2020年11月22日

鷲峰山トレイルラン練習会



11月15日(日)は、走友のsappanさんが主宰する鳥取県トレイルラン同好会のイベント、「鷲峰山(じゅうぼうやま)トレイルラン練習会」に参加しました。
鷲峰山は、2017年に開催された「第1回鷲峰山トレイルラン」で走ったことがあります。河内登山口から山に入ったこの時は、約20キロのコースのうち半分の10キロは舗装路でした。しかし今回は古仏谷登山口からスタートして山頂を越し、安蔵森林公園まで行って折り返して来るのですが、往路では山頂の少し先の分岐からカラ滝までの往復が加えられます。トレイル率100%のこのコースは、Stravaの計測で距離19.1 km、累積標高差1,759mで、かなりハードなものでした。

[コース図]
ログ(鷲峰山トレイル) - 1.jpeg

さて今回の参加者は5人ですが、私以外の4人はアラフォーでちょうど脂が乗り切った世代です。歳の数こそ負けてはいないものの、ランではどう見ても形勢不利。さらに、このところの腰の不調も不安要因になっており、「ついて行けそうになかったら半分くらいで引き返そう」と、いつになく弱気な私でありました。

アラフォー - 1.jpeg



スタートしたのは午前8時8分。sappanさんを先頭に、中国自然歩道の登山道へ入っていきます。

スタート - 1 (1).jpeg

季節はすでに深秋。厚く積み重なった落ち葉の上を、“ザクザク”と音を立てながら進みました。

落ち葉 - 1 (1).jpeg

鷲峰山名物の階段地獄も、あちらこちらで待ち構えています。

階段地獄 - 1 (1).jpeg

午前9時26分にようやく山頂へ着き、しばしの休息です。天気が良かったので、遠く湖山池もはっきり見えていました。



山頂 - 1 (1).jpeg

頂上を少し超えたところの分岐から、右の谷へコースをとります。しかしここにあった標識の右折方向のプレートには、何も記載がありません。実は、ここからカラ滝へ向かうルートはいったん廃道になっていたものが整備され、最近になって再び通れるようになったそうです。

分岐 - 1 (1).jpeg

入ってみれば、結構ワイルドなコースではありませんか。

下りはワイルド - 1 (1).jpeg

真新しい鎖が渡された箇所だってあります。

鎖場 - 1 (1).jpeg

カラ滝の側では、60度くらいはありそうな3連の金属製階段を降りていきました。

下りの階段 - 1 (1).jpeg

すると、そこにあったのは小さな東屋。それにしても、こんなところまで休みに来る人が果たしているのだろうかという疑問は、未だに解けていません。

東屋 - 1 (1).jpeg

しばし休憩したのちに、ここでUターン。今しがた下りてきた階段を、登り返していきます。

階段を上る - 1 (1).jpeg

そのとき左手に目をやると、糸を引いたような水の筋が見えました。
このカラ滝への寄り道はsappanさんが後で計画に付け加えたようですが、私にとっては今回のトレイルで、最も印象に残るものでした。

カラ滝 - 1 (1).jpeg

こうして元のルートへ復帰すると、以降は長い下り基調のトレイルとなります。

駆け下りる - 1 (1).jpeg

しだいに強まる陽射しで、紅葉の色もいっそう引き立っていました。

秋色(小) - 1.jpeg

11時20分に、折り返し地点の安蔵森林公園に到着です。

安蔵森林公園 - 1 (1).jpeg

ここでは15分の休憩の予定でしたが、おにぎりやパンなどを食べながゆっくりと雑談。結局30分近くの長休憩となりました。

休憩 - 1 (1).jpeg
 
自由走となった帰路は、やはり他のメンバーたちのスピードに付いていくことができず、その背中が何度か見えなくなります。しかし往路と同様に、要所要所で待っていてくれたので、全ルートを最後まで楽しみながら、午後1時40分に古仏谷登山口へ帰り着きました。

背中が見えなくなる - 1 (1).jpeg

鷲峰山には、今回通らなかったコースも他にいくつかあるようです。『クマ出没』の看板を見てしまったので一人では躊躇しますが、機会があればぜひまた行ってみたいと思います。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:トレイル
posted by との at 23:08| 鳥取 ☔| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。