2017年05月23日



名和マラソンフェスタ2017


今年はエントリー数が1600人を越え、初めての期日前閉め切り。いまや我がまち大山町の一大イベントとなった「名和マラソンフェスタ2017」が、5月21日(日)に開催されました。


私の場合、この大会にはハーフ部門へ仮装して出るのが恒例となっています。初めて仮装で走ったのは2009年のことでした。当日の朝、知り合いの大会スタッフから「スタートするまで、パンダの着ぐるみを着て会場をウロウロしてくれませんか」と頼まれた私は、「いいよ」と快諾。その姿で会場を歩きまわったところ、大受け。脱ぐのも面倒くさいので着ぐるみにナンバーカードを付けてそのままスタートしようとしたら、「死んでしまうからやめて!」とスタッフの声が。
しかし、この制止を振り切って、そのままコースへ出たというものです。
もちろん死ぬことはなく、沿道からは「パンダさん、がんばって〜!」と予想をはるかに上回る好反響。これに気をよくし、仮装が病み付きになってしまった私です。


パンダ2.jpg

次の年は、百均で買った宴会用品を使い、「キン肉マン さくらちゃん」というオリジナルなキャラクターで参戦。自分でも、うっとりするほどド派手なコスチュームでした。


キン肉マン さくらちゃん-2.jpg

仮装3年目のテーマは「変なおじさん」。絶対に正体はバレないと思っていたのに、職場のS女史に一目で見破られてしまいました。「どうしてわかったの?」と聞いたら、「だって、“そのまんま”ですもの」とのたもうた。私って、普段からこんなに変なの?



変なおじさん.JPG

仮装4年目となる2012年は、走り仲間4人を誘い込み、ゲゲゲの鬼太郎の妖怪に扮して登場です。目玉おやじのかぶり物の私は、“窒息”しかけて“失速”したものの、完走は果たしました。

TEAMゲゲゲ.JPG

1年飛んで、2014年は「交通安全おじさん」。ランナーや沿道の人たちに「交通事故0(ゼロ)」をアッピールしながら走る私の運転免許証は、もちろんゴールドです。


交通安全おじさん.jpg

そして昨年は、「タイガーマスク」。ルール無用の悪党達に正義のパンチを見舞う孤高な姿は、沿道の人たちの感涙を誘ったのであります(たぶん)。


タイガーマスク.jpg

さて、長過ぎる前置きはここまで。
ということで、今年の私はというと・・・ジャジャーン!



交通安全指導員.jpg

警察官? いえいえ、拳銃と手錠は持っていません。
ガードマン? 惜しい!
正解は、「交通安全指導員」です。いかにも本物っぽいでしょう。それはそう。だって本物ですもの。実は私、“渡世の義理”により4月から、町の交通安全指導員になってしまいました。

ということで、今年は仮装ランナーになることはできず、ハーフと10キロ部門のコースの3キロ地点にある交差点で、ランナーの皆さんが安全に走れるよう誘導に努めたのであります。



交差点でランナーを見守る.jpg

そうして2時間ほどで任務を終え、ママチャリで帰宅しかけていたところ、道路脇に立つマラソンフェスタののぼり旗が目に入りました。
それを見て、これからも交通安全指導員である限り、この大会で走ることはできないなあ・・・と。そう思うと、ちょっぴり寂しくなった私です。

のぼり旗.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 19:25| 鳥取 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仮装マジウケます👍
Posted by 藤本です at 2017年05月24日 21:43
ウケるから癖になります。「交通安全指導員の制服にゼッケン付けて走れ」って、何人もに言われたけど、さすがにそれはね・・・(^w^)
Posted by との at 2017年05月25日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450156548

この記事へのトラックバック