2018年06月05日

2018 えびす・だいこく100キロマラソン(後半)

51キロ地点の片句エイドへは、12時1分に着きました。ここの関門時間は13時なので、余裕は59分ということになります。

片句エイド(51キロ関門13:00)12:01.jpg


そして、ここを過ぎてほどなく、右手に見えてきたのは倉内湾。しばらくアップダウンの激しい山越えが続いていたので、なんだかホッとする光景です。ちなみに私はしませんが、なんでもここは人気の釣り場だそうです。


倉内湾 52キロあたり.jpg

さて、このコースで日本海を見ることができるのは、ここが最後となります。
オリジナルのコースは、ここからさらに横手林道など2つの山を超えて半島を南へ横断していくことになっています。しかし現在は法面崩落や道路工事などのためにそこを通行できないので、昨年からその手前の方で横断するように変わりました。
この間、半島を横断する部分は少しアップダウンがありますが、大きなものではありません。しかし反面、日射しを遮るものがないので、この日のように気温が高いときは、それがボディーブローのように体にこたえてきます。時に暑さに弱い私など、これがペースダウンへ直結することは必定で、周囲のランナーのペースからしだいに遅れをとるようになりました。

ラン1 55キロあたり.jpg

56キロ地点の鹿島エイドへの到着は、12時50分。ここの関門時刻は13時30分なので、余裕は40分に減っています。ちょっと危うくなってきました。
なお、この大会の制限時間は14時間。午前5時30分スタートなので、19時30分がゴールの関門時刻です。残り時間は6時間40分もあるものの、強い日射しの中を売り切れ状態となった脚で、ほぼフル1本の距離を走れるかは、微妙なところです。

鹿島エイド(56キロ関門13:30)12:50.jpg

宍道湖畔へ出たとき、一瞬だけホッとした気持ちになりました。しかし、まだ30キロも我慢の走りを続けなければならないと思うと、気が滅入りそうです。

ラン3 70キロあたり 14:54.jpg

併走する一畑電車が、「そんなに頑張らないで、お乗りなさいな」と、リタイアを誘います。実際、これに乗ろうと駅のホームへ向かうランナーの姿も、ちらほら目にしました。

一畑電車 72キロあたり.jpg

75キロ地点の津乃森エイドに入ったのが、関門時間16時20分に対し15時44分で、余裕は36分。前の関門の余裕を、さらに減らしています。


津ノ森エイド(75キロ関門16:20)15:44.jpg

例年は、このエイドのおいしいシジミ汁を2杯いただきます。しかし、時間が気になるので、今回は1杯だけにしてとりあえずコースへ出ました。終盤へのエネルギーとしてもらったおにぎりを歩きながらいただき、食べ終わったところで走り出します。


津ノ森エイドのシジミ汁.jpg

出雲の市街地に近づくにつれて信号機も増え、何回かこれに止められました。脚を休めることができるのは嬉しいのですが、背後からは関門の時間がヒタヒタと迫ってきます。

ラン6 信号待ち 84キロあたり .jpg

84キロ地点の平田町エイドへの到着は、関門時間17時40分に対し17時18分。余裕は22分しかありません。少しでも歩いたら、ゴールに間に合わなくなりそうです。

平田町エイド(84キロ関門17:40)17:17.jpg

前後を走るランナーもピッチは上がりませんが黙々と、そして淡々と前へ進んでいこうとしていました。

ラン7 92キロあたり.jpg

こうして95キロ地点の遥堪エイドを通過したのが、関門時間18時50分に対し18時42分で、余裕はわずか8分。しかし、ここが最後の関門エイドなので、ゴールまでの残り5キロを48分で走ればよく、キロ9分半のゆっくりペースでも間に合います。ここで、時間内完走を確信しました。


遥堪エイド(95キロ関門18:50)18:42.jpg

ラストスパートをかける余力は残っていなかったので、ペースを落とさないことだけを心掛けます。19時を過ぎると陽が暮れはじめ、大社の神門通りに入ったときにはすでにあたりが暗くなっていました。
そして、この大会では初めての日没後のゴール。
こうして9回目の完走をかろうじて成し遂げ、10回完走すれば与えられる『えびす・だいこくの神様』の称号に、リーチをかけることができました。

ゴールの光景.jpg


(私の記録)

タ イ ム 13時間53分49秒

総 合 順 位 346位/620人(出走数)
部 門 順 位 307位/540人(男子出走数)

総合完走率 58.7%(364/620人・出走数)

部門完走率 59.4%(321/540人・男子出走数)


★ 「前半」へ戻る → http://t-tono.seesaa.net/article/459704816.html



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:ウルトラ
posted by との at 21:39| 鳥取 ☔| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

2018 えびす・だいこく100キロマラソン(前半)

5月27日(日)は、「えびす・だいこく100キロマラソン」に参加しました。今回が9回目になります。

この大会は、美保関神社からスタートして島根半島を西進し、100キロ先の出雲大社を目指すものです。快晴となった今回、前半はアップダウンの激しい半島北側の海岸線の、美しい景観を楽しみながら進みました。しかし宍道湖畔を含む概ね平坦な後半に入ると、しだいに関門時間に追い立てられるようになり、疲れきった体にムチを打ちまくるような展開に変わります。振り返れば、本当に辛くて苦しいランでした。

スタート前.jpg



スタートは午前5時30分。神社のすぐ前は漁港となっており、潮の香りを感じながらコースへ出ていきます。

スタート.jpg

3キロほど進んだところで、進行方向左手の美保湾に見えたのは「夫婦岩」。波に削られた岩が、男女のシンボルの形になっています。これが信仰の対象になっているようで、二つの岩の間には縄が張られていました。

夫婦岩.jpg

ここを少し過ぎたところで右折し、半島を南から北へと横断します。きつい上りの途中で突然、眩しい陽の光が目に飛び込んできました。この日のランが、暑さとの闘いになることを予感させます。

朝日.jpg

日本海の色は天候によって全く違ってくるのですが、好天だったこの日、半島北側の海面の色はすでに夏色のブルー。ただしPM2.5の影響なのか、視界は必ずしもクリアとは言えないものでした。


半島北側.jpg

集落の近くの沿道で、声援を送っている地元の人達や、

応援.jpg

双子のような小島や、

双子の小島.jpg

人の気配の無い小さな漁港の風景などにふと見とれてしまい、たびたび足を止めてカメラのシャッターを押している私でした。


漁港.jpg

30キロを少し過ぎたところで、700本のソメイヨシノの並木道が5キロほど続く「チェリーロード」へ入ります。この間はアップダウンもあり、ペースを落としながらのランになりますが、木立がつくる日陰で暑さから逃れることができるので、私にとってはホッとする区間でした。

チェリーロード.jpg

42キロあたりの須々海海岸では、洗濯板で心もゴシゴシ洗いました。



洗濯板.jpg

その直後に、去年もお会いした「麦わら帽子のウサギさん」に遭遇。他の大会も含め、今まで何度か出会っていますが、今回は初めて正面からのショットを撮らせてもらいました。



麦わら帽子のウサギさん.jpg

さて、このあたりまでは楽しい気持ちで走っていたのですが、この先から急にトーンが落ちることになります。なぜなら、できれば見たくない光景が、目に入るようになったからです。

それは島根原発。現在、ここにある3基の原発はいずれも稼動していません。1974年に運転を開始した1号機は廃止が決まっていますが、1989年に開始した2号機と、新しく完成した3号機については、それぞれ稼動に向けた動きが出ています。原発それ自体が危険きわまりないものであることに加え、発電の過程で生み出される放射性廃棄物の処理については目処すら立たない(立つはずもない)のに、あえてこれを進めることは、無責任の極みであると私は考えます。

ちなみに現在、原発から30キロ圏内は緊急防護措置区域(UPZ)として、原発事故の被害を想定した広域避難計画などが立てられます。島根原発から大山山頂までは、直線距離で50キロほどなのでUPZには入りませんが、「一つ間違えば国土の東半分は住めなくなる可能性があった」と言われる福島の事故を思い起こせば、島根半島も大山も三瓶山も蒜山も羅漢山も、そしてもっともっと遠くまで、人の立ち入りができなくなる可能性は十二分にあります。チマチマした“対策もどき”など、欺瞞以外の何ものでもありません。
それなのに、鉄条網で囲まれた広大なその敷地は毎年、確実にその範囲を広げているようです。残念ながら今回も、美しい島根半島が新たに傷つけられ、山が切り開かれていました。



拡大する島根原発用地.jpg

敷地を囲む鉄柵には、あちこちに『発電所の撮影はご遠慮ください』という看板が設置されています。しかし私の場合、「遠慮は体に悪い」と思っているので、これを無視してバシバシと写真に撮りました。
それにしても、そんな私の姿は、柵に取り付けられたおびただしい数の監視カメラによって、しっかりと無断撮影されていることでしょう。『撮影はご遠慮ください』という看板の言葉は、そっくりそのまま中国電力さんへお返ししたいと思います。

撮影はご遠慮ください.jpg

とまあ、こんなことにいら立ちながらここを通過したところで、50キロ地点へ到着です。時刻は11時54分で、スタートしてから6時間24分が経過していました。自己ワースト記録でゴールした昨年は、この地点の通過が6時間9分でしたが、今回はそれよりさらに15分も遅いタイム。ここからは、関門時間を気にかけながら、ハラハラ、ヒヤヒヤのランになっていきます。



50キロ地点.jpg



★「後半へ」進む → http://t-tono.seesaa.net/article/459821693.html



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村

ラベル:ウルトラ
posted by との at 23:38| 鳥取 ☔| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

比叡山 International Trail Run 2018(後半)

このエイドを出て20分ほど進んだところで、青いかぶり物をまとってランナーを応援していた女性が私に、「お父さん、がんばって!」と声をかけてくれました。
お愛想かもしれませんが、今まで「お兄さん頑張って」と言われることは、よくありました。しかし、「お父さん・・・」は初めてでした。まあ実際は、「お爺ちゃん」と言われてもしかたがない私なので、「お父さん」でも喜ばなければならないでしょう。しかし、このところ加齢による力の衰えを感じることがたびたびあるだけに、正直言ってちょっとショックではありました。

着ぐるみで応援.jpg

この後、2キロで450mの標高を下げる下りへ入ります。

下る.jpg

谷底で丸太の上を渡ると、

丸木を渡る.jpg

次は一転、3キロで500mも登って横高山の山頂へ向かいます。ここが、一番きついところでした。

横高山2.jpg

ピークを過ぎると、下り基調ながら激しいアップダウンが続きます。この間は、若い「お兄さん」たちの俊敏な動きにとても付いていけず、次々と追い抜かれていきました。

下りで抜かれていく.jpg

このコースでは、前半でも後半でも何度か琵琶湖が臨めます。時どき足を止め、その光景を写真に収めました。

琵琶湖が見える.jpg

さて、コースマップを見ると、34キロあたりから42キロあたりまでは長い舗装路が続くようになっていました。この間でタイムを稼げるものと目論んでいたのですが、あにはからんや、この区間に入ったとたん、きつい上りがはじまったのです。しかも、急なところは15%くらいもある厳しいもので、タイムの挽回どころではありません。

舗装だけど上り2.jpg

この坂を登り切ったところにある第3エイドは、37キロ地点となる仰木エイド。ここの到着時間は午後5時48分でした。
マップを見ると、関門となっている次の第4エイドの横川駐車場までは、舗装路を5キロを下り、トレイルを3キロ上るようになっています。第4エイドの関門時刻は午後7時ですが、2組スタートの私の場合は午後7時20分なので、そこまでにあと1時間32分あることになります。トレイルの状況にもよりますが、「たぶん大丈夫だろう」と思いました。
終盤に備え、仰木エイドでおにぎりやスープなどをいただいているとき、そばにいた2人のランナーが、「次の第4エイドまでの関門が厳しいけど、そこを通過すればゴールは大丈夫」と話しているのが聞こえました。



仰木エイド.jpg

第3エイドを出てからの長い下りの舗装路では、前後を走るランナーがほとんどいなくなり、なんだかエアポケットに入ったような気分です。しかし、なぜか焦りを感じることはなく、そのままマイペースのランを続けてしまいました。

仰木エイドからの下り.jpg

上りに入り1キロあまり進んだところで、路傍にいたスタッフが私に、「関門まで1.7キロを13分です」と通告しました。時計を見て、午後7時まであと13分ということがわかりました。スタッフは同じ言葉を、私のすぐ後ろに続いていたランナーにも伝えています。見ると、彼のゼッケンは私と同じピンク色なので、2組スタートのランナーとわかりました。
私が彼に、「僕たちは2組だから、プラス20分ありますよ」と言ったところ、そのランナーは、「ああ、そうですね」と答えました。しかし、このやりとりを聞いたスタッフが、「いいえ、ゴールの関門では20分の差がつけられますが、途中の関門は同じなので7時です」と言ったのです。
「えっ、そうなんですか?」という私に、スタッフの答えは一言、「はい」。
平地か下りなら「1.7キロを13分」も可能だったかもしれませんが、まだ上りが続いていそうです。後ろにいたランナーは私に、「絶対間に合いませんね」と言ったものの、スピードを上げて前に出ていきます。私も彼を追うようにして走りましたが、厳しい階段状の上りが登山道に変わったところで午後7時を迎えてしまいました。

最後の階段.jpg



なかば放心状態で第4エイドの関門へたどり着いたのは、7時4分。「お疲れさまでした」というスタッフの声で、私のランは、確かにここで終わったのだと思い知らされました。


第4エイドの掲示.jpg

ここには、関門アウトとなった数人のランナーの姿がありましたが、中には力尽きて地面に倒れている人もいます。その脇で時折り、ここの関門時間が午後7時30分の50マイル部門のランナーが、スタッフの歓声に迎えられ、そして送り出されていきます。まさに、明と暗のコントラストを見るようでした。



倒れこむランナー.jpg

それにしても、残り5キロの地点で4分遅れのタイムアウトという結果は、思い返すと悔やまれるところが無いわけではありません。
ほぼ最後尾からのスタートで、序盤のラッシュの影響を大きく受けてしまいましたが、もしも前の方に並んでいたら、今回の遅れくらいは十分解消できたことでしょう。
あるいは、途中の関門時間は出走の時刻に関係なく同じであることを知っていれば、後半の走りで5分や10分を削りだすことは、決して不可能ではなかったと思います。
さらに言えば、もしも出走順が2組でなく1組に振り分けられていたら、同じペースで来た場合、45キロの関門も16分前に通過できていたことになります。
しかし、それらも所詮“たられば”の話。運も含め、完走を摑み取れなかったのは結局、自分の力不足と言わざるをえません。

そう言えば、この大会のテーマは「PUSH YOURSELF TO THE LIMIT(挑め、己の限界に)」。帰宅してバッグから取り出した参加賞のマグカップを見たとき、鏑木さんが開会式で「自分の限界に挑戦し、それを乗り越えて行ってほしい」と言っていたことを思い出しました。今回、そんな気持ちを持たないまま出走してしまった私は、あらためてこの言葉をかみしめています。この経験を、今後に生かしていくしかありません。


挑め、己の限界に.jpg


(私の記録)
タ イ ム 第2関門に10時間4分(4分超過)でタイムアウト
総 合 順 位  − 位/742人(50Km部門出走数)
完 走 率  72%(535/742人)


★ 「前半」へ戻る → http://t-tono.seesaa.net/article/459462703.html



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 01:02| 鳥取 ☔| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

比叡山 International Trail Run 2018(前半)


5月12日(日)は、「比叡山 International Trail Run 2018」に初めて参加しました。
プロトレイルランナーの鏑木毅さんがプロデュースするこの大会は、今回が4回目という比較的新しい大会です。
当初は50キロ部門のみで始まりましたが、昨年からは50マイル(80キロ)部門も新設されました。しかし、50マイルの11時間30分という制限時間は、50キロ部門の制限時間よりわずか30分長いだけ。そのため、昨年の完走率はわずか20%という恐ろしいものでした。50マイル部門は、私のレベルではとうてい視野に入るものではありません。
他方、私が出た50キロ部門も累積標高差が3,700mという難コースで、完走率は15年が46%、16年は不明で17年は76%と決して高くはありません。完走できるかどうかは「五分五分」と見ていましたが、45キロの関門に4分間に合わずにタイムアウトという残念な結果になってしまいました。

開会式の鏑木さん.jpg

当日は、延暦寺境内の大黒堂前での開会セレモニーが終わると、まず午前8時50分に50マイル部門の80人がスタートしていきました。

50マイルのスタート.jpg

50キロ部門の出走数は742人でしたが、スタートはこれを2組に分けてのウェーブ方式。第1組が午前9時に、そして第2組に振り分けられた私たちは9時20分に出走しました。うかつにも直前にトイレへ行った私は、集団のほぼ最後尾からスタートすることになってしまいます。結果的には、これが運命の分かれ目だったかもしれません。



最後尾につける.jpg

境内を3分ほど走り、東塔と阿弥陀堂の間を抜けたところから山へ入っていきます。

東塔の前.jpg

ところが、ここでいきなりの渋滞。

ラッシュ.jpg

これを抜けた後も3回か4回の渋滞に会い、そのつど数分のウェイティング。進めるところもひたすら登りの狭い山道のために追い越しはきわめて困難で、序盤はストレスの溜まる展開となりました。



追い越し困難.jpg

スタート後40分ほどたって、ようやく走れるところが出てきます。



やっと走れる.jpg

倒木をよけ、

倒木を避ける.jpg

渓谷を抜け、

沢を走る.jpg

尾根道も疾走していきます。

尾根道を走る.jpg

山を駆け上がったところには、通り過ぎるランナー一人ひとりへ握手でパワーを送っている鏑木さんの姿がありました。

鏑木さんと握手.jpg

約11キロ地点の第1エイドへ到着したのが、11時20分。この日の最高気温は27度と予報されており、ここでは水をかぶるランナーもいます。

水をかぶるランナー.jpg

この後、標高をいったん500メートルほど下げたあと、

下りが続く.jpg

再び600メートル近く登り、スタートした延暦寺境内へと帰ってきました。

延暦寺へ.jpg

宿坊 延暦寺会館の前に設置された第2エイドでは、まず蕎麦をいただき、続いてうどんも食べました。このエイドが約20キロの地点になりますが、次の第3エイドまでは17キロほどあり、その間は大きな二つの登りを含んだアップダウンを繰り返すコース設定になっています。時間を惜しむよりも、十分な補給をしておく必要があったからです。


蕎麦.jpg

エイドの直後にある関門を通過した時刻は、午後1時38分。ここの関門時刻は午後2時なので、第1組より20分遅れでスタートした第2組の私は「関門時刻42分前の通過」と、その時は思っていました。これが大きな勘違いであるとは、知る由もありません。

関門通過.jpg


★ 「後半」へ進む → http://t-tono.seesaa.net/article/459554729.html

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村

posted by との at 08:55| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする