2016年05月23日

名和マラソンフェスタ2016


5月22日(日)は、地元の大山町で開催された「名和マラソンフェスタ2016」でハーフを走りました。2年振り9回目の参加です。

この大会には、ひょんなはずみからパンダの着ぐるみで出走してしまったことがあります。以来、仮装が病み付きになり、近年はいつも仮装。さらに、走り仲間もこれに誘い込むという悪い私です。

ということで今回のメンバーは、写真左から順に・・・。
猫娘=キャンディーまみちゃん:10キロ
タイガーマスク=との:ハーフ
かわいい人魚=やまもとさん:ハーフ
トリピー=ナース昌子さん:ハーフ

一反木綿=ナンバ師匠:10キロ


仮装仲間と.jpg

なお、われらのグループにはもう一人、K女史もいますが、今回は記録をねらってスッピンでの参加でありました。


それにしても「類は友を呼ぶ」ということなのでしょう。この大会でも増えてきた仮装ランナーさんたちが、タイガーマスクに扮した私へ、「一緒に写真いいですか?」と次々と声をかけてこられます。もちろん大歓迎。あちこちで記念写真におさまる私です。


[タイガーと麦わら帽子のウサギさんとルイージさん]
類は類を呼ぶ.jpg

ハーフの部のスタートは、午前10時30分。1500メートルの日本女子記録保持者である小林祐梨子さんのハイタッチを受け、名和スポーツランドのトラックからロードへと走り出していきました。


スタート直後に小林祐梨子さんとハイタッチ.jpg

4キロほど進んだところで、名和川にかかるJRの鉄橋をくぐります。山陰線の鉄道は、明治35年に初めて境港駅から我が町の御来屋駅間が開通しています。その時に建設された「イギリス式」といわれるレンガの橋脚の下を、歴史を感じながら通り抜け、海沿いの道路へと進んでいきました。

[名和川にかかる鉄橋の下を抜ける(10時50分・約4キロ地点)]
名和川にかかる鉄橋の下を抜ける(10時50分・約4キロ地点).jpg

ここから1.5キロほど西へ走ったところが第1折り返し地点です。東へ踵を返してからは、爽やかな向かい風。この日の気温は25度と高く、タイガーのマスクの中は、スタート直後から熱気と湿気で釜ゆで状態になりかけていましたが、潮風でクールダウンすることができました。

[第1折り返し地点(10時59分・約5.5キロ地点)]
第1折り返し地点(10時59分・約5.5キロ地点).jpg

御来屋街道に入ると、応援も少し多くなります。ときおり「タイガーマスク頑張れ!」の声援もあり、なんだか嬉しくなりました。

[御来屋街道(11時11分・約8キロ地点)]
御来屋街道(11時11分・約8キロ地点).jpg

さて、タイガーマスクの私は、沿道で小さな子どもの姿を見つけるたびに、いたずら心が起き、その目の前に行っては両手を広げ、「ガオー!」と叫んだのです。
これには、驚いたように「ワー!」と言って逃げる子どもや、突然のことに言葉も出ず、目を丸くして固まってしまう子ども・・・。その様子がおかしくて、さらに調子に乗ってこれを繰り返す私でした。それにしても、なんて悪いやつなんでしょう。
そういえば、悪役レスラーの養成機関である「虎の穴」から出たばかりの頃のタイガーマスクは、もちろん悪役でした。10日間の入院生活を終え、3日前に娑婆に帰ったばかりの私めが悪役なのは、むしろ必定というべきなのであります。


♪あたたかい人の情けも 胸を打つ熱い涙も
 知らないで育ったぼくはみなしごさ
 強ければそれでいいんだ 力さえあればいいんだ
 ひねくれて星をにらんだぼくなのさ・・・

しかし、御来屋漁港に差し掛かったとき、その風景になぜかうら悲しさを感じはじめたタイガーでした。

[御来屋漁港(11時12分・約8.3キロ地点)]
御来屋漁港(11時12分・約8.3キロ地点).jpg

そして、はじめのうちは「これでいいんだ」と思っていましたがついに、タイガーの雄叫びに驚いて泣き出す子どもが出る始末。
いかんいかん、「トラがトラウマになった」なんて言われたら洒落にもならんと、深く反省するタイガーマスク。以降は、「ガオー!」と叫ぶ場合は3メートル以上離れることと、相手によっては「ガオー」ではなく、可愛く「ニャオーン」と猫なで声を出すことに決めました。
こうして悪役から正義の味方へと変身したタイガーなのであります。ニャオニャオ、ガオー!。



♪白いマットのジャングルに 今日も嵐が吹き荒れる
 ルール無用の悪党に 正義のパンチをぶちかませ
 ゆけゆけタイガー タイガーマスク

なんだか気分も高揚し、下木料海岸を軽快に駆け抜けて後半の走りに入っていくことができました。

[下木料海岸(11時31分・約11.5キロ地点)]
下木料海岸(11時31分・約11.5キロ地点).jpg

第2折り返しを過ぎ、15キロ地点あたりからゴール会場までは、微妙な上りが続きます。だけどガオガオ、ここは我慢の走りを見せるタイガーでありました。

[コースは上り基調に(11時55分・約16キロ地点)]
コースは上り基調に(11時55分・約16キロ地点).jpg

会場のスポーツランドに入る直前で、10キロの部に出ていた一反木綿と猫娘、それにルイージさんに追いつきました。

[ルイージと一反木綿と猫娘]
ルイージと一反木綿と猫娘.jpg

最後は緑レンジャーさんも加わって、仲良くつないだ手を高々と掲げ、5人一緒にゴールインしました。

さて、大会終了後はわが家の庭で、仲間たちと恒例のバーベキューパーティーです。

バーベキューで打ち上げ.jpg

しかしここで飲みながら、子どもたちを泣かせたタイガーが最後には心を入れ替えた話をしたところ、ナース昌子さんの口から衝撃の事実が。
なんと、スタート時にトラックのそばにいたナースのお孫さんも、私の「ガオー!」の被害者だったそうです。孫さんは、ハーフを走り終えて再びトラックに戻ってきた私の姿を見るやいなや、その場から一目散に逃げ出したとのこと。

おお神よ、どうかこの罪深きタイガーマスクを許したまえ。ゴロニャーン・・・


(私の記録)
タ イ ム 1時間58分00秒
順   位 104位/255人(50歳以上男子・エントリー数)


 
にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
posted by との at 18:08| 鳥取 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック