2017年06月01日

2017 えびす・だいこく100Kmマラソン(前半)


5月28日(日)は、「2017 えびす・だいこく100Kmマラソン」に出場し、島根半島を走り回ってきました。

私は2年振りの参加で、今回が8回目となります。ちなみに、いわゆる「100キロマラソン」を走るのは今回が30回目。過去29回走った大会はすべて時間内完走しており、初めの数回で自信をつけてからは、100キロを走ることに不安を持ったことはありません。

しかし、昨年の2月に右膝を故障してからはトレーニングが思うようにできず、この1年あまりは、大会に臨んでも思い切り走れないことが多くありました。
そのため今回はいつになく弱気。各関門での制限時間を記したペーパーを、そっとポーチに忍ばせての参加でした。

スタート前.jpg

午前5時30分に美保神社前をスタートし、美保湾を左手に見ながら西へ進んでいきます。

スタート直後.jpg

例年ですと7キロ地点で右折し、法田峠を越えて日本海側へ行くのですが、今年は道路工事のために、手前の5キロ地点から右折して島根半島を横断する上りへ入ります。

上り2.jpg

この日の天気は「気温が27度」と、7月上旬並みの暑さが予報されていました。日陰のなくなる中盤以降にも力を残しておかなければいけないので、例年よりかなりゆっくりしたスピードで走りました。


ピークを越えて下りをこなし、

下り.jpg

日本海側に入ると、美しい海岸の風景がランナーの目を奪います。

海岸線1.jpg

海に浮かぶ島や岩、漁村の風景など、そのまま絵はがきになりそうなシーンを、時おり足を止めながらカメラで切り取っていきました。


海岸線2.jpg


さて26キロ地点の笠浦エイドでは、おにぎり、みそ汁、バナナやオレンジの他、とってもおいしいイカの煮物が振る舞われるので、毎年とても楽しみにしています。ここでしっかりいただいて、エネルギーを補給しました。すでに気温が上がっていたこともあり、水分摂取も意識してスイカも3切れか4切れ食べました。

笠浦エイド.jpg


30キロを過ぎたあたりから、2キロほど続くチェリーロードへ入ります。

チェリーロード入口.jpg

この間アップダウンはあるものの、木陰の中を走れるので気持ちはくつろぎます。

チェリーロード.jpg

40キロ過ぎのロードから、眼下に見えるのは「須々海の洗濯板」。毎回「ほおっ」と思うのですが、雲一つない天気だったこの日は、ひときわ美しく見えました。

洗濯板.jpg

50キロ過ぎの海岸線にある、縦と横の地層が垂直に接した不思議な断層も見応えがあります。

断層の海岸.jpg

そういえば現在、島根半島を含むこの地域一帯を、日本ジオパークへの加盟を目指す「国引きジオパーク構想」があるそうで、大会の受付でいただいた封筒に、パンフレットが同封されていました。
すでに、京丹後市から鳥取市にかけては、「山陰海岸ジオパーク」として、日本ジオパークと世界ジオパークに加盟しています。島根県のこの地域がこれに劣るものとは思わないので、この構想には私も大いに賛同したいところです。
ただし・・・。毎回同じようなことは言いたくないので、今回は触れないつもりでしたが、そういう話題が出てくれば、やはり黙してはいられません。それは、これらの美しい海岸線を噛みちぎるかのように存在する島根原発のこと。毎回、見るたびにそのエリアは広がりつつあります。

切り取られた山肌を這う巨大なヘビにも見える、コンクリート製の新たな構造物。

トンネル?.jpg

「立入禁止」、「警備強化」、「撮影はご遠慮ください」などと穏やかでない文字がならぶ看板や、おびただしい数の監視カメラ。

撮影禁止の看板.jpg

さらには、広大な施設が延々と続く有刺鉄線で囲まれている無粋な光景は、「国引きジオパーク」に、いかにも似つかわしくありません。

島根原発.jpg

そしてなにより、原発そのものの危険性や欺瞞性は、島根半島の素朴な美しさと根源的に相容れません。
「いつか原発のないこの半島を走りたい」という願いが、決して夢で終わってほしくないとあらためて思いました。


「後半」へ進む → http://t-tono.seesaa.net/article/450536009.html



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
タグ:ウルトラ
posted by との at 22:05| 鳥取 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450435511

この記事へのトラックバック