2021年02月26日

淀江ゆめ温泉から清水寺へ 2人de初詣マラニック



2月20日(土)はテッシーさんと二人で、淀江ゆめ温泉から安来市の清水寺へ走って初詣に行ってきました。やや薄くなった頭のてんこつが気になる二人なので、必要なのは初詣より発毛出なのでしょうが、今更それは望むべくもありません。
さて、厄ばらいの霊験あらたかなることで有名な清水寺は、587年に開かれた天台宗の古刹です。実を言うと今年の初詣は、私は名和神社、テッシーさんは日吉神社と、それぞれ最寄りの神社で済ませています。しかし、「近くの神様より遠くの仏様」などととぼけたことを言いながら、いそいそと二度目の初詣(なんか変?)に向かう私たち。もしかしたらバチあたりなのかもしれませんが、神様仏様、どうかこの哀れな子羊たちを許したまえ!

スタート前の二人 - 1.jpeg

スタートは午前8時40分。入念なストレッチの後、ゆるゆると走り出します。この2日前には、日本海側を襲った強烈寒波のために当地でも20cmほどの積雪。しかし前日は一転して5月中旬並の暖かさとなったため、道路の雪は一気に融けてくれました。
とはいえ、歩道の一部にはまだ雪が残るところもあるので、転ばないように気をつけながら進みます。

歩道には雪 - 1.jpeg

天気は晴れで気温は15度くらいあったようですが、風がけっこう強かったので、どちらかというと寒いくらいでした。

ちょっと寒い - 1.jpeg

安来市に入り清水寺が近くなったところで、この日2度目のコンビニエイドに入ります。私はつぶあんまん、テッシーさんは肉まんをチョイスしました。

ボクは粒あんマン - 1.jpeg

この後、国道9号線を離れてからは、緩い上り坂が3キロほど続きます。

上り基調 - 1.jpeg

清水寺に着いたのは、11時40分。ここまでの21キロにちょうど3時間かかっています。


清水寺へ到着 - 1 (1).jpeg

うっそうとした森の中にある境内ですが、思ったほど雪は残っておらず、石段も石坂も滑るようなことはありません。

登りの石坂 - 1.jpeg

本堂で手を合わせ、コロナの収束と家内安全、そして今年も楽しく走れることを祈念しました。

本堂 - 1.jpeg

ここで境内に掲示されていた吉凶早見表を見たら、九紫である私の今年の運勢は「半吉」。名和神社でひいた御神籤は大吉だったんだけどなあ。まあ凶じゃないからいいか。

吉凶早見表 - 1 (1).jpeg

さて、清水寺には何度も来たことがありますが、いつもはここで引き返しています。しかし、この先をさらに行ったところに展望公園があることに最近、地図を見ていて気づきました。今回はぜひそこまで行ってみたかったので、そのまま進んだところすぐに山道に入りました。路面には猪が掘り起こした痕があちこちに見られ、ワイルド感も抜群です。

登りのトレイル - 1.jpeg

トレイルを1キロあまり進み、ようやく展望公園に着きました。眼下には安来の街並みや中海の風景が広がっています。視線を右に移すと大山の姿もありましたが、空気が霞んでいるために、クリアなものではありません。

展望公園 - 1.jpeg

しばらくこの展望を楽しんだ後で、踵を返して下って行ったところ、山道の途中にある分岐のところで、「米子方面」という看板の文字を目にします。この道を知っていたわけではありませんが、往路を辿るより近道になりそうなので、そちらへ行ってみることにしました。
だいぶ下ってほぼ里の近くまで来たところで突然、路面全体が10cmほどの積雪に覆われていたので、びっくりしました。

積雪10センチ - 1.jpeg

それでも、程なく国道に出たので一安心。あとは無心で復路を進むだけです。

9号線 - 1.jpeg

鳥取県に入ったところで、4度目のコンビニ休憩。私は温かいお茶を買い求め、持ってきたチーズトーストをかじりました。一方テッシーさんは、この日3個目となる肉まん投入。これからテッシーさんのことを、「キン肉まん テッシー」と呼ぶことにします。



爽健美茶 - 1.jpeg

こうして往復でほぼフルの距離を走り、午後3時20分に淀江ゆめ温泉に帰り着きました。この敷地内にある水場では、大山の湧水と天然温泉水の2種類の名水を汲むことができます。テッシーさんは大山の湧水、私は温泉水で喉を潤すと、後はゆったりと温泉に浸かり、この日の仕上げとしました。


名水汲み場 - 1.jpeg

[この日のログ]

ログ.jpg


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村

ラベル:マラニック
posted by との at 01:27| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。