2017年04月11日

第39回 日吉津村チューリップマラソン


4月9日(日)は、「第39回 日吉津村チューリップマラソン」の10キロコースを走ってきました。10年ぶり、2回目の参加です。
開会式が行なわれたのは日野川の河川敷で、対岸は米子市になります。日吉津村は、面積がわずか4.2uという小さな村。平成の大合併以前は鳥取県に4つの「村」があったのですが、他の3村は合併により消滅しました。いまや日吉津村は、県内に残る唯一の「村」なのです。

村長さんによれば、この大会が初めて開催された昭和54年に2500人だった村の人口は昨年、3500人を越えたとのこと。最近では、公民館機能・図書館機能・健康増進機能をもった複合施設「ヴィレステひえづ」を整備するなど、子育て施策には特に力を入れておられるようです。



会場風景.jpg

さて、この大会では10キロの他に1キロと3キロと5キロのコースもあり、参加者数は1800人あまり。屋台のテントも並んだ会場は多くの親子連れなどで賑わっていました。
いまどき珍しく当日のエントリーも可能ですが、私はもちろん、温泉入浴券が付く事前エントリーでの参加です。

受付.jpg


受付では、参加費の領収書を提示してナンバーカードを受け取るのですが、私に差し出されたナンバーはなんと「4」。
私がもしも俊足ランナーなら、「これはエースナンバーさ」とうそぶいてみせるのですが、なにせ鈍足ランナーなので心の動揺は隠せません。どうしても、「4=SI(し)=死」って思ってしまいます。「この大会で、なにか不吉なことが起きる」・・・そう予感した私です。
それにしても、いつか必ず訪れる私の“Xデイ”も、このように何の前ぶれなく、ある日突然やって来るのでありましょうか?


ゼッケン.jpg



気を取り直して、走りの方です。
はじめに1キロ、その次に私たち10キロコースのスタートとなります。



[1キロコースのスタート]
1キロコースのスタート.jpg

河川敷の桜並木は満開でしたが、あいにくどんよりした天候なので、その色合いは今ひとつ鮮やかさを欠いていました。

桜並木.jpg

それでも、所々で村の人たちの声援を受けて元気をもらいます。


交差点.jpg

真っ平らな村なので「アップダウンは無い」と言ってもいいでしょうが、しいて言えば、日野川の土手に駆け上がる部分だけが唯一の上りでした。

河川敷の土手へ.jpg

河川敷の道路を河口に向かっていくと、その先に広がるのは日本海。

河川敷.jpg

王子製紙の巨大な工場は、この村の田園風景にすっかり融け込んでいます。



王子製紙.jpg

さて、私はこの日の目標タイムを一応「50分」としましたが、このところ不調が続いているので、内心では「55分が切れれば上等」と思っていました。ところが、アップダウンがほとんどないコースが幸いしたのか、終始キロ4分50秒くらいのペースを維持したまま走ることができました。
終盤に入り、「これなら48分チョイのゴールになりそう」と考えはじめた頃、ゴールが視界の中に。そのまま、あれよあれよという間にゴールへ吸い込まれていきました。
タイムはきっかり47分。「ラストでそんなに飛ばしたっけ?」と不思議な気がしてガーミンを見ると、距離が250メートルほど足りていません。ここはあえて、距離の誤差ではなく、ガーミンの誤差と思うことにしましょう。

ゴールの光景.jpg

完走したランナーは、ゴール地点にある畑でリューリップを5本もらえます。私はピンクの花にしました。ことしは成長が遅く、まだあまり色づいていませんが、家の庭で咲いてくれるのが楽しみです。

チューリップ畑.jpg

この後は河川敷の会場へ戻り、楽しみしていた「みそ汁サービスコーナー」へ向かいました。ところがここは、200人を越える長蛇の列。昔から、「あわてる乞食はもらいが少ない」と言ったものです。ここは慌てず騒がず、車に置いていたバックを取りに行き、更衣用のテントで先に着替えを済ませることにしました。
この間約20分。再び会場へ戻ると案の定、2列に並んだ行列の長さは4分の1くらいになっていました。
ここに並んで数分後、みそ汁コーナーのスタッフが、私の前の男性へみそ汁を渡すと同時に「これで最後です!」と高らかに宣言。目前にして、みそ汁が底をついたのです。これこそ、「4」のゼッケンをいただいたときに予感した、不吉なできごとに違いありません。

汁碗を受け取った男性は、左側に並んでいた女性へ申し訳なさそうに、「僕はいいですから、どうぞ」と渡そうとしました。これに対し「いえいえ私はいいですから、どうぞ」と、遠慮する女性。嗚呼、なんという美しい光景でありましょう。日本人の美徳、ここに極まれり。
ここで私は、「まあまあお二人さん、そんなに揉めなさんな。そんなに揉めるならそのみそ汁、私がもらってあげましょう」と、仲介を申し出ようかとも思いました。しかし、それをやったらまさに“万死に値する”ことになりそうなので、さすがにやめておきました。どうです、私って紳士でしょう。

[空になった大鍋]
鍋は空.jpg



(私の記録)

タ イ ム 47分00秒
部 門 順 位 健康マラソンなので計測なし


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 




ラベル:ハーフ未満
posted by との at 10:51| 鳥取 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

瀬戸内アイランドトレイル2017




3月26日(日)は、呉市の上蒲刈島(かみかまがりじま)で開催された「瀬戸内アイランドトレイル in 呉・とびしま2017」のロングコース部門に参加し、21キロのトレイルを走ってきました。
瀬戸内海に浮かぶ島の中のコースであるがゆえに、トレイルなのに美しい海の景色が何度も見られるという、オンリーワン的な大会です。

さて、前日の天気予報では「当日は雨」ということでしたが、「瀬戸内だったら晴れだろう」と高をくくっていた私の図太さの方が勝り、この日は「晴れ時々薄曇り」。絶好のトレラン日和となりました。

ロングの部のスタートは2つのグループに分けられており、午前8時30分にAグループが、その15分後には私たちBグループも「県民の浜」の広場からスタート。

スタート.jpg

ロードを進むと、すぐに海岸沿いに出ます。

海岸沿いを走る.jpg

スタートして2キロあまり進んだ地点から、山道へ入っていきます。4か月半ぶりにトレイルを走った私には、土の香りがとても新鮮でした。

トレイルへ.jpg

さらに行くと、足元は整備された階段へと変わります。この長いことといったら・・・。


階段を上る.jpg

この間に400メートルあまり標高を上げ、ようやく最初の山を越えました、その後は当然ながら、急な下りとなります。


下る1.jpg

だいぶ下ったところで、チョロッと舗装道路を走りました。

ロード1.jpg

で、またまた次の登りを頑張ります。

再び登る.jpg

2つ目の山を越え、何度か倒木をくぐりながら下っていきます。

倒木をくぐる.jpg

下り終えて舗装路を走っていると、安芸灘大橋が見えました。

安芸灘大橋.jpg

そして三たびの登りと、

三たびの登り.jpg

三たびの下り。

三たびの下り.jpg

三たびの舗装路では、眼下に瀬戸内海の絶景が広がっていました。

眼下には瀬戸内海.jpg

「真珠の浜」では、思わず足を止めて見とれるランナーも。

真珠の浜.jpg

残り1キロほどになると、微妙なアップダウンに歩きを入れるランナーもいました。しかし私は、鈍足ながらも根性のランで進みます。

最後のアップダウン.jpg

最後は、ちょこっと砂浜を走り、

砂浜.jpg

4時間近くかかったものの、無事にゴールへたどり着くことができました。

ところで私は、大会の前夜祭にも参加しました。ご馳走も美味しかったし、地元の青年会の皆さんの「恵比須大黒縁起」等の上演もあって、とても楽しい雰囲気です。

青年会.jpg

会場には、大会プロデューサーであるプロトレイルランナーの奥宮俊裕さんの姿もありました。私は「ここぞ!」とばかりその傍に寄っていき、話しかけることに成功しました。


との「私は昨年から4回、奥宮さんにお会いしています」
奥宮「そうなんですか」
との「はい、今回と三原白竜湖トレイルと可部連山トレイル(いずれもの大会も奥宮さんがレースアドバイザー)、それと8月のUTMBでもスタート前にお見かけしましたが、畏れ多くて話しかけられませんでした」
奥宮「UTMBに出られたんですね」
との「はい、ギリギリですけど完走しました。つまり、この時は奥宮さんに勝ったというわけです。フッフッフッ」
奥宮「うぐっ・・・」


実は昨年のUTMBで、奥宮さんは途中リタイアという結果だったのです。私の“上から目線”の一言に、奥宮さんは「負けました〜ぁ!」と言って、上半身をガクッと前に折りました。
こうなればもうこっちのペース。抵抗できなくなった奥宮さんに、「一緒に写真お願いしますね」と畳みかけ、ちゃっかりツーショットを撮らせてもらったというものです。これは大きな収穫でした。シメシメ。

とのと奥宮さん.jpg



(私の記録)

タ イ ム 3時間54分13秒
部 門 順 位 287位/385人(ロングコース男子/完走数)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
ラベル:トレイル
posted by との at 01:04| 鳥取 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

鳥取マラソン2017




3月12日(日)は、「鳥取マラソン2017」でフルを走ってきました。
この前身である「日本海マラソン大会」の第1回目が開催されたのは1982年。当時20代後半だった私が初めてフルを走り、ボロボロになりながらも完走を果たしたことは、忘れられない思い出です。以降は飛びとびながら、7回か8回出場したと思います。
2008年には、これが「鳥取マラソン」としてリニューアル。コースに清閑な湖山池の周囲をまわる部分が加わり、会場にはそれまではなかったテント村が出現するなど、バリバリ陸協色の大会から市民マラソンらしいものに一新されました。
そして2014年には、再びコースの大幅変更。湖山池周辺はカットされ、スタートが鳥取砂丘沿いのロードからになって、序盤は市民の応援を受けながら市街地を巡ることになります。この影響か、仮装ランナーの姿も多く見られるようになるなど、いっそう華やいだ雰囲気の大会になりました。

沿道の応援.jpg

「鳥取マラソン」となってから10回目の今回は、記念大会という位置づけでの開催でした。
県内唯一のフルマラソン大会でコスパもいいので、私は「鳥取マラソン」となってからは毎回参加しています。
でも本当のことを言えば、自分の中ではやや満腹感が出てきたことと、この時期に出たい大会は他にも幾つかあるので、「今年の鳥取はパスしよう」と思っていました。ところが募集にあたり、「10回連続出場者には特別なナンバーカードを贈呈」とのアナウンス。普通の人は「それがどうした」と一笑に付されるだけでしょうが、“特別”には特別弱い私にとって、これはエントリーに踏み切る決定的な要因となりえるものでした。

ナンバー1026(中).jpg

ということで、黒地に金文字の記念ナンバーカードをありがたくいただいた私は、今年も揚々としてスタートラインに立ったというものです。ちなみに、10回連続出場者は75人。エントリー総数が4,063人なので、全体のわずか1.8%という希少種ではあります。
なお私の場合、この大会では鳥取県のゆるキャラであるトリピーをあしらった「トリピーキャップ」をかぶって走るのがお約束。黒いナンバーカードとトリピーキャップという怪しいスタイルで固めた私にとって、今年の大会はまさに「参加することに意義がある」というべきものなのです。



トリピーキャップ.jpg

この日は晴天で比較的暖かく、開会セレモニーがおこなわれた特設ステージの先に広がる、日本海の青い水面が印象的でした。

開会式.jpg

さて私は、今回の目標タイムを4時間15分としました。3週間前の「高知龍馬マラソン」では4時間29分というさえない結果だったので、本当は「サブ4」と言いたいところでした。しかし、高知以降も走り込み不足は相変らずで、30分の短縮はどう考えても無理そう。ということで、高知よりもせめて15分くらいは縮めたいということでの“願望タイム”を、ちゃっかりと目標タイムに置き換えただけのものです。

スタートは午前9時。出走した3,484人のランナーに混じり、私は砂浜を右手前方に見ながら、ゆっくりひっそり走りはじめました。


スタート直後.jpg

市街地の道路も完全に交通規制がかかっており、ランナーの独壇場です。

市街地を走る.jpg

県庁近くでは、スポーツ少年団のメンバーらしき子ども達が、ハイタッチで応援してくれました。

スポ小の応援.jpg

郊外に出てからは、しばらく袋川沿いを走ります。こんな長閑な風景が好きな私ですが、足取りもかなり落ち着いたもの。キロ6分くらいで走ろうと目論んでいましたが、じわじわと遅れはじめます。

袋川沿いを走る.jpg

中間点の通過タイムは2時間11分。後半はどうしてもピッチが落ちるので、この調子ではゴールは4時15分どころか、4間半さえ危うい感じです。これを「まあいいか」とすんなり受け入る、とっても素直な私でありました。

中間点.jpg

24キロ地点のエイドで、鳥取県産「きぬむすめ」のおにぎりと砂丘らっきょうをいただきました。

きぬむすめとらっきょう.jpg

これでちょっとだけパワーを回復し、前を行く梨のかぶり物をつけたランナーさんを追い抜くことができました。

梨さん.jpg

梨さんを抜き去った時から、「梨が食べたいなあ」と思っていたところ、30キロ地点のエイドにこれが用意されていました。ありがたや、ありがたや。

「梨のパワーでGo!」と心の中で叫んだものの、残念ながら湧いてくるパワーはもはや“なし”。以後は、完全に消化試合の様相です。

梨を食べる.jpg

残り5キロのところで小さな小山を越えます。タイムはすでに4時間7分と、厳しい現実を知ることになります。

あと5キロ.jpg

終盤は、歩いているランナーも少なくありません。それでも私はゆっくりながら、ゴールまで走り続ける意地を失うことはありませんでした。

もうすぐゴール.jpg

そしてゴール。タイムは目標より30分以上遅いものでしたが、いいのです。だって私にとって今回の鳥取マラソンは、「参加することに意義がある」大会だったのですから。

ゴール.jpg
 

そう言えば沿道からただ一度だけ、「トリピー、10回出場おめでとう!」という掛け声をいただきました。とっても嬉しかったです。


(私の記録)

グロスタイム 4時間46分49秒
ネットタイム 4時間45分49秒
総 合 順 位  1555位/3186人(一般男子/エントリー数)
部 門 順 位   103位/ 283人(一般男子60歳代/エントリー数)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:フル
posted by との at 10:08| 鳥取 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

高知龍馬マラソン2017


2月19日の日曜日は、「高知龍馬マラソン2017」を走ってきました。
大会参加は11月6日の「可部連山トレイルラン」以来で、なんと3か月半ぶりのこと。月に1度や2度は大会を入れていた私にしては、長過ぎるブランクでした。
実はこの間、エントリーしていたハーフマラソンが2つあったのですが、一つは家庭の都合でDNS、もう一つは大雪のために中止となってしまいました。またこの他にも、走友が計画してくれたトレイルランや、仲間内企画の年末と新春のランなどもスケジュールに入れていたのですが、諸般の事情でことごとくDNS。そんなこんなで、しばらく実戦から遠ざかっていたため、走り方をすっかり忘れてしまったようです。


[高知城]
高知城.jpg

高知龍馬マラソンへは、私は絶対にやらないトライアスロンの愛好家グループ「石川道場」のメンバーたちの企画に混ぜてもらう形で参加しました。私を含めた9人は、倉吉市の集合場所から車2台に分乗し、わざわざ高知へ走りに行ったというものです。

集合写真.jpg

レースは、高知県庁近くの道路から午前9時にスタートします。およそ10000人のランナーたちは、開会セレモニーで、龍馬に扮した大会アドバイザーの金哲彦さんから激励を受けました。

金哲彦さん.jpg

この直後に、なんの前触れもないまま、いきなり“パン!”。これを合図に集団は、前の方から少しずつ動き出していきました。
しかし私の場合、なんだか体がとっても重い。そう言えばこのところ、トレーニングといえばジムのトレッドミルでお茶を濁す程度で、完全に走り込み不足。体重も無駄に増え過ぎていたのです。

3キロほど進んだところで、4時間のペースランナーが2人、スッと前へ出てきました。最近こんな場面に遭遇することが多くなった気がしますが、この日はこれに付いていこうという気持ちがまったく起きません。「どうやら4時間は厳しそう。無理せず4時間半くらいで行こうか」と、あっさり白旗を揚げる潔い私でありました。

ペースランナー.jpg

タイムを諦めたレースでは、エイドでの飲食を楽しむのが一番。そして、こんなこともあろうかと、今回のエイドのメニューをマーカーで入念にチェックしてきた私って、なんと用意周到なヤツでありましょう。

まずは10キロ地点。まほろばトマトが、うめ〜!

まほろばトマト.jpg

そして、次は15キロ地点の土佐文旦。これまた、うめ〜〜!

土佐文旦.jpg

お口がさっぱりしたところで、50メートル近くの標高差をこなす浦戸大橋にかかります。

瀬戸大橋.jpg

これを越えると眼下に広がるのは太平洋。この日は天候にも恵まれ、海の青さが際立っていました。

太平洋へ.jpg

「花海道」という名の海岸沿いの道路に入って間もなく、中間点。このときのタイムが2時間4分で、倍にすれば4時間8分となります。後半はどうしてもピッチ落ちますが、4時間半は無理なく切れるだろうと予想しました。

中間点.jpg

22キロ地点のエイドでは、ゆずジュースをごっくん。「なんてうめ〜〜〜!」と、おかわりもいただいてしまいました。
しかし、このあたりから次第にペースが落ちてきたみたいです。「微妙な向かい風や横風のせいか」と思いたいところですが、「走らぬ距離は裏切らない」というのが減速の真相でありましょう。

ゆずジュース.jpg

30キロ地点への到着が3時間2分。いつしか、キロ7分半くらいのスロージョグになっています。このままでは、4時間半でのゴールは危うし!

30キロ地点(12時1分).jpg

これはいかんと、32キロ地点のエイドに到着するやいなや「かつおめし」を2つわし掴みにし、これをむさぼり食べました。それにしても本場のかつおは、やっぱりうめ〜〜〜〜!

かつおめし2個.jpg

そして、残り4キロ地点でのタイムは4時間2分。あとはゴールまで28分、つまりキロ7分で走ればちょうど4時間30分のゴールタイムとなります。

あと4キロ(13時2分).jpg

全然自慢できるタイムではありませんが、ここまできたら、これを目標にするくらいしかありません。すでにバテバテだった体にムチをあて、ゴールの春野陸上競技場をめざします。そして、最後のきつい上り坂もかつおのパワーで駆け上がり、かろうじてサブ4.5を果たしました。

ゴールの光景.jpg

さて、石川道場の面々は、めでたく全員が完走。ゴール後はもちろん「ひろめ市場」に直行し、かつおとビールで打ち上げです。そういえば、前夜も居酒屋でかつお三昧だったなあ。
こうして初めての高知龍馬マラソンは、かつおに始まりかつおに終わることになったのであります。もうお腹いっぱい・・・。


ひろめ広場で打ち上げ.jpg


(私の記録)

グロスタイム 4時間29分16秒
ネットタイム 4時間28分23秒
総 合 順 位  2532位/9016人(男子総合)
部 門 順 位   125位/666人(男子60歳代)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
ラベル:フル
posted by との at 09:39| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする