2015年11月18日

第3回さくらおろち湖マラソン大会


11月15日(日)は、島根県雲南市と奥出雲町にかかる、さくらおろち湖周辺がコースの「第3回さくらおろち湖マラソン大会」の20Kmの部に参加しました。
12キロの部と小学生を対象とした2キロの部もあるのですが、総エントリー数は366人とわずかなもの。
それにしても、なんてこぢんまりした大会なんでしょう!


開会式では奥出雲町長が、この地域の物産や、数カ所ある温泉地のPRもさりげなく盛り込んだ歓迎挨拶をされました。

[開会式]
奥出雲町長のあいさつ.jpg

奥出雲町といえば,私は今年の4月の「第1回奥出雲ウルトラおろち100キロ遠足」と「第3回さくらおろち湖トレイルランニングレース」に続けて参戦しています。
実は、これまでの私の人生で、この時以外にこの地へ来たのは、20代半ばに景勝地「鬼の舌震」を観光で訪れたことと、30代初めの頃、たたら製鉄の歴史を紹介する絲原記念館を見学したことがあるのみです。それぐらい縁遠かった町なのに、ただ「マラソンがあるから」という単純な理由で、今年になってからわずか7ヵ月間で3回も訪れたのは、ある意味“驚異的”なことです。

私の場合はいずれも日帰り参加なので、マラソンの後で温泉に浸かり、地酒や舞茸、手作りコンニャクなどの特産品を買って帰るくらいしか地元への貢献はしていません。地域への経済的効果は微々たるものですが、来るたびに、奥出雲をともても身近に感じるようになりました。


[この時期は、水位が低いさくらおろち湖]

さくらおろち湖の水は少なかった.jpg

さてレースの方です。
スタート前には明け方の雨があがり、胸いっぱいに吸い込む空気は、湿気を含んだものでした。そして、湖と山々が織りなす大自然の中を走ることは、とても新鮮に感じられます。
それにしても、なんて清々しい気分なのでしょう!

[スタート前(ハーフの部)]
スタート前(ハーフの部).jpg

最長の20キロコースは、さくらおろち湖を中心にして「8」の字を描くような形になっています。最大高低差は148メートル。アップダウンが多いのは、私好みです。車両の通行が少ないせいか、アスファルトの路面に痛みはほとんどありません。

それにしても、なんてスッキリしたコースなんでしょう!

上りは楽しく、下りは優しい感じです。

[上る]
上る(9時56分・約5キロ地点).jpg

[下る]
下る(10時20分・約9キロ地点).jpg

橋も何本か渡ります。

橋もある(9時35分・約1キロ地点).jpg

沿道に人の姿はほとんどありませんが、路傍には、赤いサルビアがひっそりと咲いていました。

花あり.jpg

無心に走り、時に併走するランナーと競い合いあっているうち、いつしかゴールへと導かれていました。

[ゴールの光景]
ゴールの光景.jpg

ところで、受付でもらった資料の中には、12月に初めて開催される「さくらおろち湖ロゲイニング大会」の案内も同封されていました。
ロゲイニングは、私も未体験のスポーツです。地図とコンパスを使って、設置されたポイント巡って得点を競うものだそうですが、単純なランとは違うので、今のところ私は出場する予定はありません。
でも、このように次々と手を打ってくる取り組み姿勢には、エールを贈りたくなります。
ということで、とりあえず来年4月の「奥出雲ウルトラおろち100キロ遠足」にはエントリーしました。ヤマタノオロチならぬ、さくらのオロチに取り憑かれたのかもしれません。

(私の記録)
タ イ ム 1時間 44分 23秒
総合順位 68位/134人(20キロの部/出走数)


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:ハーフ未満
posted by との at 06:06| 鳥取 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック