2017年12月07日

オレンジリボンたすきリレー2017


11月18日(土)は、「オレンジリボンたすきリレー2017」に参加し、自宅近くの児童福祉施設から、米子市淀江町の保育園までの14キロほどを走ってきました。
えっ、「オレンジリボンたすきリレーって何か?」ですって。
その答えは、「子ども虐待防止の象徴であるオレンジリボンのたすきを掛け、駅伝方式でこれを走りつなぎ、子ども虐待防止を呼びかけるイベント」です。なおこのリレーは、11月が児童虐待防止推進月間であることから、この期間に全国各地で行なわれているようです。
ちなみに、私がこれに初めて参加したしたのは2014年のこと。米子児童相談所と県西部9市町村の主催でこれが行なわれた際に、役場の担当者からの依頼で走りました。それ以来なので、3年ぶり2回目の参加になります。

背中.jpg

当日はあいにくの雨模様。早朝、町の担当者から私のケイタイに、「今日は雨のためにリレーは中止になりました。でも、開会式だけはしますので、よろしければ会場へ来てもらえませんか?」との連絡がありました。
結構寒そうな天候だったので、正直言って中止は“願ったりかなったり”。「わかりました」と返事をし、一応、開会式の盛り上げだけは協力しようと、当初の予定通りタイガーマスクに変身し、会場へ出かけました。
お茶目な町の教育長さんは、自作したカラス天狗の衣装で登場。35歳の若い町長さんは、カラス天狗とタイガーマスクとのスリーショット写真に納まるときに、「スッピンで来た方が恥ずかしい。来年はコスプレを考えなければ」と焦っていました。

スリーショット.jpg

さて開会式が始まると、まずは町長さんのご挨拶。最後のくだりに、「皆さん、ぜひ完走してください」とおっしゃっいました。「えっ、ランは中止のはずなのに?」と、ちょっと戸惑う私。さらに担当の方が、「今日はあいにくの天候ですが、皆さん頑張って走ってください」と・・・ウグッ。
記念写真に納まりながら、「どういうこと?」と内心、かなり動揺していた私ですが、どうやらリレーはあるらしいということはわかりました。
なんと私が会場に着くまでに、一旦決まっていた中止の判断は撤回され、決行することになったそうです。ガヒーン、やられたぁ!

開会式.jpg

ということで、リレーはスタート。
この時点では雨は小康状態で、無難なスタートとなりました。

スタート.jpg

そしてまずは、2キロほど進んだところにあるN保育園で、園児の歓迎を受けます。実は自走しないでこっそり車で移動していた教育長さん扮するカラス天狗は、どこへ行ってもタイガーマスクをしのぐ人気ぶり。これには内心、ちょっとだけ嫉妬するタイガーでありました。ガオ〜、くやちい!

さくらの丘保育園.jpg

さてランナーは本来、途中に4カ所ある中継所で交替することになっているのですが、「どうせなら長い距離が走りたい」という私と、顔なじみでもある3人の屈強なトライアスリートたちは、自らの希望で全ルートを走ることにしていました。
しかし、保育園を出てすぐに、雨足が急に強まります。私は、持っていたビニールポンチョを取り出し、防衛に努めます。それにしても、「さっ、寒い・・・」。

雨がきつくなる.jpg

こんな中、役場の人など裏方のスタッフさんは、要所要所で車を降りてコース誘導をしながら声援を送ってくれました。ありがたいことです。

役場のスタッフ.jpg

大山口駅前を通過するとき、雨も小降りになり元気を取り戻したタイガーは、「児童虐待は許さんぞ、ガオ〜!」と雄叫びを上げようとしましたが、沿道に人っ子一人いなかったので、やめておきました。

大山口駅前で吠えるタイガー.jpg

この後に立ち寄ったD保育園でも、私には不気味に見えるカラス天狗が、相変わらず園児の人気を独り占め。それに引き換え、どうやらタイガーは一部の園児には怖がられるようです。遅ればせながら私は「ゴロニャーン」と媚を売るようにしたものの、中には泣き出して園舎の奥へ隠れてしまう児童もありました。これって、もしかしたら児童虐待にあたるかも(汗)。

D保育園で.jpg

この後、雨はすっかり上がり、われら崇高な使命を持ったオレンジリボンのメンバーたちは、晩秋の気配がただようコースを、軽快に走り続けたのでありました。

晩秋の風景.jpg

そして、リレーの一応の終着点であるY保育園へ到着し、園児に愛想を振りまいた後で全員が車に乗り込み、市街地にあるガード下へ向かいます。
ここには、この日各地でこのリレーを走ってきたたくさんのランナーが集結していました。

ガード下.jpg

私はこの後の次第をよく分かっていなかったのですが、ここから300メートルほど先にある児童相談所に特設されたゴールゲートへ、一斉になだれ込んでいくことになっていたのです。中には仮装したランナーもおり、賑やかなフィナーレとなりました。

レンジャー.jpg

こうして、日頃まったく世のため人のために役立っていない私たちランナーはこの日、児童虐待防止に一役も二役も買ったのです。どや顔で胸を張り、「ガオ、ガオッ、ガオ〜ッ!」と空に向かって雄叫びを上げる私は、そのとき間違いなく、正義の味方タイガーマスクになり切っていたのであります。

ゴールゲート.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 21:39| 鳥取 ☔| Comment(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

信越五岳トレイルランニングレース2017(台風におじけづきDNS)




9月17日(日)に長野県飯山市などで開催される「信越五岳トレイルランニングレース2017」の110Km部門にエントリーしていましたが、接近する台風18号におじけづき、参加を見合わせました。

信越logo.jpg

100mile部門は今年初めて創設されたものですが、従来からある110Km部門は、ネットでのエントリー受け付け開始後数分で閉め切られるほどの人気です。そのゼロ関門をまんまとすり抜けて得た出場権だけに、みすみす手放すことはとても残念でした。
しかし天気予報では、台風は大会当日の17日に九州へ上陸し、強い勢力を保ったまま当地の山陰あたりから日本海沿岸に沿って進み、18日早朝には東北地方へ到達するとのこと。レーススタートは17日の午前5時30分ですが、もし完走したとしても22時間の制限時間ギリギリで進むであろう私の場合、少なくともレース後半は、台風の雨風に巻き込まれることが、ほぼ確実でした。

台風コーズ図.jpg


雨の中のトレイルは何度か経験していますが、ズブズブヌルヌルの登山道は、私のような走力のないランナーでは走るどころか、歩くことさえままならないこともあり、あまり楽しいものになりません。また、強風が吹く山中は、樹が倒れてきたり、折れた枝が飛んでくることもあり、とても危険です。近いところなら、「とりあえず行って様子を見るか」ということになったかもしれませんが、大会の開催さえ危ぶまれる中、無駄足になればコスパ的にも最悪です。
さらに正直に言えば、以前に痛めていた右膝はこのところ非常に良くなったものの、これに反比例するかのように、左膝に痛みと違和感を感じることが多くなりました。下りの斜面はもとより、平地のランでも症状が現れることがたびたびで、最近は十分なトレーニングができていません。完走する自信を持てなかったことも、参加断念の理由の何割かを占めていることは確かです。



ところで、9月のこの3連休は、ウルトラマラソンやトレイルのラッシュ日となっているのですが、今回は台風のために中止をよぎなくされた大会も多いようです。私が出場したことのある大会はどうだったか、ネットで検索してみました。

2008年に参加した「歴史街道丹後100kmウルトラマラソン」は中止。

丹後2.jpg

2011年と2014年に出場した「しわいマラソン」も中止。

しわい.jpg

昨年参加した「三原・白竜湖トレイルランレース」は、これまた中止。

三原・白竜湖.jpg

2013年に参加した「伊都国100Kmマラニック」は、100キロ部門を、52キロのコースに変更して実施されているようです。「走った後の懇親会が目的」という大会だけあって、中止はありえないのかな。

伊都国.jpg

で、肝心の「信越五岳トレイル」はどうかというと、コースを短縮して実施。私が出るはずだった110Km部門の場合、52キロ地点の黒姫エイドがゴールに変わっていました。ゴール関門時刻も当初の18日3:30から、17日の15:30に変更。台風の影響が少ないうちにレースを終えようという、ギリギリの判断なのでしょう。

信越五岳.jpg

さて、欠場の判断をしたのは14日木曜日の夜のこと。おもむろに奥方の前に立った私は、「拙者、信越へは行かぬこととしたゆえ、ご安心なされ。痩せても枯れても我は武士。台風が来る中、か弱きそなたを置いて出て行くことなど、できるはずもござらん」と申し伝えたのであります。
そのとき奥方は、やおら私の肩へもたれかかり、「なんと優しきお言葉か。わらわは嬉しゅうござりまする。およよっ、との〜(涙)」と。
私はこれに一言、「アモーレ、アモーレ!」と返したのであります。

最後のくだりは、もちろんフィクションです。しょうもないオチで、どうもすみません。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
 
posted by との at 11:07| 鳥取 ☁| Comment(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日



名和マラソンフェスタ2017


今年はエントリー数が1600人を越え、初めての期日前閉め切り。いまや我がまち大山町の一大イベントとなった「名和マラソンフェスタ2017」が、5月21日(日)に開催されました。


私の場合、この大会にはハーフ部門へ仮装して出るのが恒例となっています。初めて仮装で走ったのは2009年のことでした。当日の朝、知り合いの大会スタッフから「スタートするまで、パンダの着ぐるみを着て会場をウロウロしてくれませんか」と頼まれた私は、「いいよ」と快諾。その姿で会場を歩きまわったところ、大受け。脱ぐのも面倒くさいので着ぐるみにナンバーカードを付けてそのままスタートしようとしたら、「死んでしまうからやめて!」とスタッフの声が。
しかし、この制止を振り切って、そのままコースへ出たというものです。
もちろん死ぬことはなく、沿道からは「パンダさん、がんばって〜!」と予想をはるかに上回る好反響。これに気をよくし、仮装が病み付きになってしまった私です。


パンダ2.jpg

次の年は、百均で買った宴会用品を使い、「キン肉マン さくらちゃん」というオリジナルなキャラクターで参戦。自分でも、うっとりするほどド派手なコスチュームでした。


キン肉マン さくらちゃん-2.jpg

仮装3年目のテーマは「変なおじさん」。絶対に正体はバレないと思っていたのに、職場のS女史に一目で見破られてしまいました。「どうしてわかったの?」と聞いたら、「だって、“そのまんま”ですもの」とのたもうた。私って、普段からこんなに変なの?



変なおじさん.JPG

仮装4年目となる2012年は、走り仲間4人を誘い込み、ゲゲゲの鬼太郎の妖怪に扮して登場です。目玉おやじのかぶり物の私は、“窒息”しかけて“失速”したものの、完走は果たしました。

TEAMゲゲゲ.JPG

1年飛んで、2014年は「交通安全おじさん」。ランナーや沿道の人たちに「交通事故0(ゼロ)」をアッピールしながら走る私の運転免許証は、もちろんゴールドです。


交通安全おじさん.jpg

そして昨年は、「タイガーマスク」。ルール無用の悪党達に正義のパンチを見舞う孤高な姿は、沿道の人たちの感涙を誘ったのであります(たぶん)。


タイガーマスク.jpg

さて、長過ぎる前置きはここまで。
ということで、今年の私はというと・・・ジャジャーン!



交通安全指導員.jpg

警察官? いえいえ、拳銃と手錠は持っていません。
ガードマン? 惜しい!
正解は、「交通安全指導員」です。いかにも本物っぽいでしょう。それはそう。だって本物ですもの。実は私、“渡世の義理”により4月から、町の交通安全指導員になってしまいました。

ということで、今年は仮装ランナーになることはできず、ハーフと10キロ部門のコースの3キロ地点にある交差点で、ランナーの皆さんが安全に走れるよう誘導に努めたのであります。



交差点でランナーを見守る.jpg

そうして2時間ほどで任務を終え、ママチャリで帰宅しかけていたところ、道路脇に立つマラソンフェスタののぼり旗が目に入りました。
それを見て、これからも交通安全指導員である限り、この大会で走ることはできないなあ・・・と。そう思うと、ちょっぴり寂しくなった私です。

のぼり旗.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 19:25| 鳥取 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

MRIでの診断結果は「走ってよい」


昨年2月に右膝を痛めてから、1年以上たちました。当初は十分曲げることができなかった膝もしだいにほぐれてきたようで、夏頃からは完全に曲がるようになりました。

しかし、微妙な違和感と時折感じる軽い痛みは今もなくなった訳ではなく、急な下りの場面ではまだ足さばきに難があります。このため常に、「このまま悪くなって走れなくなるのではないか?」という不安に付きまとわれてきました。2月19日の「高知龍馬マラソン」と3月12日の「鳥取マラソン」でも完走はしたものの、「どこかしっくりこない」感じがあり、思い切り走ることはできませんでした。

なんとかこの状態から脱したかった私は、定期的に通院している医院でそのことを話し、「手術をして良くなるような可能性はないでしょうか?」と訪ねました。主治医から、「では総合病院へ紹介するので、MRIで精密検査を受けてみますか?」と言われた私は即座に、「お願いします」と答えていました。

労災病院.jpg

そして、3月17日に受けたMRI検査の結果は、「軽微な所見はあるものの手術等の必要はなく、このまま走り続けてもよい」というもの。「軽微な所見」の内容は、機密度の高い個人情報なので公表しませんが(笑)、手術を覚悟していた私は、思わず拍子抜けしてしまいました。

実はすでに2つの医院で、軟骨がすり減る「変形性膝関節症」という診断を受けていたのですが、それについて総合病院のO医師はMRIの画像を見ながら、「言われてみればそうかなあという程度で、ほとんど問題ないですよ」との見解。この一言で、九死に一生を得たように思いました。

ちなみにO医師は、先日の鳥取マラソンを走られたそうです。帰ってからリザルトを見たら、私より1時間も早くゴールしているランナーさんでした。


待合室.jpg

ところで私は、この1年あまりの病状の経過を正確に伝えるため、A4のペーパー1枚にまとめたものを用意し、診断の時に医師へ渡しました。
そしてその末尾には、【当面の大会予定】として、
・5月連休に520キロのウルトラマラソン
・5月下旬に100キロのウルトラマラソン
・6月下旬に100キロのウルトラマラソン
と記していました。
MRIの結果によってはドクターストップがかかることも覚悟で、あえて記載していたものですが、ドクターは、「520キロの大会なんてあるんですね。場所はどこですか?」と聞いてこられました。
「東京から新潟まで、6日間で走る大会です」と答えると、「すごいですね」と笑っていましたが、「やめなさい」とは言われませんでした。
この1年間、常にヒヤヒヤしながらのランでしたが、これで吹っ切れました。決して無理はしませんがヤワヤワと、復活に向けて走り出します。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 23:14| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする