2016年06月19日

第11回隠岐の島ウルトラマラソン(これまたDNS)


『とちゅうでつらくてもいしょうけんめいはしって、ください。つらいときは、楽しみながら走ってたら、いつのまにかゴールにつきます。いごから見える白しまてんぼうだいとかすがじんじゃと前の海がん。わたしは、中村の森ちくにすんでいるので、中村にきたらがんばっておうえんしますよ〜!!』

これは、6月19日(日)に開催された「第11回隠岐島ウルトラマラソン」の100キロの部にエントリーしていた私に、北小学校3年生の明海(あみ)ちゃんが寄せてくれた応援メッセージです。

応援メッセージ2.jpg

「隠岐の島ウルトラマラソン」は、第1回大会の折りに50キロの部へ参加しています。フルを越える距離を走ったのはその時が初めてでしたが、男子50歳代で19人中3位と、幸運にも想定外の部門別入賞という嬉しい思い出があります。
当然「次は100キロ」と思ったのですが、初回は10月だった開催時期が第2回からは6月に変更されてしまいました。この時期は、仕事の都合で2泊3日の旅に出ることが難しく、以降この願いがかなうことはありませんでした。
そしてようやくフリーとなった今年こそ、「満を持しての出場」と言いたいところでしたが、右膝の故障のため、前週の「みかた残酷マラソン」に続き、これまた参加を見送りました。

さて、5月29日の「恐羅漢トレイル」での散々な結果から膝が尋常でないことにようやく気づき、それまでと違う整形外科で治療を再開し、この2週間ほどはランを控えてジムでの筋力強化に努めてきました。

きつい下り坂を除けば走れるので、「隠岐の島ウルトラ」も走れないことはなかったでしょうが、今年の本命レースである「UTMB」が開催される8月下旬までは、「できるだけ膝をとっておきたい」と今さらながら考えています。


ということで、18日(土)は隠岐の島行きのフェリーには乗らず、大山へ向かいました。



博労座から.jpg

ドクターへ「大山登山をしてみようと思いますが」と伺いをたてたら当然ながら、「下りは脚に悪いと思うよ」と言われてしまいました。もちろんそれは承知しているので、登りは早歩きで行き、下りは基本的に歩くことにしました。
登りは、行者谷コースから入っていきます。

行者谷コース.jpg

調子が悪いようなら、夏山登山道と合流する5合目で下山するつもりでしたが、登りは全く問題がないので、頂上を目指すことにしました。無理はしませんが、登りの緩い部分は小走りで行きます。

木道.jpg

この日は、山開きから1週間後の土曜日。頂上では、登山者が鈴なり状態でした。

大山頂上.jpg

下りるときは、膝に負担をかけないように慎重に下りました。右膝の動きは、月初めに登山したときよりも少し良くなっているようです。

下りは難儀.jpg

下山後、登山だけではやはりもの足りないので、「少しトレイルを走ってみよう」と横手道へ入り、桝水高原までの往復6キロほどを軽く流しました。
一部、緩やかながら上りと下りもありますが、ほとんど問題なく走れたので、少し安心です。

横手道.jpg

とはいえ当初の予定では、6月から大山周辺でのトレランに励みながら、「隠岐の島ウルトラ」などの大会も楽しみたいと思っていた私です。率直に言って、UTMBまで残り70日しかないのに、こんな中途半端なトレーニングしかできないことに、すごく焦りがあります。
明日からまた、ジムでの筋トレやバイクなど、膝に負担が少ないメニューをメインにし、週末には登山道というパターンになるでしょう。今は、下りもしだいに走れるようになることを願うだけです。


ところで、応援メッセージをくれた明海ちゃんへ。

今年は無理だったけど、「隠岐島ウルトラマラソン」へは遠くない将来に必ず行きます。そしてその時は、あなたの応援メッセージをウエストポーチに入れて走ろうと思っています。楽しく元気に過ごしてくださいね。どうもありがとう。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
posted by との at 23:55| 鳥取 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439182093

この記事へのトラックバック