2016年09月09日

UTMB2016(その4:フォーリーからトリエンまで)


フォーリーのテントの中では、屋根を打つ雨音がかなり激しかったのですが、ここを出る時点ではピークを過ぎていたようで、さほど強い雨ではありませんでした。

[フォーリーを出る時は雨]


フォーリーを出る時は雨(27日22時1分).jpg

しばらくは舗装道路を進みましたが、やがて脇道に入り、しだいに森の中へといざなわれていきました。雷鳴は相変わらず激しく轟き渡り、行く手にある山々の上には何度も閃光が光ります。それは、今までに見たこともないほど大きく、鮮明なものでした。



そのうちに、いっこうに止まない雷に恐怖を感じて、「この状況なら、大会が中止になるかもしれない」と思いました。「そうしたら、もう走らなくて済む」という思いも、一瞬だけ頭をよぎりました。
しかし、「中止になったら、ここまでやってきたことが無駄になる。それだけは困る」と、すぐにそれを打ち消します。「絶対にあきらめない!」。今回、スタートしてから何度もつぶやいていたこの言葉を、ここであらためて口に出して言いました。



このあとも雨はさほど強くならなかったので、1時間程様子を見たあとにジャケットを脱ぎました。雷と小雨はその後も続いていましたが、そのうちに気にならなくなっていました。
しかし、後で知ったのですが、私より5時間ほど早くここを通過して早々と終盤の山へ入っていたある俊足ランナーさんは、数時間に渡って土砂降りと雷鳴に晒されていたそうです。彼の場合、雷鳴から雷光までの間が1.5秒だったといいますから、落雷があった地点からはわずか500メートルほどというニアミス。くわばらくわばら。



さてこの頃、スタート地点のシャモニーは、3時間ほどすざましい豪雨に見舞われていました。
一人ホテル『モルガンヌ』の部屋で過ごしていた奥方は、アルプスの山々に轟く雷鳴と稲光りをベランダから見て、「もしも夫が雷に打たれて死んでしまったら、遺体は運んでもらえるとしても、残された2つのスーツケースを、自分一人でどうやったら日本へ持ち帰れるか」と、思案に暮れていたとのこと。

この話を聞き、どんな状況が起こっても、常に先のことを予見して的確な行動をとろうとする、しっかり者で聡明な奥方に惚れ直しました。まったくもって私には、「過ぎた嫁」です。

[ホテル『モルガンヌ』]
ホテル『モルガンヌ』.jpg






それにしても、睡眠をまったくとらないまま2晩目に入った頭は、しだいに尋常ではなくなりつつありました。このあたりからしばらくは、記憶が途切れとぎれになっています。

ただ、この区間のどこかで、足元の大地が真っ白なのを不思議な思いで見ていたことを覚えています。「たぶん石灰質の土壌なのだろう。それにしても、まるで石灰を固めたような白さだ」と考えながら走っていました。

シャンペ湖のエイドには、28日の午前1時28分に入り、1時50分にリスタートしています。写真と記録でそれが分かるのですが、自分の記憶の中では、ここも抜け落ちています。

シャンペ湖のエイド(28日1時28分).jpg

そしてこのあと、頭はさらにおかしくなりました。

真っ暗な山道を、ヘッドライトの明かりを頼りに、ゆっくりながら走り続けていたときのこと。突然、「そういえば、オレは卵屋さんだった」と思ったのです。とはいえ、卵を持っている訳でもなく、もちろん売ってもいません。で、次に考えたことは、「卵屋さんなんだから、いま走っているこの道を、奇麗に掃除しなければいけない」。
まったくもう、意味がわかりません。でも、その時には、思考がおかしいとは、まったく思いませんでした。それどころか、「ホウキも持っていないけど、どうしたら奇麗にできるだろうか?」と、考えながら走っていました。
道の右側は谷になっているようで、だいぶ下の方から川の流れる音が聞こえています。足元がふらついているのが分かったので、谷へ落ちないよう、できるだけ左寄りを走るように気をつけました。

ふと気がつくと、両方の手のひらをそれぞれの膝の上に置き、上半身を前屈みにした姿勢でなんとか立っている自分がいました。
その状態でいたのが数秒なのか数十秒なのか、あるいは5分も10分もそうしていたのか、わかりません。
そんな私を、後続のランナーが次々と追い越していきます。時計を見ると、午前3時10分くらいでした。マップを取り出して次の関門であるプランデラウの制限時間を確認すると「3時45分」となっています。「あと30分ほどしかない。急がなければ」と思ったとたん、頭が覚醒しました。
それからは必死です。ここでも、「絶対にあきらめない」とつぶやきながら、ピッチを上げていきます。岩場を越えたり川を渡ったりするコースで、先行するランナーを一人、また一人と捉えながら進んでいきました。

しかし、午前3時45分が迫っても、エイドは見えてきません。真っ暗な山中なので、ある程度エイドに近づけば、その明かりが遠くからでも見えるはずなのですが、そんな気配はまったくありません。あと10分、あと5分、3分、2分、1分・・・。

とうとう、関門の時刻になってしまいました。「もはやこれまでか」と思いましたが、「絶対にあきらめない!」と、ここでもつぶやいていました。「もしかしたら、昨夜の雷や雨のために関門時刻が延長されているかもしれない」。かすかな希望を持って、そのまま走り続けます。前後にいたランナーも同じ気持ちなのか、走りを止めてはいませんでした。


不思議なことに、さらに30分走っても1時間走っても、エイドは見えてきません。

結局、午前5時過ぎ、簡易なエイドに到着しました。ここは午前3時15分関門のプランデラウではなく、一つ先のジエート山のエイドでした。前のエイドからこの間、特に道に迷うような部分はなかったので、関門に気づかず通り過ぎたとは考えられません。なにがなんだかわかりませんでしたが、ここで止められることもなかったので、そのまま走り続けました。



帰国してから公式記録を見てわかったのですが、プランデラウの通過記録は、誰もとられていませんでした。つまり、マップにあったこの関門は、理由はわかりませんが、実際には設置されていなかったということです。



このあとはジエート山を下り、午前6時34分に夜明け前でまだ薄暗いトリエンのエイドへ入って、7時6分にリスタートしました。ここの関門はリスタートタイムで午前8時なので、余裕は54分。十分ではありませんが、完走への希望はつながっています。苦しい夜間走でしたが、頑張り抜いた甲斐がありました。



トリエンのエイド(28日6時34分).jpg


(その3)へ戻る → http://t-tono.seesaa.net/article/441720045.html
(その5)へ飛ぶ → http://t-tono.seesaa.net/article/441825887.html



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
posted by との at 16:50| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック