2017年05月07日

川の道フットレース(日本横断ステージ・1/2)


ゴールデンウィークは、「第13回日本横断 川の道フットレース」の日本横断ステージに参加しました。

この大会は、東京の荒川河口から延々と上流へ上っていき、甲武信岳の分水嶺を越えてからは信濃川・千曲川に沿い、新潟の日本海へと続く総距離520キロの「川の道」を走るものです。
私は今までに、いわゆる「100キロマラソン」と「100キロ以上200キロ未満のウルトラマラソン」に、それぞれ29回と7回出場してすべて完走。また200キロ台の大会には10回出場し、うち9回を完走しています。
「川の道」も昨年、コース後半の254キロを走る「千曲川〜信濃川ステージ」へ参加し、足の痛みから不本意なタイムではありましたが一応、完走を果たしています。
今回は、初めての500キロ超という未体験ゾーンへの挑戦なので、期待と不安に胸が高鳴りました。とはいえ制限時間が132時間もあることから、無理せずにゆっくり行けば必ずゴールできるものと信じていました。
なお今回は、本来のルートである林道金山志賀坂線の斜面崩落復旧工事が間に合わず、145キロ地点から237キロ地点までのコースが直前に一部変更され、総距離は513.5キロに短縮されています。
さて結果は、中間点の小諸で無念のリタイア。500キロどころか、その半分の259キロで“海の藻くず”ならぬ“川の藻くず”となってしまったのです。ウルトラではなにが起こるかわからないことを、あらためて思い知らされました。




チラシJpeg.jpg

レーススタートは4月30日。荒川河口の葛西臨海公園には、120人あまりのランナーが集結し、快晴の中で開会式が行なわれました。


開会式.jpg

午前9時、ホイッスルの音を合図に鯉のぼりが飾りつけられたコースへと出ていきました。ゴール関門時刻は、5日後の5月5日午後9時。先が長いだけあって、みんなゆっくりしたペースです。

スタート直後.jpg

公園の木立を抜けると、荒川の河口から左岸の管理道に沿って北を目指します。

荒川河口付近.jpg

ほどなく橋を渡り、コースは右岸に変わります。



荒川右岸を走る.jpg

荒川の河川敷はとても広いので、管理道沿いにはグラウンドがたくさんあり、野球やサッカーをしている子どもや大人達の姿をあちこちで見かけました。

野球をする子どもたち.jpg

この日は、7月上旬なみの暑さになると予報されていました。実際、日陰のまったくない河川敷を、強い日差を受けながら走ることになります。オフィシャルなエイドは39キロ先でしたが、私たちのために私設のエイドが複数用意されており、とても助かりました。

私設のエイドステーション.jpg

戸田市に入ると、彩湖の湖畔をしばらく走ります。ここには途切れとぎれに木陰があり、ほっと一息つきました。


彩湖畔.jpg


さて私は、昨年の大会データの分析から、記録が公表される6カ所のチェックポイントをそれぞれ80位で通過したランナーの記録をクリアしていけば、間違いなく完走が狙えるものと踏みました。途中、コース変更があった部分は無視せざるをえませんが、それ以外のチェックポイントでは、これを指標にして走ることとしました。名付けて『80位大作戦』です。

まず39キロ地点の彩湖北端へは13時42分の到着で、ほぼ想定どおりです。

CP2 彩湖畔エイド(30日13時42分・39キロ地点).jpg

この後は、サイクリングロードをひた走ります。途中の路面に、『信じて 川のみち』という石灰で書かれたメッセージを見つけました。スタート後6時間半を経過し、そろそろ疲れを感じはじめた頃でしたが、スタッフの心遣いに力が湧いてきました。

信じて川の道(30日15時24分).jpg

67キロ地点の桜堤公園入り口への到着は、17時58分。この時点で、想定より20分ほど早いタイムです。

CP3 桜堤公園入口(30日17時58分・67キロ地点).jpg

76キロ地点となる鴻巣市の大芦橋のエイドのメニューは、各種のカップラーメン。夕方頃までは食欲があった私も、陽が落ちてからは胸がむかつくようになり、水以外のものは受け付けなくなっていました。ここはスルーして、先を急ぎます。



CP4 鴻巣市・大芦橋(30日19時46分・76キロ地点).jpg

なおサイクリングロードはここで終わり、この先は、国道や県道、林道などを走り継ぐことになります。夜間走は嫌いではありませんが、この時間になると前後のランナーはかなりばらけていました。地理に不案内なところでは道迷いが一番心配なので、できるだけ前のランナーを見失わないように気をつけました。

夜間走(30日23時38分).jpg

それでも一人になってしまたときは、事前に注意点を書き入れたマップを見ながら、慎重に進みます。

マップ(5月1日午前1時27分).jpg

110キロ地点の寄居町の波久礼駅前の到着は、日付が変わった5月1日の午前2時36分。作戦の想定より40分ほど早い時間です。順調に進んでいるものと判断しました。

CP6 波久礼駅前(1日2時36分・111キロ).jpg

しかし、このあとは歩きと走りを繰り返すようになり、特に夜が明けてからは足の裏が痛みはじめたため、歩きが多くなりました。しかし他のランナーも同じ様子なので、焦らずに進んでいきました。

ひたすら歩く(5月1日午前10時30分・約130キロ地点).jpg

さて、コース上には宿泊のできるレストポイントが3カ所設置されています。初めのレストポイントである小鹿野町の国民宿舎「両神荘」へ到着するしばらく前から、雨粒がポツリポツリと落ちかけていました。しかし、本降りになる直前の正午過ぎにここへ到着することができ、幸いにもずぶ濡れになることは避けることができました。


両神荘へ到着(1日12時9分・151キロ地点).jpg

各レストポイントでは、それぞれ2時間以上の休息が義務づけられています。2日や3日で終わるレースなら完全徹夜でいくことはよくありますが、先の長い大会なので、ここは焦らずにいくことにします。
足裏の痛みの回復も期待し、温泉にゆっくり浸かってから体育館へ行き、布団にくるまれました。
アラームはあえてセットしませんでしたが、きっちり2時間後にすっきりと目が覚めました。
起きだすと特設された食堂へ。いつしか胸のムカつきも治まっていたので、スタッフが手作りしたカレーライスやサラダをしっかりいただくことができました。

食堂.jpg

1日の16時25分に両神荘をリスタート。玄関ではスタフッが、「小諸のキャッスルホテルで待ってますよ」と言いながら、ピースサインで送り出してくれました。
このとき、いくぶん足が浮腫んでいたと思います。シューズが少しタイトに感じられたので、かがみ込んでいったん紐をほどき、緩くして結び直しました。ひょっとしたらこれが、その後に訪れる最悪の結果の一因になったのかもしれません。


両神荘を出発(1日16時25分).jpg


「日本横断ステージ 2/2」へ進む → http://t-tono.seesaa.net/article/449859248.html



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
タグ:超ウルトラ
posted by との at 18:02| 鳥取 | Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

京都一周トレイルラン2017(東山・北山コース)


4月15日(土)は、「京都一周トレイルラン2017(東山・北山コース)」に参加しました。この大会では山科をスタートし、大文字山、比叡山、大原などを経て静原までの30キロを走ります。
なお、これと主催者は異なりますが、「東山三十六峰マウンテンマラソン」という大会も別にあります。こちらの方は、国際会館近くの宝ヶ池公園をスタートして、比叡山、修学院山、茶山、大日山、清水山など、京都東山の三十六峰を駆けめぐって伏見稲荷大社境内へゴールするもので、距離は同じく30キロです。
「東山三十六峰」には、10年ほど前に2回出場しました。今回の大会はこの時とは逆回りですが、東山の部分のコースは、重なるところが多かったようです。

さて、スタート地点は山科の毘沙門堂。6つにグループ分けされたランナーたちは、8時30分スタートのグループを最初に、5分間隔でスタートしていきます。私は第2グループ。満開を少し過ぎた境内の桜が、ランナーを見送ります。

スタート.jpg

スタートして1キロほどで、杉の林へと入っていきます。

杉林.jpg

登り基調のトレイルを進んでいくうち大文字山へ。市街地を一望できるこの場所が、このコース随一のビューポイントなのでしょう。しかし、あいにくの曇り空と、遠くの方がやや霞んでいたのは少し残念でした。

大文字山から.jpg

この後は、ウォーキング指定された大文字の火床の部分をとおり、銀閣寺横まで降りていきました。

大文字山から下る.jpg

銀閣寺門前の参道は避け、京都朝鮮学園の校庭を横切ります。スタッフからは事前に、「授業中なので、静かに通り過ぎてください」との注意を受けていましたが、いくつかのクラスでは生徒達が校舎のベランダに立ち、「ファイト〜!」と大声で声援を送ってくれていました。
とても嬉しいけど、君たち授業は大丈夫なの?

朝鮮学園.jpg

ここからは、白鳥山、てんこ山を経て叡山電鉄のケーブル比叡駅へ向かいます。
登ったり、

登る.jpg

下ったり、

下ったり.jpg

木橋を渡ったりしながら、進んでいきました。

川を越えたり.jpg

約15キロの地点にあるケーブル比叡駅の直前で、突然の強い雨。多くのランナーがそうしているように、私も上半身にレインウェアを着込みました。しばらくして雨が止むと、あたりは深い霧に包まれ幻想的な雰囲気がただよいます。

かすむ.jpg

延暦寺の寺域に入ると、またもやウォーキング指定。釈迦堂の横を通ったあとは、再びトレイルへ入っていきました。

釈迦堂.jpg

この後は、横高山と水井山を越えていきますが、その間は、激しいアップダウンの繰り返し。登りでは、木の根につまずかないよう注意しながら進みます。

木の根.jpg

下り斜面も、雨に濡れて滑りやすくなっています。ひどい状態ではないものの、気をつけながら下っていきました。

下りは注意.jpg

山道を下り切ったころ、樹々の間から日差しが射し込んできました。思いがけず、天候が回復してきたのです。

再び陽光が.jpg

大原の里に出ると、高野川の土手の桜がちょうど満開。この光景を撮ろうと、足を止めてスマホを取り出すランナーもいました。

川面の桜.jpg

そして最後の短いトレイル。

最後のトレイル.jpg

これを抜けてから村の中をしばらく走り、静原神社の鳥居をくぐるとゴールです。きつく美しく、変化に富んだトレイルは、京都の奥深さをより強く感じさせるものでした。

静原神社へゴール.jpg


(私の記録)

タ イ ム 5時間25分54秒
部 門 順 位 308位/479人(男子/出走数)
完 走 率 男子:95%(457/479人)
      女子:99%( 82/ 83人)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
タグ:トレイル
posted by との at 01:17| 鳥取 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

第39回 日吉津村チューリップマラソン


4月9日(日)は、「第39回 日吉津村チューリップマラソン」の10キロコースを走ってきました。10年ぶり、2回目の参加です。
開会式が行なわれたのは日野川の河川敷で、対岸は米子市になります。日吉津村は、面積がわずか4.2uという小さな村。平成の大合併以前は鳥取県に4つの「村」があったのですが、他の3村は合併により消滅しました。いまや日吉津村は、県内に残る唯一の「村」なのです。

村長さんによれば、この大会が初めて開催された昭和54年に2500人だった村の人口は昨年、3500人を越えたとのこと。最近では、公民館機能・図書館機能・健康増進機能をもった複合施設「ヴィレステひえづ」を整備するなど、子育て施策には特に力を入れておられるようです。



会場風景.jpg

さて、この大会では10キロの他に1キロと3キロと5キロのコースもあり、参加者数は1800人あまり。屋台のテントも並んだ会場は多くの親子連れなどで賑わっていました。
いまどき珍しく当日のエントリーも可能ですが、私はもちろん、温泉入浴券が付く事前エントリーでの参加です。

受付.jpg


受付では、参加費の領収書を提示してナンバーカードを受け取るのですが、私に差し出されたナンバーはなんと「4」。
私がもしも俊足ランナーなら、「これはエースナンバーさ」とうそぶいてみせるのですが、なにせ鈍足ランナーなので心の動揺は隠せません。どうしても、「4=SI(し)=死」って思ってしまいます。「この大会で、なにか不吉なことが起きる」・・・そう予感した私です。
それにしても、いつか必ず訪れる私の“Xデイ”も、このように何の前ぶれなく、ある日突然やって来るのでありましょうか?


ゼッケン.jpg



気を取り直して、走りの方です。
はじめに1キロ、その次に私たち10キロコースのスタートとなります。



[1キロコースのスタート]
1キロコースのスタート.jpg

河川敷の桜並木は満開でしたが、あいにくどんよりした天候なので、その色合いは今ひとつ鮮やかさを欠いていました。

桜並木.jpg

それでも、所々で村の人たちの声援を受けて元気をもらいます。


交差点.jpg

真っ平らな村なので「アップダウンは無い」と言ってもいいでしょうが、しいて言えば、日野川の土手に駆け上がる部分だけが唯一の上りでした。

河川敷の土手へ.jpg

河川敷の道路を河口に向かっていくと、その先に広がるのは日本海。

河川敷.jpg

王子製紙の巨大な工場は、この村の田園風景にすっかり融け込んでいます。



王子製紙.jpg

さて、私はこの日の目標タイムを一応「50分」としましたが、このところ不調が続いているので、内心では「55分が切れれば上等」と思っていました。ところが、アップダウンがほとんどないコースが幸いしたのか、終始キロ4分50秒くらいのペースを維持したまま走ることができました。
終盤に入り、「これなら48分チョイのゴールになりそう」と考えはじめた頃、ゴールが視界の中に。そのまま、あれよあれよという間にゴールへ吸い込まれていきました。
タイムはきっかり47分。「ラストでそんなに飛ばしたっけ?」と不思議な気がしてガーミンを見ると、距離が250メートルほど足りていません。ここはあえて、距離の誤差ではなく、ガーミンの誤差と思うことにしましょう。

ゴールの光景.jpg

完走したランナーは、ゴール地点にある畑でリューリップを5本もらえます。私はピンクの花にしました。ことしは成長が遅く、まだあまり色づいていませんが、家の庭で咲いてくれるのが楽しみです。

チューリップ畑.jpg

この後は河川敷の会場へ戻り、楽しみしていた「みそ汁サービスコーナー」へ向かいました。ところがここは、200人を越える長蛇の列。昔から、「あわてる乞食はもらいが少ない」と言ったものです。ここは慌てず騒がず、車に置いていたバックを取りに行き、更衣用のテントで先に着替えを済ませることにしました。
この間約20分。再び会場へ戻ると案の定、2列に並んだ行列の長さは4分の1くらいになっていました。
ここに並んで数分後、みそ汁コーナーのスタッフが、私の前の男性へみそ汁を渡すと同時に「これで最後です!」と高らかに宣言。目前にして、みそ汁が底をついたのです。これこそ、「4」のゼッケンをいただいたときに予感した、不吉なできごとに違いありません。

汁碗を受け取った男性は、左側に並んでいた女性へ申し訳なさそうに、「僕はいいですから、どうぞ」と渡そうとしました。これに対し「いえいえ私はいいですから、どうぞ」と、遠慮する女性。嗚呼、なんという美しい光景でありましょう。日本人の美徳、ここに極まれり。
ここで私は、「まあまあお二人さん、そんなに揉めなさんな。そんなに揉めるならそのみそ汁、私がもらってあげましょう」と、仲介を申し出ようかとも思いました。しかし、それをやったらまさに“万死に値する”ことになりそうなので、さすがにやめておきました。どうです、私って紳士でしょう。

[空になった大鍋]
鍋は空.jpg



(私の記録)

タ イ ム 47分00秒
部 門 順 位 健康マラソンなので計測なし


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 




タグ:ハーフ未満
posted by との at 10:51| 鳥取 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

瀬戸内アイランドトレイル2017




3月26日(日)は、呉市の上蒲刈島(かみかまがりじま)で開催された「瀬戸内アイランドトレイル in 呉・とびしま2017」のロングコース部門に参加し、21キロのトレイルを走ってきました。
瀬戸内海に浮かぶ島の中のコースであるがゆえに、トレイルなのに美しい海の景色が何度も見られるという、オンリーワン的な大会です。

さて、前日の天気予報では「当日は雨」ということでしたが、「瀬戸内だったら晴れだろう」と高をくくっていた私の図太さの方が勝り、この日は「晴れ時々薄曇り」。絶好のトレラン日和となりました。

ロングの部のスタートは2つのグループに分けられており、午前8時30分にAグループが、その15分後には私たちBグループも「県民の浜」の広場からスタート。

スタート.jpg

ロードを進むと、すぐに海岸沿いに出ます。

海岸沿いを走る.jpg

スタートして2キロあまり進んだ地点から、山道へ入っていきます。4か月半ぶりにトレイルを走った私には、土の香りがとても新鮮でした。

トレイルへ.jpg

さらに行くと、足元は整備された階段へと変わります。この長いことといったら・・・。


階段を上る.jpg

この間に400メートルあまり標高を上げ、ようやく最初の山を越えました、その後は当然ながら、急な下りとなります。


下る1.jpg

だいぶ下ったところで、チョロッと舗装道路を走りました。

ロード1.jpg

で、またまた次の登りを頑張ります。

再び登る.jpg

2つ目の山を越え、何度か倒木をくぐりながら下っていきます。

倒木をくぐる.jpg

下り終えて舗装路を走っていると、安芸灘大橋が見えました。

安芸灘大橋.jpg

そして三たびの登りと、

三たびの登り.jpg

三たびの下り。

三たびの下り.jpg

三たびの舗装路では、眼下に瀬戸内海の絶景が広がっていました。

眼下には瀬戸内海.jpg

「真珠の浜」では、思わず足を止めて見とれるランナーも。

真珠の浜.jpg

残り1キロほどになると、微妙なアップダウンに歩きを入れるランナーもいました。しかし私は、鈍足ながらも根性のランで進みます。

最後のアップダウン.jpg

最後は、ちょこっと砂浜を走り、

砂浜.jpg

4時間近くかかったものの、無事にゴールへたどり着くことができました。

ところで私は、大会の前夜祭にも参加しました。ご馳走も美味しかったし、地元の青年会の皆さんの「恵比須大黒縁起」等の上演もあって、とても楽しい雰囲気です。

青年会.jpg

会場には、大会プロデューサーであるプロトレイルランナーの奥宮俊裕さんの姿もありました。私は「ここぞ!」とばかりその傍に寄っていき、話しかけることに成功しました。


との「私は昨年から4回、奥宮さんにお会いしています」
奥宮「そうなんですか」
との「はい、今回と三原白竜湖トレイルと可部連山トレイル(いずれもの大会も奥宮さんがレースアドバイザー)、それと8月のUTMBでもスタート前にお見かけしましたが、畏れ多くて話しかけられませんでした」
奥宮「UTMBに出られたんですね」
との「はい、ギリギリですけど完走しました。つまり、この時は奥宮さんに勝ったというわけです。フッフッフッ」
奥宮「うぐっ・・・」


実は昨年のUTMBで、奥宮さんは途中リタイアという結果だったのです。私の“上から目線”の一言に、奥宮さんは「負けました〜ぁ!」と言って、上半身をガクッと前に折りました。
こうなればもうこっちのペース。抵抗できなくなった奥宮さんに、「一緒に写真お願いしますね」と畳みかけ、ちゃっかりツーショットを撮らせてもらったというものです。これは大きな収穫でした。シメシメ。

とのと奥宮さん.jpg



(私の記録)

タ イ ム 3時間54分13秒
部 門 順 位 287位/385人(ロングコース男子/完走数)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
タグ:トレイル
posted by との at 01:04| 鳥取 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする