2016年11月10日

第4回 可部連山トレイルラン in あさきた


美しい自然の中を

風と共に走り抜けろ

強き者たち 「勝」

スタート前のランナーを鼓舞するのは、地元の高校生による大書パフォーマンス。この他にも高校生の和太鼓演奏や消防音楽隊の演奏など、トレイルレースなのにまるで市民マラソン大会のような歓迎ぶりです。


大書.jpg

11月6日(日)は、広島県安佐北区可部町で開催された「第4回 可部連山トレイルランinあさきた」へ参加しました。部門は22キロのロングです。
この大会のコースアドバイザーは、9月にあった「三原・白竜湖トレイルランレース」と同じく、プロトレイルランナーの奥宮俊祐さん。そのウェアは、リーグ優勝を果たしたカープの赤いユニフォームでした。
「22キロくらいと甘く見てるかもしれませんが、実はこのコース滅茶苦茶きついです」との奥宮さんの言葉に一瞬不安をかき立てられましたが、「でも、関門時間は余裕をもって設定してあるので、完走は大丈夫でしょう」と聞いてちょっと安心。


奥宮さん.jpg

スタート前には、奥宮さんを囲んで記念撮影。トレイルレースらしからぬミーハー的な盛り上がりに、なんだか心が和みます。

記念撮影.jpg

さて、ロングの部は午前9時にスタート。はじめの3キロほどは舗装道路を走ります。途中、待ち構えていた奥宮さんがハイタッチで送ってくれました。

ハイタッチ.jpg

4キロほど行ったとろころから、急な登りに入ります。

急坂の入り口.jpg

迎えるのは岩場の激坂。


岩登り.jpg


そして登り。

登り0.jpg

まだまだ登り。

登り1.jpg

それでも登り。

登り2.jpg

登山口から山頂までの2キロで600メートル近く標高を上げる堂床山への登りで、「これじゃあ可部連山じゃなくて、“壁連山”だ!」と叫んだのは、決して私一人ではないでしょう。

そして登りがあれば、その後は当然下り。きつすぎて走れないところが大半で、何度も樹々につかまりながら進んでいきます。


下り.jpg

ここを下り切った後は、比較的緩やかなアップダウンを繰り返す尾根道が続き、快適に走れました。

アップダウン.jpg

可部峠を越えて少し行ったところから振り返ると、遠くに見えたのは堂床山。「あんなところを越えてきたのか」と、ちょっと感動しました。

堂床山.jpg

それから小掛山と三本松のピークを過ぎ、第3エイドの中倉峠に到着したのは11時58分。ここの関門時刻は13時30分なので、余裕は十分です。

第3エイド.jpg

残す7キロは、下り基調のガレた林道と舗装路。ここは無理に飛ばさず淡々と走り、ゴールをめざしました。

林道.jpg

ゴール.jpg


(私の記録)
タ イ ム  3時間50分32秒

総合順位  152 位/298人(ロング男子・エントリー数)
部門順位   8位/20人(ロング60歳代以上男子・エントリー数)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:トレイル
posted by との at 19:45| 鳥取 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
私は奥四万十トレイルに行ってました☺
Posted by 藤本です at 2016年11月15日 06:28
> 藤本さん

「新庄・蒜山」もそうでしたが、「奥四万十トレイル」も第1回目なんですね。70キロかあ。やってますねえ。
Posted by との at 2016年11月16日 07:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック