2017年09月02日

DAISENーGURURINPA


大山の裾野をぐるりと囲む環状道路を一周するランは、今までに3回経験しています。私がこれをやる時は、いつも一人。その理由は、63キロという距離もさることながら、累積標高差1,691メートルにもなるハードなアップダウンが、気軽に走友たちを誘い込めるものではないと思っていたからです。
とはいえ私以外にも、このコースにチャレンジする変人たちは稀にいるようです。一部のキワモノ趣味のランナーたちが、これを『大山グルリンパ』と称し、秘かな楽しみにしていることは薄々知っていました。

そんな中、走友である岡山のたんげさんが、大胆にもこれを走る仲間内イベントを『DAISENーGURURINPA』と銘打ちプロデュース。地元に住んでいる私としては、「据え膳食わぬは男の恥」とばかり、決して重くはない腰を“ヒョイ”と上げ、これに参加したというものです。

[コース図・たんげさん作成]



さて、決行の日となった8月26日の土曜日に、大山情報館の駐車場に敢然と集結した勇者は総勢17人。呼びかけ人のたんげさんの地元である岡山からの参加が多いのは予想どおりでしたが、奈良や大阪、京都や香川などから駆けつけたランナーもいました。ちなみに県内からは、いずれも西部在住のテッシーさんとアッキーさん、それに私の3人だけでした。

駐車場で.jpg

スタートは午前6時のはずでしたが、そこは“ゆる〜い”仲間内企画。みんな慌てず騒がずにゆっくりと準備をし、6時25分になってようやく、「そろそろ行くかあ」と走りはじめました。

スタート直後.jpg

それにしても、みんな早い。というより私が遅い。桝水高原までの微妙に下る4キロほどの間に、前を行く“ヘンタイたちの編隊”からしだいにひき離されていきます。二の沢を通過する頃には、私の後を走るランナーは、1人か2人になっていました。


二の沢の手前.jpg

スタートしてから14キロほど走って御机を越えると、鏡ケ成までずっと続く上り坂に差しかかります。ここで、道路脇の立ち木に「クマ出没 注意」の貼紙。念のためにクマ鈴は持っていたものの、少し不安になりました。

クマ出没 注意.jpg

それでも、ブナ林を抜けて左手に烏ケ山が見えてくれば、鏡ケ成まではあとわずか。しかし、あいかわらず私のピッチは上がりません。この時点で、ビリから2番目だったと思います。

烏ケ山.jpg

20キロ地点の鏡ケ成休暇村の前にさしかかったのが、午前9時10分。タイムロスを嫌ってスルーしようとしたとき、ここから出て来る2人の女性ランナーが見えました。お互いに手を挙げ、エールを交わします。

休暇村.jpg

岡山からやってきたというこの美ジョガーペアMさんとIさんとは、下りに入ってから抜いたり抜かれたりしていたのですが、私が一旦先に出た後、コース上にその姿を見ることはありませんでした。
そしてゴール後に知ったのですが、この2人は約30キロ地点の地蔵峠のあたりの分かれ道で、左折すべきところを“迷わず”直進し、倉吉市方面へずーと進んでしまうという見事な道迷い。あるはずのないコンビニの出現でミスに気づいたものの時すでに遅く、完走は諦めてヒッチハイクでコースへ復帰しようと試みたそうです。幸いにも優しい自衛隊のおじさんに拾われて、なんと40キロも離れたゴールまで送り届けてもらってハッピーエンド。この逸話は、参加したランナーの間で、末永く語り継がれることでありましょう。


やがて迷子になる2人.jpg

さて、私はその後、テッシーさんなど3人のランナーに追いつき、しばらく話をしながら走りました。テッシーさんたちは、少し日射しが強まってきた中を、道ばたのカカシと記念撮影をするなどして、エンジョイランニングを満喫しているようでした。

カカシと記念撮影.jpg

三本杉集落のT字路を左折して船上山までの山越えの道に入ると、道幅がとたんに狭くなります。ここを車が通ることはほとんどなく、たまにサイクリング車が走る程度でした。

サイクリング.jpg

この山を越えたあとで、船上山ダムの堰堤を渡ります。湖面から上方へ視線を移すと、凛々しくそびえ立つ船上山の岩肌が見えました。この地点で約44キロなので、コースの3分の2を走ってきたことになります。疲れはピークに達していましたが、上り坂でも脚を止めることはせずマイペースで走り続けました。

船上山とダム湖.jpg

約55キロ地点の香取高原から62キロの豪円山までずっと上りが続きますが、この間に1キロほど、道路が一直線に延びているところがあります。まるでその先にある山へ吸い込まれていくかのように錯覚するこの光景に、新鮮な感動を覚える私でありました。

一直線の道.jpg

豪円山への上りの途中で、先行するランナーの赤いウェアが視界に入ったのでこれを追いかけ、一時は100メートルまでその差を縮めます。しかし、終盤に再び引き離されてしまい、順位を変えることはできませんでした。

赤シャツ.jpg

それでも、午後4時18分に情報館の駐車場へ帰着。タイムは9時間53分と、目標としていた10時間をかろうじて切れたので、私としては上出来のランと言えるものでした。

ゴール地点.jpg

そしてこの後は、ペンション村のゲストハウス「大山バックパッカーズ」へ移動し、「ビール・日本酒、焼酎攻め」で、ランでは鍛えられない肝臓を集中的にトレーニング。それにしても、この宴に用意されていた500mlの缶ビールは、なんと100本。昼間のランとは打って変わってハイペースで飛ばした私ですが、下戸なので3本半で白旗を上げてしまいました。

宴会.jpg

さらに、翌日午前のプログラムは大山登山。さすがに走って登ることはしませんでしたが、登山開始から100分で山頂に着き、“GURURINPA”と四方の山を見おろす、我らヘンタイ集団でありました。

山頂で.jpg


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 23:12| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

なかばトレイル蒜山2017


8月12日(土)は、岡山県の蒜山三座を駆け巡る「なかばトレイル蒜山2017」に出場しました。この大会では、総距離24キロのうちトレイルが11キロで、残り13キロは主に自転車道というコース設定となっています。
さて、昨年のエントリー数は119人だったのに、今年はわずか59人。ほぼ半減したのは、昨年の大会での尋常ではない暑さに、多くのランナーが怖れをなしてしまったためかもしれません。
ところが今年は昨年と打って変わり、小雨が降ったり止んだりと“涼”を感じさせる天候となりました。過去6回参加した私の経験では、始めから終わりまでずっと涼しかったのは、今回が初めてのことです。
スタートは午前7時。蒜山高原スポーツ公園そばの自転車道から出て行きます。天気がよければ視界の先にあるはずの蒜山の山並は、深い靄に包まれ、その姿を見せていませんでした。

自転車道からスタート.jpg

走りだしてから3分ほどたったとき、併走していたランナーが私に、「虹が出ている」と教えてくれました。前を行くランナーの背中ばかり見ていた私は、言われて初めてそれに気づきます。虹の円弧は、はるか先にあるゴールゲートのようでもありました。

虹が出ていた2.jpg

そしてこの時、昔々その昔、青春時代真っただ中だった私の心のアイドル天地真理が歌っていた『虹をわたって』のフレーズが、突然脳裏に去来したのです。


♪ 虹の向こうは (マァリちゃん!)
 晴れなのかしら (マァリちゃん!)
 あなたの町の あのあたり
 小さな傘が 羽根になるなら
 今すぐとんで ゆきたい私・・・
 
ああ、思い出せば胸がキュン! あのころ真理ちゃんは「白雪姫」と言われていました。もちろん天使のようなその微笑みは私だけでなく、ブラウン管内蔵型テレビ(液晶テレビなんてもちろんまだ無い)を通じて、世の男子たちに平等かつ公平に振りまかれたものであります。
私はしばらく、
「♪ 虹の向こうは (マァリちゃん!)、晴れなのかしら(マァリちゃん!)」と、心の中で歌いながら走っておりました。

しかしふと見渡せば、周りにいるのは大半が20台から40台の若いランナーたち。真理ちゃんに心を焦がした世代は、この群れの中にせいぜい2人か3人しかいないようです。虚しさを感じた私は、走りに集中することにしました。
ということで真理ちゃんのことはひとまず忘れ、3キロほど走ったところで山へと入っていきます。

山へ入っていく.jpg

はじめに取りつく下蒜山は標高1100m。スタート地点の標高が346 mなので、約750mほど高度を上げることになります。けっこうきつい登りなので、滑りやすい斜面にはロープや鎖が垂れ下がっています。

下蒜山のきつい登り.jpg

深い霧が立ちこめており、視界は50mから100m程度でした。

下蒜山の登り坂.jpg

下蒜山の山頂到着は8時7分。霧はますます深くなり、当然ながら下界はまったく見えません。

下蒜山の山頂.jpg

ここからは一旦820 mの鞍部まで下がり、1123mの中蒜山を目指します。雨で滑りやすいところもあり、慎重に進んでいきました。

下蒜山の下り.jpg

中蒜山到着は8時59分。相変わらず遠望はできないので、止まることはせずに先を急ぎます。


中蒜山山頂.jpg

次は985 mの鞍部を経由し、標高1200mの上蒜山へと向かいます。植物にはさほど関心がない私ですが、下っていく途中で目にした何種類かの高山植物に、心を癒されている自分に気づきました。

高山植物.jpg

上蒜山への登りは比較的短いものの、滑りやすい岩場や、きつい登りの連続なので、力を使い果たしたのか脚を止めてしまうランナーもいます。

上蒜山の登り2.jpg

最後の頂を越えて下りに入り空が少し明るくなったとき、進行方向右側の樹木が途切れて視界が開けました。なんということでしょう、その時、再び虹を見たのです。しかも眼下に・・・。

眼下に虹.jpg

生まれてこの方、たぶん百回以上は虹を見ているでしょうが、足元より下に見たのは初めてでした。そしてここでも、あのフレーズが聞こえてきたのです。

♪ 虹の向こうは (マァリちゃん!)
  晴れなのかしら (マァリちゃん!)・・・

嬉しくって、切なくって、哀しくって・・・。思わず虹に向かって「真理ちゃ〜〜〜ん!」と叫んでしまいそうでしたが、かろうじて理性の力が勝り、この衝動を抑えました。私って、やっぱり大人ですよね。

山を下りたら、牧場を横切ってロードへ出ていくのですが、ちょうどその時、ジャージー牛が群れをなしてこのポイントを通過していくところでした。なかなか切れ目ができませんでしたが、すきを見て私は、この交差点を手を挙げながら渡り切ることに成功しました。

ジャージー牛.jpg

そして2キロほどロードを走ってから、最後の自転車道へ入ります。ここまでくれば残りは8キロ。前後にランナーの姿はなく、競い合う相手がいないことからペースは上がりませんでしたが、時おり降り注ぐ小雨に濡れながら、「マイペースのラン」でゴールへ邁進していきました。

雨の自転車道.jpg




(私の記録)
タ イ ム  4時間23分06秒
総合順位  25位/52人(出走数)
完 走 率  96%(50/52人)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
 
ラベル:トレイル
posted by との at 21:36| 鳥取 ☁| Comment(2) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

UTMB・CCC・YNMC 合同トレーニング in 大山 2017


金曜日の夜に、走友のテッシーさんから次のメールが届きました。

『8月の UTMB & CCC、9月の上州武尊山の出場を前に大山周回コースでトレーニングを行います。皆で楽しく?やりましょう。前半は、ロードの起伏走、後半はトレイル&登山道です』

どんなところを走るのかと思ってルートを見ると、前半が、
大山情報館 →(横手道)→ 桝水 → 鍵掛峠 → 大山道 → 御机 → 鏡ケ成 → 東大山養魚場 → 地蔵峠 → 一向平キャンプ場[ここまでロード30km、5時間]
そして後半が、
→ 大休峠 → 野田ヶ山 →ユートピア小屋 → 元谷 →(行者コース)大山山頂 1709m → 下山キャンプ場 →(横手道) → 大山情報館[この間はトレイル16.5km、7時間]
計 46.5km というハードなもの。

ちなみに私の場合、このコース中にある野田ヶ山へは行ったことがありません。おもしろそうな企画に“パクッ”と食いつき、2日後の7月23日(日)の早朝は、そそくさと大山へと出かけていきました。

さて、そこにいた4人の精鋭のうち、AさんとKさんは今年のUTMBに、Aさんの奥さんはCCCにそれぞれ初出場を決めています。またテッシーさんは、昨年完走したYNMC(上州武尊山スカイビュートレイル)へ今年もエントリー済みです。唯一精鋭ではない私も、9月に信越五岳トレイルランの110キロ部門へ初出場を予定。この合同トレーニングで、このところ衰え気味の筋力と持久力をアップしたいと思ったものです。

スタート前.jpg

Aさんの奥さんが、飲み物などを積んだサポートカーを先回して運転してくれます。私たちは、とりあえず20キロ先の鏡ケ成高原を目指してスタートしました。



スタート.jpg

すぐに横手道へ入ります。

横手道.jpg

桝水高原からの遠望は、やや霞んでいました。

桝水高原.jpg

大山環状道路では、ブナ林の中を走ります。

大山環状道路2.jpg

鍵掛峠から御机へ下りながら抜ける2キロあまりの大山道は、地元の人によって近年整備された超快適なトレイルです。



大山道.jpg

御机にある茅葺き屋根の小屋は、定番の撮影スポット。ただし、その背後にあるはずの大山南壁はこの日、霞のためにまったく見えませんでした。

茅葺き屋根の小屋.jpg

この後は、鏡ケ成までずっと登りが続きます。

ずっと登り.jpg

午前9時過ぎに鏡ケ成に到着したときは、かなりヘトヘト。私はサポートカーにある水分を、だいぶ飲みました。

鏡ケ成.jpg

ここでサポートカーの運転はAさんの奥さんからAさんへ交替し、奥さんも走りはじめます。



奥さんも走る.jpg

さて私ときたら、このあたりから皆についていくのが難しくなりました。

東大山大橋.jpg

下りにかかってからも私のスピードは上がることなく、3人との距離がしだいに広がり、やがてその姿は見えなくなりました。
一向平への分岐の交差点でテッシーさんが待っていてくれましたが、そこから一向平までの2キロほどの微妙な上りでは、蒸し暑さに苦しみます。1歩進む毎に3粒の汗がしたたり落ちるほどで、一向平への到着は午前11時14分。着くやいなや、サポートカーにあったポカリと水をガブ飲みする私でした。たぶん、2リットル近く飲んだのではないかと・・・(文字通り汗)。

一向平で.jpg

そしてここでなんと、テッシーさんがギブアップ宣言。「ボクも!」と、これに続きましたが、途中での脱落など想定していなかったので、サポートカーには着替えを積んでいませんでした。大汗に濡れたまま車に乗るのはためらわれたので、テッシーさんと私はここからトレイルに入って大休峠までは同行し、ここから野田ヶ山へ向かわずに川床に抜け、大山寺へ向かうこととしました。
サポートカーの運転手は、再びAさんの奥さんに交替。若いAさんとKさんに、この2人ほどは若くないテッシーさんと全く若くない私が続く構図で、トレイルへ入っていきました。

林道へ.jpg

「大山滝吊り橋」を渡る頃は、少し元気も回復していました。


つり橋で2.jpg

しかし、その後に続く急な登りに再びノックアウトされてしまった私を、仲間たちは谷川のところで待っていてくれました。
ようやく追いついた私は、メンバーが一人増えていることを知ります。川床からこちらに向かっていた途中参加予定のJさんが、鉢合わせの形で合流していたのです。

一人増えた.jpg

大休峠への到着は、午後1時20分でした。

大休峠.jpg

ここでテッシーさんと私は野田ヶ山へ向かう3人を見送った後、正規のコースからエスケープして川床へと向かいます。ここからは下り基調になるので体は楽になりましたが、ペースはやっぱり遅いまま。
そして、テッシーさんからもだいぶ遅れて川床に到着した私を、テッシーさんとAさんの奥さんが迎えてくれました。ここから大山寺までも自力でいくつもりでしたが、奥さんが、私たち2人をサポートカーのシートにビニールを敷いて乗せてくださいました。もったいなくも、ありがたきことです。



川床.jpg

大山寺に車を駐車したあとで、奥さんとテッシーさんと私の3人は、徒歩で元谷へ向かい、ユートピアから下山してくる3人を待ちました。
そして、午後4時20分に彼らが下山。Jさんはここで終了としましたが、AさんとTさん、これにAさんの奥さんと復活したテッシーさんを加えた4人が、予定のコース最後の大山登山に向かうことになりました。疲労困憊の私は、もちろん見送り隊です。

大山山頂を目指す4人.jpg

どうやら、彼らがそれぞれ目標としているUTMB・CCC・YNMCでの完走は間違いないでしょう。それにひきかえ私の場合、9月の信越五岳トレイルランでの完走は、相当に危うそうです。




にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 06:11| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

第1回鷲峰山トレイルラン


7月15日(土)は、「第1回鷲峰山トレイルラン」へ参加しました。

鷲峰山(じゅうぼうやま)は、鳥取市鹿野町にある標高921メートルの山。昔々その昔、大山と背比べして勝ったものの、ある夜、負けた大山に頭を鋤(すき)でごっそりと削り取られしまい、ずいぶん低くなってしまったという背比べ伝説があるそうです。
この大会のことは、県中部に住む走友さっぱんさんからの情報で知りました。ウェブサイトで実施要綱を確認したところ、「参加目標50名」ときわめて控えめ。競技ではなく、参加賞や記録証もないとのことなので、練習会的なイベントだろうと思いました。
経験上、トレイルの“初物”には手を出さない方がいいと思っていましたが、20キロのコースのうち半分は車道で、山の標高差も大山登山一つ分より若干少なめ。これなら、こっぴどい目に遭うようなことはなかろうと、即決で出場を決めました。

jyubotrial2017_1.jpg

さて晴天のこの日、スタート会場となる鹿野小学校に集結していたランナーは、未確認情報ながら47人とのこと。四十七士の中には、さっぱんさん、境港のWAKAKOさん、丹後のもとたろうさんの姿もありました。
スタート時刻の午前7時が迫りカウントダウンが始まっても、多くのランナーは余裕の表情で、スタートラインに近寄ってこようとしません。おいおい君たち、やる気あるの?

スタート前.jpg

がしかし、ピストルの合図でロードへ出てたとたん、みんないいスピードで飛ばしはじめます。おいおい君たち、ちょっと早すぎるんじゃないの?

スタート直後.jpg

たぶんこの一群の中では“老練”と言える“もとたろうさん”と私は、慌てず騒がず、甘んじて後方に位置したまま、初めの舗装路の8.5キロをマイペースで進みます。それにしてもまだ早朝だというのに、強い日射しがジリジリと照りつけ、30度を超える蒸し暑さがランナーを苦しめます。


マイペース.jpg

登山道の入口に、給水が用意されていました。ここで冷たいポカリをいただき、かぶり水で頭も冷やします。

登山道入口.jpg

しかし、ヘタレの私はトレイルに入ったとたんにパワーダウン。山屋のもとたろうさんの背中が、あっという間に遠くなっていきました。ああぁ、情けないなオレ・・・。こうなれば回りのペースなんか気にせず、自分の世界に入り込むしかありません。

もとたろうさんの背中が遠くに.jpg


登りの前半は、緑と木漏れ日が美しいトレイルです。

緑が美しい.jpg

谷川に掛かる苔むした木橋が、風情を感じさせてくれました。

木橋.jpg

しだいに標高を上げ、杉やブナの木立へと入っていきます。いつのまにか暑さからは解放されていましたが、脚だけでなく、全身の筋肉がお疲れモード。なんだか力が入りません。

杉の木立.jpg

ところが、「山頂は、まだまだ先だろう」と思っていたのに突然、行く手にエイドらしきものが出現しました。スタッフとおぼしき人が数名と、飲み物を手にしているランナーがいます。その先には陽光が差し、開けた大地があるように見えたので、「ここが山頂ですか?」と、思わず尋ねていました。
「いやいや、山頂はまだ2.9キロ先。ここからが本番です」と、進行方向の左の方を指しながら笑うスタッフ。その先には、丸太で作った階段が続いています。これこそ、さっぱんさんから聞いていた「階段地獄」の始まりだったのです。

このときスタッフに、「どこから来なさった?」と聞かれたので、「大山町です」と答えました。「大山から来たなら、こんな登りは屁みたいなもんだ」と笑っていましたが、どうしてどうして、実際は“屁”どころではなく、とても厳しいものでした。

ここが山頂?.jpg

それでも時おり、平らな尾根や下りの部分も挟みます。


平らなところだってある.jpg

しかし、やはり繰り返される階段地獄。一段毎の落差は大きく、足の短い私などがその段差を一歩で稼ぐには、かなりの難がありました。

やっぱり階段地獄.jpg

それでもいつしか山を越し、開けた場所に出ました。実はこの少し手前に山頂があり、そこには三角点が設置されていたと、ゴール後にもとたろうさんから聞きました。どうやら私は、それに気づかないまま通り過ぎていたようです。


山頂広場.jpg

下りの途中で樹々の連なりが切れ、周囲の山が見渡せる箇所がありました。遠くの方はやや霞んでおり、ムッとした暑さが体を包みます。

遠くの山々2.jpg

だいぶ下ったところで、顔の近くをハチが飛んでいることに気づきました。思わずそれを払いのけましたがその瞬間、ハチは右の二の腕に軽く接触。刺されたとは思いませんでしたが、しばらく後に軽い痛みを感じました。どうやら、ハチの針がかすったようです。
私は大したことはなかったのですが、ゴール後に何人かのランナーが、「ハチに刺された」と言っていました。私の少しあとにここを通過したWAKAKOさんも、腕を2カ所刺されたとのこと。

もうすぐロードだ.jpg

さて、山をおりると残すは1.5キロの舗装道路だけ。しかし、さすがに暑い。前後にランナーが見えなかったことから、ゆっくりしたペースでここを走り、ゴールへと向かっていきました。

最後の農道.jpg

ゴール後はスタッフが、スポーツドリンクとコーラに氷、近くの日帰り温泉の入浴券、さらには「ない」はずだった記録証まで、サッと差し出してくれました。

完走証.jpg

見ると会場には、ラーメン、うどん、冷やしたキュウリまであり、すべて無料で振る舞われていました。当然ながら全部完食して、お腹はパンパン。これで参加費がワンコインの500円なんて、信じられますか?

ラーメン.jpg



(私の記録)
タ イ ム 3時間17分51秒
部門順位 たぶん後ろから10番以内 / 噂では47人



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:トレイル
posted by との at 00:34| 鳥取 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする