2017年03月23日

MRIでの診断結果は「走ってよい」


昨年2月に右膝を痛めてから、1年以上たちました。当初は十分曲げることができなかった膝もしだいにほぐれてきたようで、夏頃からは完全に曲がるようになりました。

しかし、微妙な違和感と時折感じる軽い痛みは今もなくなった訳ではなく、急な下りの場面ではまだ足さばきに難があります。このため常に、「このまま悪くなって走れなくなるのではないか?」という不安に付きまとわれてきました。2月19日の「高知龍馬マラソン」と3月12日の「鳥取マラソン」でも完走はしたものの、「どこかしっくりこない」感じがあり、思い切り走ることはできませんでした。

なんとかこの状態から脱したかった私は、定期的に通院している医院でそのことを話し、「手術をして良くなるような可能性はないでしょうか?」と訪ねました。主治医から、「では総合病院へ紹介するので、MRIで精密検査を受けてみますか?」と言われた私は即座に、「お願いします」と答えていました。

労災病院.jpg

そして、3月17日に受けたMRI検査の結果は、「軽微な所見はあるものの手術等の必要はなく、このまま走り続けてもよい」というもの。「軽微な所見」の内容は、機密度の高い個人情報なので公表しませんが(笑)、手術を覚悟していた私は、思わず拍子抜けしてしまいました。

実はすでに2つの医院で、軟骨がすり減る「変形性膝関節症」という診断を受けていたのですが、それについて総合病院のO医師はMRIの画像を見ながら、「言われてみればそうかなあという程度で、ほとんど問題ないですよ」との見解。この一言で、九死に一生を得たように思いました。

ちなみにO医師は、先日の鳥取マラソンを走られたそうです。帰ってからリザルトを見たら、私より1時間も早くゴールしているランナーさんでした。


待合室.jpg

ところで私は、この1年あまりの病状の経過を正確に伝えるため、A4のペーパー1枚にまとめたものを用意し、診断の時に医師へ渡しました。
そしてその末尾には、【当面の大会予定】として、
・5月連休に520キロのウルトラマラソン
・5月下旬に100キロのウルトラマラソン
・6月下旬に100キロのウルトラマラソン
と記していました。
MRIの結果によってはドクターストップがかかることも覚悟で、あえて記載していたものですが、ドクターは、「520キロの大会なんてあるんですね。場所はどこですか?」と聞いてこられました。
「東京から新潟まで、6日間で走る大会です」と答えると、「すごいですね」と笑っていましたが、「やめなさい」とは言われませんでした。
この1年間、常にヒヤヒヤしながらのランでしたが、これで吹っ切れました。決して無理はしませんがヤワヤワと、復活に向けて走り出します。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 23:14| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック