2016年06月12日

第24回みかた残酷マラソン(DNS)




6月12日(日)に開催された「第24回みかた残酷マラソン」にエントリーしていました。
この大会には9年前に一度だけ出たことがあります。沿道では、第1回から参加しているという高石ともやさんの生演奏もあり、とても楽しい大会です。
しかし、距離は24キロでほどほどながら、“残酷”のネーミングの理由にもなっている高低差410メートルのコースは、かなりハード。前半が延々と上りで、後半はひたすら下りというシンプルなものですが、それだけに、右膝に故障を持つ身には厳しそう。残念ながら、参加は見送りました。

ゼッケン.jpg

2月に膝を痛めたあとも整形外科と整体で治療を受けながら、2種間前の「恐羅漢トレイル」に出るまでの間に、フル2回、ウルトラ3回、ハーフ1回と、様子見のつもりながら予定していた大会に参加し続けてきました。

急な下りには不安が残っていましたが、走ることで特に悪化する気配もなく、そろそろトレイルも“それなりの走り”ができそうな気がしていました。

しかし、恐羅漢トレイルでは岩や倒木を避ける動きがスムーズにできなかったり、下り斜面で痛みが出て思うように走れず、玉砕。直後に早歩きで大山登山をしてみましたが、登りはまずまずながらやはり下りが全然だめ。今さらながら、「この右膝でトレイルは無理」と悟りました。

[大山山頂から]
大山山頂から.jpg

それでも、8月に今年のメインと考えているトレイルの大会があることから、なんとかいまの状況から脱したいところです。
5月上旬まで通っていた整形外科と整体は、「これで様子をみよう」ということで一応、治療を終了していました。しかし、セカンドオピニオンとして、スポーツドクターがいる別な整形外科に通いはじめ、ここであらためて週1回のヒアルロン酸の注射と、リハビリを再開。

あわせて先週からジム通いもはじめ、マシンによる筋トレ、バイク、水中歩行等で膝周りの強化に努めています。走りは2週間控えていますが、明日以降は、トレッドミルで様子をみようかと思っているところです。

[ホリデイスポーツクラブ]
ホリデースポーツクラブ.jpg

故障してからは、治療の他にヨガや温泉通いもしていました。しかし、4月頃の状況から良くも悪くもなっていない感じです。
タイムリミットはあと2カ月半。「人事を尽くして天命を待つ」といいますが、どう尽くしていいものやら・・・?




にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
posted by との at 22:27| 鳥取 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「みかた残酷マラソン」DNS、残念でした。
それにしても膝の具合が心配ですね。
完全休養がいいことはわかっていてもそれが出来ないのがランナーの「サガ」でしょうか。
色々リハビリされているようなので、完全復活を確信しています。
Posted by もとたろう at 2016年06月13日 13:37
もとたろうさん

コメントありがとうございます。
今日、トレッドミルの上ながら13キロほど走ってみました。2週間振りのランなので、はじめは息が切れそうでしたが、10キロあたりから調子が出てきました。
平地なら走れそうですが、これがトレイルで通用するかどうかはまだわかりません。これから少しずつ山での走りも試しながら、様子をみていきたいと思っています。

Posted by との at 2016年06月13日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438918377

この記事へのトラックバック