2020年12月16日

高清水トレイルをロンリーラン(その2)


さて、ここで引き返すと言う自称 “トレイルランナーというほどではないトレイルランナーさん”と別れ、私は2.2キロ先の赤和瀬駐車場を目指して滝谷登山道を下っていきます。
はじめは滑りやすい粘土質の路面の急坂で、しかも表面が濡れているために何度か転びそうになりましたが、ある程度過ぎてからはほどよい下りに変わります。こちらは、尾根筋を辿ってきたそれまでのコースとは、まったく景色が異なっていました。谷筋なので何か所かで登山道を横断する流水を跨いだり、道に沿って流れる川の音を聞きながら進むロケーションもあり、トレイル感は抜群です。

水流が横断 - 1.jpeg

力を抜いていてもスピードが上がるような下り坂でしたが、あえて急ぎません。柔らかな陽光を受ける荒削りのコースを、森の霊気を五感で感じながら進んでいきます。

滝谷登山道2 - 1.jpeg

だいぶ下って道幅も広くなってきたところに、『熊出没注意!』の看板が設置されていました。

クマの注意看板2 - 1.jpeg

熊鈴を持っていなかった私はこれを見てから、時どき口笛を吹いたり、咳払いをしながら走ります。ところがなんとこの直後に、親子と思われる2頭のクマが、道路脇で寄り添うようにしているのが目に入りました。
と言うのはもちろん冗談。「これがクマだったらどうしただろう」と思いながらやり過ごしたのはクマではなく、工事用の大型土嚢でありました。


工事用土嚢 - 1.jpeg

さてそうこうするうちに、赤和瀬駐車場に到着です。時刻は11時3分で、伯州山山頂からの所用時間は35分ほどでした。ここにはトイレはあるものの、自販機は無し。この日は水分を十分に持っていたので問題ありませんでしたが、夏場の暑い時期なら注意する必要がありそうです。

赤和瀬駐車場1 - 1.jpeg

さて、ここから伯州山への帰路は、往路で通った滝谷登山道ではなく、少し距離は長くなりますが、本谷登山道を通ります。

赤和瀬駐車場2 - 1.jpeg

はじめは、川に沿った緩やかな上りが続きます。

本谷登山道1 - 1.jpeg

川筋から離れてからは、勾配が少しきつくなった山道を進みました。レースなら走っていたでしょうが、ぼっちランでは緩い上りさえ走る気にはならず、ひたすら歩きを続けます。

本谷登山道2 - 1 (1).jpeg

登りの勾配は次第にその角度を大きくしていましたが、これをさらに上げるような急な階段が現れました。だいぶ時間も経過していたので、これを登れば山頂だろうと期待します。

本谷登山道3 - 1.jpeg

実際はさらに先の方でしたが、それでもようやくここで山頂が視界に入りました。


本谷登山道4 - 1.jpeg

この日2度目となる伯州山山頂への到着は11時55分。登り返すのに50分ほど要しています。山頂では、人形峠の方からやってきたハイキングの親子連れが、リュックを下ろして椅子に腰を下ろしたところでした。これから弁当を広げるのでしょうか。私はここで休むことはせず、帰路を急ぎます。

2度目の伯州山 - 1 (1).jpeg

さて、再び辿る尾根道を半分ほど来た時、進行方向左側を指す『丸山 0.6Km』という標識が目に入りました。往路では気に留めなかったものですが、マップで確認すると、「丸山支線」とされるこの間も、チップ敷き遊歩道になっているようです。予定には入れていませんでしたが、せっかくなのでこちらへも行ってみることにします。

丸山標識 - 1.jpeg

入ってみたところ、うわぁ、チップふかふか。確かにここなら、“ヘルス&ビューティーな時間”を過ごせそう。

丸山フカフカ - 1.jpeg

しかし喜んだのも束の間、標識から300mほど行ったところで突然、歩道が途切れてしまいます。ここは、山の斜面から斜めに生えた木の上を歩いたり、

曲がった木 - 1.jpeg

今にも倒れてきそうな大木の下をくぐったりして超えなければなりません。私はまるで、高清水トレイルの罠にハマった哀れな子羊のようでありました。

倒れそうな木 - 1.jpeg

それでもここを抜けて少し行くと、また平らなところに出て、ほどなく『丸山』の山頂碑を確認することができました。

丸山山頂 - 1.jpeg

そしてこの後は再び元の尾根筋のルートに復帰し、午後1時半に人形峠駐車場へ帰り着きました。

人形峠駐車場 - 1.jpeg

さて、このコースについての総括です。

Stravaで計測したログは総距離 21km、累積標高差 1,221mでした。もし人形峠駐車場から伯州山間の往復だけで終わるなら、距離は16キロほど、標高差も700mくらいですむことになり負荷はほどほど。これなら「ハイキングコース」と言って良いでしょう。
しかし、これに赤和瀬駐車場往復の登山道や、丸山への寄り道を付け加えた場合は、「ハイキングコースに“毛”のはえた程度のコース」と言うべきかと思います。なおこの場合の“毛”は、ゴワゴワと硬いクマの剛毛であることを申し添えます。回りくどい言い方をしましたが、言い換えればこれは、正真正銘のトレイルコースということです。どうか決して甘く見ず、心して向かわれることをお勧めします。


★「その1」へ戻る → http://t-tono.seesaa.net/article/478995725.html



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:トレイル
posted by との at 17:35| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。