2020年08月25日

大山コルリンパトレイル



8月22日(土)は、『大山コルリンパトレイル』に参加しました。これは大山周辺の、トレイルというよりはむしろ“ガチ登山道”とでもいうべきルートを巡るもの。博労座から時計回りに川床、親指ピーク、振子沢、駒鳥小屋、文鳥水、三ノ沢、横手道を経て帰ってくるまでの距離は20キロ超で、獲得標高が1200mほどになります。区間の一部には、生い茂る草木ですれ違いも困難なほど狭いところや険しい岩場もある、かなりハードなコースです。


[コース図]
コース図.jpg

ところでこの企画は、ラン仲間のグループである「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の会」のサマーイベントとして実行されたものです。もともと秘密結社のようなこのグループに所属するのは、私を含めてわずか5人。今までも何度か一緒に走ったり飲んだりしており今回も、「久しぶりに飲みたいね」というところからはじまり、「せっかくだから、ランもしてから泊まって飲もう」という話になりました。そこへ新たなメンバーも誘い込み、昼の部は大山滝の前で流しソーメンを作って食べる5名の“ソーメン隊”と、ガチなトレイルへ向かう4名の“コルリンパ隊”の2隊に分かれて行動し、主要な目的である夜の慰労会で合流するという企画に発展します。
しかし残念なことに私はその後、諸般の事情で夜の部への参加をキャンセルせざるをえなくなり、昼のランのみ仲間になりました。
ということで、我らコルリンパ隊は午前8時の少し前に、ソーメン隊の見送りを受けながら博労座から走り出します。

スタート.jpg

先導役は、2週間前に一人でコースの下見をしてきたという隊長のケンちゃん。この日も終始、力強い走りでメンバーをリードしてくれました。

ケンちゃん.jpg

我々はまず、環状道路から川床、大休、親指ピークを経て、ユートピアへと向かいます。この区間は、1週間前に別なグループで走った「大山トレイル練習会」の後半部分へ逆から入っていくものになります。大休峠を過ぎたところでは、「まるでジャングルのよう」という前週に走った時に持った感覚が、あらためてよみがえります。


ジャングル.jpg

険しい岩場では、スノーボードクロス全日本選手権での優勝を目指しているという花ちゃんが、その鍛え抜かれた白い生足を惜しげもなくさらけ出していました。


花ちゃんの生足.jpg

ここを越えると、先週は逆の方向から見ていた親指ピークが視界に入ってきます。

親指ピーク.jpg

この日の私はノーヘルでしたが、難なくこれを越します。そして、親指ピークとの初めての格闘に歓喜の雄叫びを上げる後続のきみちゃんの方を振り返り、そっとカメラを向けました。

きみちゃん.jpg

ここからは、樹々の緑の中に引かれた細い線のような登山道をたどり、ユートピア近くの尾根にある白いケルンを目指して登っていきます。

ケルンを目指す.jpg

ケルンのところで短い休憩をとってから、振子沢へと下りていきました。この間の茂みはとても深く、足元すらよく見えないほどです。段差に気をつけながら、慎重に下っていきます。

振子沢へ下りる.jpg

振子沢に入ったのはこれが3度目ですが、前回は5年前。当時はある程度下ったところから、沢に並行した登山道を辿った記憶があります。しかし今回は、草木が覆い隠してしまったためか、それを見つけることができません。やむなく、川のようになった岩場を歩かざるをえず、かなりの時間と体力をここで費やすことになりました。


振子沢.jpg

地獄谷に着いたのはちょうど正午。バックパックには飲料水がまだ1L近く残っていましたが、冷たい川の水の方がずっと美味いので、これを汲んで飲みました。



地獄谷.jpg

この後は鳥越峠を越え、この日最後の登りとなる文珠越もこなしますが、

文珠越.jpg

下る途中でケンちゃんの説明を受け、初めて目にする文鳥水のことを知ります。ここは水場なのだそうですが、汲めるほどの水量はないように見えました。



文鳥水.jpg

そして三の沢近くで環状道路へ出ると舗装路をしばらく進み、最後に横手道のトレイルを走って、この日の仕上げとあいなります。

横手道.jpg

こうしてモンベル大山店の前に着いたのが、午後2時10分。このあと大山山頂へ向かうというタフ過ぎる花ちゃんとはここで分かれ、この日のコルリンパ隊は任務を終了しました。コースタイム8時間としていた行程を6時間半ほどで終えたのは、少なくとも私にとってみれば、花丸以上の出来と言えます。

モンベル.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:トレイル
posted by との at 21:34| 鳥取 ☀| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。