2021年05月11日

シーズン初の大山登山はトリプル



5月6日(木)は、今シーズン初の大山登山でした。いや、正確にいうと「今シーズン初の大山“山頂”」というべきでしょうか。実は私、これに先立つ5月3日の憲法記念日にも大山登山を試みていました。その日の朝、わが家から大山を見上げると、北壁に着雪。この時期に雪が残っている年もままあるのですが、今年はすでにいったん消えていたので、前日に積もった新雪に違いありません。「これはぜひ見ておきたい」とチェーンアイゼンを携行し、すぐに大山へ向かいました。

[5月3日の北壁]
雪の北壁 - 1.jpeg

しかし祝日ということもあり、駐車場には溢れかえるほどの車、車、車。登山道へ入ると案の定、山頂を目指す人たちが列をなしています。私は登山を午前中に終え、昼前には帰宅するつもりでした。しかしその遅い流れに乗ってしまったら、いったい何時に帰れるかわかりません。残念ではありましたが1合目の少し手前で早々と、白旗をあげて踵を返しました。

混み合う登山道 - 1.jpeg

そして仕切り直しとなったこの日、目にしたのは人っ子一人いない参道。3日前とは打って変わったその静かな光景に、不気味ささえ感じたほどです。


誰もいない参道 - 1.jpeg

午前8時半に入山してほんの数分後、まだ阿弥陀堂までも着かないところに、前日の強風によるものと思われる倒木が石段をほぼ塞いだ状態で横たわっていました。私は人一人がようやく通れるほどの隙間を抜け、そのまま登って行きます。

倒木 - 1.jpeg

8合目が近くなった時、山肌には雪渓。この時期としては滅多にないほどの大きさでした
。

雪渓 - 1.jpeg

9合目を過ぎたところで、背中に長い鉄板を背負った人が下りてきます。「それは何ですか?」とすれ違いざまに聞いたところ、「工事用の鉄板です」との返事。そういえば、前年に行われた山頂碑の移転工事の間、仮設の山頂となっていた休憩スペースにこんな鉄板が敷き詰めてありました。それにしても、相当な重さと思われる鉄板を易々と担いでいるその姿は、どこか大山寺の僧兵に通じる勇壮さを感じさせるものでした。


[前から見たところ]
前から - 1 (2).jpeg

[後から見たところ]
後から見たところ - 1.jpeg

山頂到着は9時50分。この時は山頂碑にタッチしただけで、すぐに下山をはじめます。

一度目の山頂 - 1.jpeg

そして南光河原駐車場まで下りたのは、午前11時。トイレを済ませるとすぐに二度目の登山をはじめ、再び山頂に着いたのが12時40分。この時は、腰を下ろしておにぎりを頬張りました。

二度目の山頂 - 1 (1).jpeg

二度目の登山を終えたのは、午後1時45分。もう一回行くかどうか迷いながら、モンベル大山店の前にある自販機でBOSSの缶コーヒーを購入。リュックの中で潰れて硬くなったチーズサンドを食べている間に元気が回復してきたので、三度目の大山山頂を目指すことにします。

bossの缶コーヒー - 1 (1).jpeg

登り始めてすぐ、路傍に咲く黄色の花が目に入りました。一度目と二度目の時には気がつかなかったもので、桜のような花びらの形が印象的でしたが名前はわかりません。

花 - 1.jpeg

この日三度目の山頂到着は、午後3時40分。眼下には、少し霞んだ弓ヶ浜半島が見えていました。



三度目の山頂 - 1.jpeg

下山してきたのは午後4時45分。こうして今シーズンの大山登山をトリプルでスタートしました。
さてこのところ年ごとに、33回、44回、55回、66回とゾロ目で登頂回数を増やしてきた私です。その流れだと、今シーズンは77回。しかし、昨年はその追い込みで自分の首を絞めるようなことになったので、今年は宣言しないでおきましょう。
えっ、「すでにそれが宣言になっているぞ」ですって? いえいえそれは誤解です。宣言はしてません、しません、しないってばさ。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 02:33| 鳥取 ☔| Comment(0) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

大山山頂66回でシーズン目標達成


12月2日(水)に大山山頂3往復をし、「平日登山のみで山頂66回」という今シーズンの目標をなんとかクリア。なおこの日も先週に引き続き、わざわざ鳥取市から駆けつけたワイチさんが同行し、目標達成の立会人になってくれました。

ワイチさん - 1.jpeg


避難小屋の売店は11月23日で今シーズンの営業を終え、8合目から頂上まで続く木道のロープもすでに外されています。冬山へは行かないと決めている私が、12月に山頂へ行ったことは今までありませんでした。案の定、先週末は今季3回目のプチ寒波。麓からは白くなった北壁が見えています。山頂まではたどり着けないかもしれないと覚悟しながら、おずおずと登って行きました。

5合目 - 1.jpeg

5合目を過ぎたあたりからは、登山道の積雪を踏み締めながらが進みます。8合目に着いたところで、チェーン式のアイゼンを装着。そこから山頂まで続く木道が凍結しているかもしれないと思ってのことでしたが、意外にも雪はカチカチにはなっておらず、私のチャチなアイゼンでも問題なく進めます。これならトリプルもできそうだと思いました。

木道 - 1.jpeg


午前中は予想外の好天気。この日1回目の山頂には、サングラスを持たなかったことを後悔するほど強い日射しが照りつけています。

1回目の山頂 - 1.jpeg

しかし2回目になると様相は一転。ガスに包まれて、視界はききませんでした。


回目の山頂 - 1.jpeg

3回目の山頂もガス、ガス、ガス・・・。ちなみに私はカス、カス、カス。

3回目の山頂 - 1.jpeg


さて、このところ年ごとに33回、44回、55回とゾロ目で回数を増やしてきたので、今年の目標を66回としたのは当然ですが、さらに「平日のみで」というハードルを加えたのは、新型コロナのことがあったからです。山でも“フィジィカルディスタンス”が言われていたこともあり、混み合う土日と祝日は避けた方がよかろうと、今年の登山は平日のみに決めたというわけです。
しかも例年なら登山道の雪が消える5月の連休明けくらいから登り始めるのですが、春先に山岳協会などから感染拡大防止のために登山自粛要請が発せられていたので、初登頂が5月27日までずれ込みます。ということで私にとっては例年と違い、厳しい条件とハンディが課せられたシーズンとなりました。
ところで、再雇用でパートタイム勤務の私の場合、平日は水曜日が休みとなります。この曜日を中心に天気さえ良ければ大山に向かって飛び立っていく今シーズンの私は、人呼んで「水曜日の大山カラス天狗」。大山の裾野にある仁王堂公園に建立されている巨大なカラス天狗像が、実は私をモチーフにしたものであるということは知る人ぞ知る公然の秘密ですが、自分で言うのもおこがましいので、この際は黙っておきましょう。

大山カラス天狗 - 1.jpeg

ここで、今期の歩みを振り返ってみます。
早朝や日没後、悪天候時の登山まではしたくないので、基本的には週1回、天気が良ければ大山へ行くというスタイルでした。夏場の陽が長い時は、仕事が終わった後に急いで向かえば1往復できるのですが、なにせ横着者なのでなかなか腰が上がらず、これで稼いだポイントはさほど多くありません。
ということで、水曜日の山行きではダブルやトリプルで得点を重ねる必要がありました。その状況は下記の通りです。

[5月:3回]
・トリプル×1日

[6月:10回(通算13回)]
・ダ ブ ル×2日
・トリプル×2日

[7月:6回(通算19回)]
・シングル×3日
・トリプル×1日


[8月:11回(通算30回)]
・シングル×3日
・ダ ブ ル×1日
・トリプル×2日

[9月:9回(通算39回)]
・シングル×1日
・ダ ブ ル×1日
・トリプル×2日

[10月:9回(通算48回)]
・シングル×1日
・ダ ブ ル×1日
・トリプル×2日

[11月:15回(通算63回)]
・トリプル×5日

[12月:3回(通算66回)]
・トリプル×1日

目標の半分となる33回目を登ったのは9月15日でしたが、そこまでに3カ月半かかっています。猛暑だったこの夏は、山頂に着いても日射しギラギラ汗ダラダラでやる気を無くし、トリプルの予定を1回で終わってしまった日もありました。しかし、稼ぎどきの夏場に貯金ができなかったことで、目算が狂います。大山は例年、11月下旬には冬山に変わってしまうので、この時点での猶予は2カ月半。ここで少しばかり焦ったものの行動変容にはつながらず、この後も漫然と過ごしてしまいました。

そして本気になったのは11月から。ここで残りを全てトリプルで行っても、月内に目標を達成できない状況だったからです。夏に遊んでいたキリギリスの後悔の念を、この時初めて知ることになります。それでも11月は水曜日に天候が崩れることはなく、また10月にあった日曜出勤の代休として1回休めた月曜日も含め5回の山行き。ここで必死の追い込みに入り三色を連発してリーチをかけ、月を超えたこの日、ようやくアガリとなりました。
ということで今シーズンはこれで、お・し・ま・い。
えっ、「来週も雪が解けたら行くんだろう」ですって? いえ、もうたくさんです。

[シーズン66回目の山頂碑タッチ]
山頂碑にタッチ - 1.jpeg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 06:04| 鳥取 ☁| Comment(0) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

佐摩山・孝霊山・免賀手山登山(ランじゃないよ)


中学校の同級生Y君は、長らく東京でサラリーマン生活をしていましたが数年前に定年退職を迎えて帰郷し、私の近所で暮らしています。中学生の時から続けているテニスがライフワークで、今はテニス三昧の日々。また登山にも関心があるようで、大山の夏山登山道で出会うこともたまにありました。

そんな彼が、「孝霊山に登りたいけど、行ったことがあるか?」と聞いてきました。この山は大山と違って一般の登山者が登ることはほとんどなく、登山口を知っている人さえ少ないはずです。トレランのトレーニングで時々行っている私は、「もちろん」と答え、案内役を買って出ました。
ということで、晴天の予報だった10月31日(土)に二人で山へ。私にとってはめったにしない、“歩く登山”となりました。
当日は午前8時半に車で彼の自宅へ迎えに行き、それから「仁王堂公園」へ向かいます。孝霊山なら普段は家から直接走って行く私ですが、ランナーではないY君にそれを強要するのは酷なので、公園までの往復12キロは車にしたという訳です。



仁王堂公園 - 1.jpeg

孝霊山へのルートは、以前は麓北側の長田集落から電波塔の管理道をだらだらと登ってから登山道へ入るしかありませんでした。しかし近年、孝霊山西側にある佐摩山の登山道が地元の人によって整備され、その山頂を経由して登ることもできるようになりました。Y君には佐摩山もついでに経験してほしかったので、そちらから入ることにしました。

仁王堂公園から山へ入るまでは、農道と江東川の河川管理道をしばらく歩きます。この間、右手に見える三つの山を指してY君に、「今日は左手の佐摩山の登山道から入り、まずその山頂へ行ってから尾根づたいに中央に見える孝霊山へ向かう。孝霊山の山頂からは、長田集落へ向かって降りて行くのが一般的だけど距離は長い。または、右手に見える免賀手山へ降りるコースもある。こちらは距離は短いけど、連れてきたことを恨まれそうなほどきつい下りになる。どっちがいい?」と聞きました。そうしたところY君は、「きつい方でいいよ」との返事。ふっふっふっ、上等じゃあないか。

三つの山 - 1.jpeg

公園から1.6キロ進んだ地点にある『孝霊山登山口 ← 1Km直進』の看板のところから、山へ入って行きました。

孝麗山案内看板 - 1 (1).jpeg

しばらく進み、『孝霊山・佐摩山登山道入口』の標柱が見えると、いよいよ登山の始まりです。

登山道入り口 - 1.jpeg

はじめは比較的急な勾配ですが、登山道は階段状に整備されており快適に登れます。

登りはじめ - 1.jpeg

4号目あたりで、子どもたちの集団に追いつきました。この山で人の姿を見たのは、実は初めてです。聞いてみたところこれは、大山青年の家の主催事業に参加した20人ほどの小学生たちとのこと。しばらくその後について進みましたが、6号目のあたりでリーダーの指示で子どもたちが道を空けてくれたので、前へ出て行くことができました。

小学生集団と出会う - 1.jpeg

佐摩山山頂に着いたのは午前10時5分。登山道入口からここまでは、ゆっくり歩いて35分でした。

佐摩山山頂 - 1.jpeg

小さな山頂碑があるだけの、なんということもない山頂ですが、眼下には日本海に続く阿弥陀川流域の集落や田畑、海岸線に立ち並ぶ風車が一望できます。



佐摩山からの眺め - 1.jpeg

ここから孝霊山山頂までは、なだらかな尾根道を少し下ってから登り返していきました。風雨の影響なのか幹がくねくねと曲がってしまった木々が、風流を感じさせます。

曲りくねった樹々 - 1.jpeg

佐摩山山頂からちょうど30分たった10時35分に、孝霊山山頂へ到着しました。北西の方向には弓ヶ浜半島が、日本海に鮮明な円弧を描いています。

孝麗山山頂 - 1 (1).jpeg

そして視線を180°転じた南東方向には、標高751mの孝霊山より1,000m近く高い、標高1,729mの大山が鎮座していました。そういえば孝霊山は、地元で「からやま」とか「かあらやま」と言われています。その名前に繋がる話ですがはるか昔、高麗の国の神様が日本の国の山と背比べしようと、韓山(からやま)を舟に乗せて日本海を渡って来たという伝説があります。しかし、韓山よりはるかに高い大山を見てびっくり仰天し、これを置いたまま帰ってしまわれたそうです。
この日、Y君と私は高麗の神様を慌てふためかせた大山の勇姿を、同じアングルから眺めていました。そう考えると、なんと痛快なことでありましょう。



大山の勇姿 - 1.jpeg

さて、そうして時空を漂うかのような夢想に浸っていた私ですが、元気な子どもたちの歓声が、そんな気怠い空気を一変させます。私たちより少し遅れて、子どもたちも山頂へやってきたのです。さほど広くない山頂は、これで一気に密状態。子どもたちは、大山町や、米子市、安来市などから参加していたようですが、それぞれが引率のスタッフに自分の家の方角を尋ねるなどして、大はしゃぎでした。

小学生たちも山頂へ - 1.jpeg

その後、子どもたちの集団が往路と同じ佐摩山の方へ帰って行くのを見届けると、Y君と私はこの日のコースで最も手強い、免賀手山へと進んでいきました。雨上がりに来た時は何度も滑って転んでしまった長く急な下りですが、トラロープをしっかりと握り、慎重に進んでいきます。この日は幸い、ぬかるんだところはありません。私は何度か足を滑らせたものの、かろうじて転倒は免れました。一方Y君は2回か3回転んだようですが、弱音を吐くことなく下りていきます。

免賀手山の下り - 1.jpeg

その後、少し登り返して免賀手山の山頂に着きました。この山の標高は598m。佐摩山のように登山道の路面までは整備されていませんが、きついところや迷いやすいところにはトラロープが張られたり、コース上の枝木が切り払われるなど、地元の人たちの心遣いが随所に感じられます。

免賀手山山頂 - 1.jpeg

山を下ってからは往路と同じルートをたどり、12時40分に仁王堂公園へ帰り着きました。もちろん公園では、身長8.88mの大山カラス天狗像の前に二人揃って額突き、謹んで帰着の報告をしたことは言うまでもありません。

大山カラス天狗の像 - 1.jpeg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 19:47| 鳥取 ☁| Comment(0) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

【中間報告】大山山頂 35/66回


私が今シーズンの大山登山で掲げた目標は、「平日登山のみで山頂66回」というものです。新型コロナ感染拡大防止のために山岳協会などから発せられた自粛要請で、初登山は例年より1か月ほど遅い5月27日。以降は仕事が休みの水曜日を中心に、回数を稼いできました。
今週の水曜日は業務の都合で休めないので、振替週休日とした9月15日(火)に33回、34回、35回と、3往復のトリプル登山。これでようやく、シーズン目標の半分を超えました。
さてこの日、登山を始めたのは午前8時50分と、いつものことながら遅いスタートです。

スタート.jpeg

長く続いた猛暑も数日前から一変し、この日の気温は博労座で20度と、ほどよい秋の気候となりました。そのこともあってか登山道は、私が今シーズンに登った中では、最も人出が多いようでした。



人手が多い.jpeg

8号目あたりから見る山肌には、広範囲に渡ってガスが立ち込めていました。



ガスがかかる.jpeg

山頂近くは、色とりどりの花が木道の周りを彩るシーズンをすでに過ぎていますが、ダイセンキャラボクの鮮やかな緑が目に眩しく映ります。

 kyaraboku.jpeg

山頂にある仮設の休憩スペースでは、10人ほどの登山者が休んでいました。

山頂.jpeg

私はここで足を止めることはせず、すぐに下山をはじめます。



下山.jpeg

南光河原の駐車場へ帰り着き、シーズン目標の半分となる33回目の登山達成となります。往復に要した時間は、2時間20分でした。

下山した.jpeg

モンベル横に座り込み、BOSSの缶コーヒーとトーストの軽いランチをとると、再び登山道へと向かいます。

トーストとコーヒー.jpeg

この日2度目の登山を終えるのに、2時間27分、

2度目が終了.jpeg


そして3度目は2時間38分と、少しずつペースは落としたものの、気候がよかったせいか比較的楽な感じでこの日のトリプルを終えました。

3度目が終了.jpeg

さて、今シーズンのここまでの歩み(決して“走り”とは言わないし言えない)を振り返ってみます。



[5月]3回
・トリプル×1日

[6月]10回
・ダ ブ ル×2日
・トリプル×2日

[7月]6回
・シングル×3日
・トリプル×1日


[8月]11回
・シングル×3日
・ダ ブ ル×1日
・トリプル×2日

[9月(18日現在)]5回
・ダ ブ ル×1日
・トリプル×1日



ということで、目標の半分を達成するのに3か月と20日ほど要しています。冬山には行かない私が最後に山頂へ行けたのは、昨年が11月27日で、一昨年は11月28日でした。私のような“なんちゃって登山者”にとって、冠雪が2度か3度あると、大山は途端に登れない山になってしまいます。実際、年によっては11月中旬には行けなくなることもありました。
残された猶予は、せいぜい2カ月ちょい。この間に残り31回のノルマを果たすのは、相当無理がありそうです。絶対絶命のピンチですなぁ。


おしまい.jpeg


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 21:18| 鳥取 ☁| Comment(2) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする