2018年06月18日

第2回 向津久ダブルマラソン(後半)

さて、アップダウンを繰り返すこのコースで、最大の難所と言えるのがここから始まる千畳敷への上りです。およそ5キロの間に300メートルも標高を上げるこの区間を、走っているランナーはほとんどいません。上りが好きな私でも、ひたすら歩くしかない激坂なのです。

千畳敷への上り.jpg

この上りをようやく超えたところには、噂に聞いていた特大のエイドがありました。ここのメニューについて、ランネットの前年の大会レポでは「豪華すぎる」「あれだけ食べると後が大変なことになりそう」「豪華で人が多すぎて気後れする」など、他では聞かないような評価がなされています。楽しみのようでもあり怖いようでもあり、心はユラユラ揺れていました。



千畳敷エイド(47.3キロ).jpg

大きすぎるおにぎりか、それとも大盛り過ぎるカレーライスか、どちらをいただくべきか迷いながらキョロキョロしている私の前に、スッと差し出されたトレーに乗っていたのは鶏の串焼きでした。
これを1本いただいてパクリと食べたところ、チョー旨いではありませんか。そう言えば前日の受付でもらった大会パンフに、当地で長州どりや長州黒かしわなど、美味しい鷄を生産している深川養鶏の広告が出ていました。この串焼きはきっと、平飼いの鶏舎で5種類のハーブを飼料に与えられて育ったという例の鷄だったのでしょう。
これを食べてとっても満足したので、おにぎりのこともカレーライスのこともすっかり忘れ、このエイドを後にしたのでありました。



串焼き.jpg

この後しばらく、全体的には下り基調ながら微妙なアップダウンを繰り返します。ここをまるで羽が生えたかのように軽快に走れたのは、焼き鳥のありがたい効果に違いありません。

微妙なアップダウン.jpg

そして次のエイドでは、「チーズコロン」なるものを初めていただきました。甘いお菓子だろうと思って口に入れたのですが、なんとこれは、カマンベール仕立てのチーズを魚肉すり身で包み込んだひとくちかまぼこでありました。いける味ですが、日本酒がほしくなります。



チーズコロン.jpg

ところで、この日は午前中曇りで午後からは雨の予報でしたが、実際は昼前後から時折り太陽が顔を出し、午後に入ると日射しがいっそう強まりました。曇っていても蒸し暑いのに、予期せぬ紫外線の直撃を受けて干物になりそう。このところ暑い大会ばかりに巡り会っている私ですが、この日に限っては涼しい中を走れるものと期待していたのにまったく当て外れ。ちょっとむかついたので、「天気予報の嘘つき〜!」と、心の中で叫びました。



日射しが強まる.jpg

そんな中、見えてきたのは『はぐはぐエイド』という看板でした。

はぐはぐエイド.jpg

意味が分からないまま通り過ぎようとした次の瞬間、そばにいたうら若き女性が駆け寄ってきて、「ハグしま〜す!」と言いながらグッと私を抱きしめたのであります。

びっくりして卒倒しそうでしたが、冷静に考えればむしろ、私の強烈な汗の臭いと加齢臭(カレーライスの香りではない)で、彼女がむかついたのではないかと心配すべきでありました。

[写真は、私の次に通りかかったランナー]
はぐはぐ.jpg

65キロ地点の関門に来たのが、15時7分。ここの関門時刻は16時なので、余裕は53分ありました。なお、ゴール関門は19時なので、残り19キロを3時間53分で走れば大丈夫。普通ならここで完走を確信するところですが、この先にも上りが残っていたはずなのと、なにせこのコースは変化が大きく先の計算できないので、まだ安心してはいけません。



65キロ地点の関門エイド.jpg

さて、ここを少し過ぎたあたりで、「追いついたー!」と言いながら、女性ランナーがスッと私の前へ出てきます。福岡県から参加のママさんランナーYUKIさんでした。
この大会で初めて出会った彼女とは、千畳敷を過ぎたあたりでしばらく併走した間に、少しだけ話をしました。その後、私が先行しましたが、ここで再び追いつかれたのです。底知れぬパワーを感じたのでYUKIさんに、千畳敷の豪華なエイドで何を食べたか聞いたところ、なんと、鶏の串焼き4本と小盛りながらカレーライス一皿を平らげたとのこと。串焼き1本でご満悦だった私の、数倍のパワーを蓄えていたことになります。
ウルトラマラソン初挑戦という彼女は、この大会に臨むために友人たちと行なったトレーニングのこぼれ話をしてくれました。私は、過去に参加したいくつかの九州の大会の思い出話などをしながら、同じようなペースで進んでいきます。
そのうちに、往路でも立ち寄って夏みかんをいただいた、おばちゃん達の私設エイドが見えてきました。ここでは、YUKIさんも往路で夏みかんをいただいたそうで、二人とも迷わず脚を止めました。再び夏みかんと、さらにおにぎりもいただいて、終盤に向けたエネルギー補給は完了です。

おばちゃんたちのエイド.jpg

76.1キロ地点の関門エイドへは、16時49分に到着しました。ここの関門時刻は17時40分なので、余裕は51分。ゴールまでの8キロあまりを、2時間11分で完走すればOKなので、距離だけで計算すれば、歩いても間に合う時間です。



76.1キロの関門.jpg

しかしここで目標にしたのは、ゴール関門時刻より1時間早い18時のゴールでした。つまり、ここから1時間11分以内のゴール入りを目指すことになります。
YUKIさんに、「関門より1時間早い、午後6時のゴールを目指そう」と発破をかけ、ペースを意識した走りに切り替えました。
終盤に入って歩きはじめたり、脚を止めてストレッチをするランナーも多くいましたが、YUKIさんと私は、ピッチを落とさずに走り続けました。

残り6キロ.jpg

残り5キロほどになったところで、YUKIさんの仲間であるSHINYAさんが前を歩いていました。YUKIさんがはじめに声を掛け、次に私が「6時までにゴールしましょう」と誘うと、彼も走りはじめました。
この間、微妙な上りが2カ所ほどありましたが、苦しそうに息を弾ませるYUKIさんを「この坂はもうすぐ終わるはず。走ろう」と鼓舞し続けました。



ゴールまであと少し.jpg

こうして目標とした午後6時の7分前に、3人で一緒にゴールテープを切ることができました。

3人でゴール.jpg


(私の記録)

タ  イ ム  11時間53分16秒
年代別順位   20位/ 49人(60歳代男子エントリー数)
部 門 順 位  197位/399人(男子総合エントリー数)

総 合 順 位  232位/476人(総合エントリー数)

中間点タイム 5時間28分11秒(42.3キロ地点)



★ 「前半」へ戻る → http://t-tono.seesaa.net/article/459999904.html





にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:ウルトラ
posted by との at 22:52| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

第2回 向津久ダブルマラソン(前半)


6月10日(日)は、山口県長門市で開催された「向津久(むかつく)ダブルマラソン」に参加しました。


部門は、ダブルフルの84.39キロとシングルフルの42.195キロの2つありますが、私はダブル。文字どおりフルマラソン2つ分の距離ですが、「平地がほぼない過酷なコース」と言われるだけあってアップダウンの連続です。私のガーミンでの計測では、累積標高差が1,680メートルにもなっていました。

実はこのコース、2008年と2015年の2回参加した「萩往還マラニック」の250キロ部門のコースと、6割か7割ほど重なっています。萩往還は今年の第30回を区切りとして終了しましたが、この大会でそのコースの一部を、懐かしみながら走ることも楽しみでした。しかし、萩往還の時にこの向津久半島へ入ってきたのは、一晩徹夜のランの後。その時のぼんやりした頭は、この半島の厳しいアップダウンを正確に記憶してはいなかったようで、今回はこのコースのハードさをあらためて認識することになりました。



スタート時刻は午前6時。ランナーたちが、油谷総合運動公園のグラウンドから一斉に飛び出します。

スタート.jpg

20分あまり走ると、左手には油谷湾。この日の天気は「午前中は曇りで午後から雨」という予報でした。海の色はどんよりしており、遠くにはこれから向かおうとしている大島が、やや霞んで見えました。

油谷湾.jpg

さてそれは、序盤に小刻みなアップダウンを繰り返した後で、小さな漁港を通り過ぎようとした時のこと。何たることか突然、右の鼻の穴に小さな虫が飛び込んできたのです。

実は私の場合、そのつぶらな瞳に虫が入ってきたことは、今までに何度かありました。また、口に入ったこともあります。しかし、鼻の穴に侵入されたのは初めての経験でした。
思うに、私はランニング中は普通、口呼吸をしています。ところが、稀に鼻呼吸になることがあるようです。思い切り走っているときは鼻呼吸では酸素の供給が間に合わないのでしませんが、ちょっと手を抜いたゆっくりペースの時は、鼻呼吸になることがあるようです。きっとこの時も、そうだったに違いありません。

漁港.jpg

しかもその虫ときたら、鼻の中でゴソゴソと動き回るではありませんか。何度か鼻から強く息を吹き出して撃退しようと試みるものの、敵もさるもの、易々と出て行ってはくれません。仕方がないので最後の手段とばかり、かぶっていたサロモンのキャップを取って鼻をかみました。
何を隠そうこのブルーのキャップは、2年前のUTMBに参加した時、シャモニーで「記念に」と買ったものです。その思い出のキャップが、今やティッシュペーパーの代わりとなって、鼻水にまみれてしまったのです。
哀しくって、情けなくって、キャップには申し訳なくて、私は思わず「チョーむかつく!」とつぶやいていました。



キャップで鼻を.jpg

そうして、この一件でへこんだ心がまだ癒されないうちに、差しかかったのは笑うしかないような急な上り。

急な上り.jpg

それでも、このコースのビュースポットの一つである俵島とその手前の棚田を見た時は、心がホッと和みます。

俵島と棚田.jpg

向津久小学校の子どもたちも、元気に声援を送ってくれました。

小学生の応援.jpg

この後も、200メートル近い上りを超えていきます。

上ったり下ったり.jpg

この日は、曇り空ながら意外にも蒸し暑く、かぶり水をするランナーも多くいました。

かぶり水.jpg

立石漁港にある立石観音には、そっと手を合わせて通り過ぎます。

立石観音.jpg

さらに100メートルほどのきつい上りと下りをこなしたあと、元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)へ差しかかりました。それにしても、123基の鳥居が並ぶ光景はまさに壮観です。

元乃隅稲成神社.jpg

なお、ここを少し過ぎたことろが中間点になります。時刻は午前11時28分で、スタートしてから5時間28分たっていました。ゴール関門は19時、スタート後13時間なので十分余裕がありそうですが、後半には300メートル級1つと、200メートル級2つの大きな上りが控えており、これ以降が文字通りの山場。油断は禁物でした。


★「後半へ」進む → http://t-tono.seesaa.net/article/460063810.html






にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:ウルトラ
posted by との at 05:41| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

2018 えびす・だいこく100キロマラソン(後半)

51キロ地点の片句エイドへは、12時1分に着きました。ここの関門時間は13時なので、余裕は59分ということになります。

片句エイド(51キロ関門13:00)12:01.jpg


そして、ここを過ぎてほどなく、右手に見えてきたのは倉内湾。しばらくアップダウンの激しい山越えが続いていたので、なんだかホッとする光景です。ちなみに私はしませんが、なんでもここは人気の釣り場だそうです。


倉内湾 52キロあたり.jpg

さて、このコースで日本海を見ることができるのは、ここが最後となります。
オリジナルのコースは、ここからさらに横手林道など2つの山を超えて半島を南へ横断していくことになっています。しかし現在は法面崩落や道路工事などのためにそこを通行できないので、昨年からその手前の方で横断するように変わりました。
この間、半島を横断する部分は少しアップダウンがありますが、大きなものではありません。しかし反面、日射しを遮るものがないので、この日のように気温が高いときは、それがボディーブローのように体にこたえてきます。時に暑さに弱い私など、これがペースダウンへ直結することは必定で、周囲のランナーのペースからしだいに遅れをとるようになりました。

ラン1 55キロあたり.jpg

56キロ地点の鹿島エイドへの到着は、12時50分。ここの関門時刻は13時30分なので、余裕は40分に減っています。ちょっと危うくなってきました。
なお、この大会の制限時間は14時間。午前5時30分スタートなので、19時30分がゴールの関門時刻です。残り時間は6時間40分もあるものの、強い日射しの中を売り切れ状態となった脚で、ほぼフル1本の距離を走れるかは、微妙なところです。

鹿島エイド(56キロ関門13:30)12:50.jpg

宍道湖畔へ出たとき、一瞬だけホッとした気持ちになりました。しかし、まだ30キロも我慢の走りを続けなければならないと思うと、気が滅入りそうです。

ラン3 70キロあたり 14:54.jpg

併走する一畑電車が、「そんなに頑張らないで、お乗りなさいな」と、リタイアを誘います。実際、これに乗ろうと駅のホームへ向かうランナーの姿も、ちらほら目にしました。

一畑電車 72キロあたり.jpg

75キロ地点の津乃森エイドに入ったのが、関門時間16時20分に対し15時44分で、余裕は36分。前の関門の余裕を、さらに減らしています。


津ノ森エイド(75キロ関門16:20)15:44.jpg

例年は、このエイドのおいしいシジミ汁を2杯いただきます。しかし、時間が気になるので、今回は1杯だけにしてとりあえずコースへ出ました。終盤へのエネルギーとしてもらったおにぎりを歩きながらいただき、食べ終わったところで走り出します。


津ノ森エイドのシジミ汁.jpg

出雲の市街地に近づくにつれて信号機も増え、何回かこれに止められました。脚を休めることができるのは嬉しいのですが、背後からは関門の時間がヒタヒタと迫ってきます。

ラン6 信号待ち 84キロあたり .jpg

84キロ地点の平田町エイドへの到着は、関門時間17時40分に対し17時18分。余裕は22分しかありません。少しでも歩いたら、ゴールに間に合わなくなりそうです。

平田町エイド(84キロ関門17:40)17:17.jpg

前後を走るランナーもピッチは上がりませんが黙々と、そして淡々と前へ進んでいこうとしていました。

ラン7 92キロあたり.jpg

こうして95キロ地点の遥堪エイドを通過したのが、関門時間18時50分に対し18時42分で、余裕はわずか8分。しかし、ここが最後の関門エイドなので、ゴールまでの残り5キロを48分で走ればよく、キロ9分半のゆっくりペースでも間に合います。ここで、時間内完走を確信しました。


遥堪エイド(95キロ関門18:50)18:42.jpg

ラストスパートをかける余力は残っていなかったので、ペースを落とさないことだけを心掛けます。19時を過ぎると陽が暮れはじめ、大社の神門通りに入ったときにはすでにあたりが暗くなっていました。
そして、この大会では初めての日没後のゴール。
こうして9回目の完走をかろうじて成し遂げ、10回完走すれば与えられる『えびす・だいこくの神様』の称号に、リーチをかけることができました。

ゴールの光景.jpg


(私の記録)

タ イ ム 13時間53分49秒

総 合 順 位 346位/620人(出走数)
部 門 順 位 307位/540人(男子出走数)

総合完走率 58.7%(364/620人・出走数)

部門完走率 59.4%(321/540人・男子出走数)


★ 「前半」へ戻る → http://t-tono.seesaa.net/article/459704816.html



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:ウルトラ
posted by との at 21:39| 鳥取 ☔| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

2018 えびす・だいこく100キロマラソン(前半)

5月27日(日)は、「えびす・だいこく100キロマラソン」に参加しました。今回が9回目になります。

この大会は、美保関神社からスタートして島根半島を西進し、100キロ先の出雲大社を目指すものです。快晴となった今回、前半はアップダウンの激しい半島北側の海岸線の、美しい景観を楽しみながら進みました。しかし宍道湖畔を含む概ね平坦な後半に入ると、しだいに関門時間に追い立てられるようになり、疲れきった体にムチを打ちまくるような展開に変わります。振り返れば、本当に辛くて苦しいランでした。

スタート前.jpg



スタートは午前5時30分。神社のすぐ前は漁港となっており、潮の香りを感じながらコースへ出ていきます。

スタート.jpg

3キロほど進んだところで、進行方向左手の美保湾に見えたのは「夫婦岩」。波に削られた岩が、男女のシンボルの形になっています。これが信仰の対象になっているようで、二つの岩の間には縄が張られていました。

夫婦岩.jpg

ここを少し過ぎたところで右折し、半島を南から北へと横断します。きつい上りの途中で突然、眩しい陽の光が目に飛び込んできました。この日のランが、暑さとの闘いになることを予感させます。

朝日.jpg

日本海の色は天候によって全く違ってくるのですが、好天だったこの日、半島北側の海面の色はすでに夏色のブルー。ただしPM2.5の影響なのか、視界は必ずしもクリアとは言えないものでした。


半島北側.jpg

集落の近くの沿道で、声援を送っている地元の人達や、

応援.jpg

双子のような小島や、

双子の小島.jpg

人の気配の無い小さな漁港の風景などにふと見とれてしまい、たびたび足を止めてカメラのシャッターを押している私でした。


漁港.jpg

30キロを少し過ぎたところで、700本のソメイヨシノの並木道が5キロほど続く「チェリーロード」へ入ります。この間はアップダウンもあり、ペースを落としながらのランになりますが、木立がつくる日陰で暑さから逃れることができるので、私にとってはホッとする区間でした。

チェリーロード.jpg

42キロあたりの須々海海岸では、洗濯板で心もゴシゴシ洗いました。



洗濯板.jpg

その直後に、去年もお会いした「麦わら帽子のウサギさん」に遭遇。他の大会も含め、今まで何度か出会っていますが、今回は初めて正面からのショットを撮らせてもらいました。



麦わら帽子のウサギさん.jpg

さて、このあたりまでは楽しい気持ちで走っていたのですが、この先から急にトーンが落ちることになります。なぜなら、できれば見たくない光景が、目に入るようになったからです。

それは島根原発。現在、ここにある3基の原発はいずれも稼動していません。1974年に運転を開始した1号機は廃止が決まっていますが、1989年に開始した2号機と、新しく完成した3号機については、それぞれ稼動に向けた動きが出ています。原発それ自体が危険きわまりないものであることに加え、発電の過程で生み出される放射性廃棄物の処理については目処すら立たない(立つはずもない)のに、あえてこれを進めることは、無責任の極みであると私は考えます。

ちなみに現在、原発から30キロ圏内は緊急防護措置区域(UPZ)として、原発事故の被害を想定した広域避難計画などが立てられます。島根原発から大山山頂までは、直線距離で50キロほどなのでUPZには入りませんが、「一つ間違えば国土の東半分は住めなくなる可能性があった」と言われる福島の事故を思い起こせば、島根半島も大山も三瓶山も蒜山も羅漢山も、そしてもっともっと遠くまで、人の立ち入りができなくなる可能性は十二分にあります。チマチマした“対策もどき”など、欺瞞以外の何ものでもありません。
それなのに、鉄条網で囲まれた広大なその敷地は毎年、確実にその範囲を広げているようです。残念ながら今回も、美しい島根半島が新たに傷つけられ、山が切り開かれていました。



拡大する島根原発用地.jpg

敷地を囲む鉄柵には、あちこちに『発電所の撮影はご遠慮ください』という看板が設置されています。しかし私の場合、「遠慮は体に悪い」と思っているので、これを無視してバシバシと写真に撮りました。
それにしても、そんな私の姿は、柵に取り付けられたおびただしい数の監視カメラによって、しっかりと無断撮影されていることでしょう。『撮影はご遠慮ください』という看板の言葉は、そっくりそのまま中国電力さんへお返ししたいと思います。

撮影はご遠慮ください.jpg

とまあ、こんなことにいら立ちながらここを通過したところで、50キロ地点へ到着です。時刻は11時54分で、スタートしてから6時間24分が経過していました。自己ワースト記録でゴールした昨年は、この地点の通過が6時間9分でしたが、今回はそれよりさらに15分も遅いタイム。ここからは、関門時間を気にかけながら、ハラハラ、ヒヤヒヤのランになっていきます。



50キロ地点.jpg



★「後半へ」進む → http://t-tono.seesaa.net/article/459821693.html



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村

ラベル:ウルトラ
posted by との at 23:38| 鳥取 ☔| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする