代えられません。


エイドだ!(13時47分).jpg

そして、30キロ地点の通過タイムが2時間39分。この間の10キロに58分を要していました。


もうヘロヘロだ(13時9分・30キロ地点).jpg

その後も、十分に復活しないままでしたが、気持ちは諦めずに走りました。
しかし、40キロ地点のタイムは3時間41分で、この間の10キロのラップが1時間2分。ううむ、現実は厳しいのだ。

最後の1キロほどは上りになります。この坂では、歩いているランナーが少なからずいましたが、ここはひとつ意地を見せようと、スパートをかけて走りました。

あ〜あ、歩いてる.jpg

ゴールはほろ苦いものでしたが、沿道から多くの声援をいただきながら走れて、うれしかったです。

ゴールの光景.jpg

(私の記録)


タ  イ  ム 3時間54分11秒
ネットタイム 3時間53分01秒(スタートライン通過後)
種目別順位  102位/507人 (マラソン一般男子55〜59歳/出走数)
総 合 順 位  2157位/6691人(マラソン一般男子/出走数)


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:フル
posted by との at 06:50| 鳥取 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
福知山は素敵な大会ですよね。
とのさんと直接あったのははじめてでしょうか。
ウルトラを中心に走られているので、お会いした時
身体が細いなが印象でした。
フルは何回走っても奥が深いですね。
また何処かでお会いできれはと思います。
Posted by みつだ at 2014年11月26日 13:15
更新はないだろうとブログを見て、ビックリ!
22日に駅伝で2qを全速力で走り、翌23日福知山でフルでサブ4とは。
とのさんの奥深さを見た思いがしました。
この日は地元の駅伝に出ていたため、福知山は15年前に一度出たきりです。
Posted by もとたろう at 2014年11月26日 15:03
みつださん

そういえば、初めてでしたっけ?
みつださんは時々ブログでお見かけしているので、何度かお会いしていたような錯覚をしていました。
私はみつださんみたいに早くはないですが、これからも、あがきながらランを楽しみたいです。今後とも、よろしくお願いします。
Posted by との at 2014年11月26日 19:32
もとたろうさん

今までに、2週連続のウルトラ(143キロと100キロ)、3週連続のウルトラ(100キロと100キロと50キロ)という経験はありましたが、そういえば2週連続のレースは初体験です。
でも、福知山の後半でつぶれたのは、前日の影響ではないと思います。単純に、実力に見合わない無茶な走りのせいですね。
Posted by との at 2014年11月26日 21:05
とのさん、3時間53分1秒、ぼく、ネット4時間4分34秒、
お互い、遅いね〜、あと30分は縮めたいですねっ。 

川内さん、隠岐の島で0.2秒並走?したことがあるけど速いね〜。 
川内さんとすれ違ってから、後続の来るまでの長いこと、
さらに折り返しまでの長いこと長いこと。

フルは、1年半ぶりでしたが、もう少し参加回数を増やそうと思いました。
福知山、駐車場の帰りの渋滞は腹立つけど、最後の坂、好きです。
昇ればゴールってわかっているから、爺さんも頑張れるし。 
Posted by やまもと at 2014年11月28日 17:10
やまもとさん

> フルは、1年半ぶりでしたが、もう少し参加回数を増やそうと・・・。

まったく同じ気持ちになってしまい昨晩、今年は全然出る気のなかった2月の「そうじゃ吉備路マラソン」に、思わずポッチとしてしまいました。
これで2月の「北九州マラソン」と「そうじゃ吉備路」、3月の「鳥取」と、嫌いなはずのフルを連続けて走ることになってしまいました。
今度はイーブンペースを心がけます。30分とは言いませんが、10分の短縮ができるかどうかチャレンジです。
Posted by との at 2014年11月28日 19:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック