2017年03月23日

MRIでの診断結果は「走ってよい」


昨年2月に右膝を痛めてから、1年以上たちました。当初は十分曲げることができなかった膝もしだいにほぐれてきたようで、夏頃からは完全に曲がるようになりました。

しかし、微妙な違和感と時折感じる軽い痛みは今もなくなった訳ではなく、急な下りの場面ではまだ足さばきに難があります。このため常に、「このまま悪くなって走れなくなるのではないか?」という不安に付きまとわれてきました。2月19日の「高知龍馬マラソン」と3月12日の「鳥取マラソン」でも完走はしたものの、「どこかしっくりこない」感じがあり、思い切り走ることはできませんでした。

なんとかこの状態から脱したかった私は、定期的に通院している医院でそのことを話し、「手術をして良くなるような可能性はないでしょうか?」と訪ねました。主治医から、「では総合病院へ紹介するので、MRIで精密検査を受けてみますか?」と言われた私は即座に、「お願いします」と答えていました。

労災病院.jpg

そして、3月17日に受けたMRI検査の結果は、「軽微な所見はあるものの手術等の必要はなく、このまま走り続けてもよい」というもの。「軽微な所見」の内容は、機密度の高い個人情報なので公表しませんが(笑)、手術を覚悟していた私は、思わず拍子抜けしてしまいました。

実はすでに2つの医院で、軟骨がすり減る「変形性膝関節症」という診断を受けていたのですが、それについて総合病院のO医師はMRIの画像を見ながら、「言われてみればそうかなあという程度で、ほとんど問題ないですよ」との見解。この一言で、九死に一生を得たように思いました。

ちなみにO医師は、先日の鳥取マラソンを走られたそうです。帰ってからリザルトを見たら、私より1時間も早くゴールしているランナーさんでした。


待合室.jpg

ところで私は、この1年あまりの病状の経過を正確に伝えるため、A4のペーパー1枚にまとめたものを用意し、診断の時に医師へ渡しました。
そしてその末尾には、【当面の大会予定】として、
・5月連休に520キロのウルトラマラソン
・5月下旬に100キロのウルトラマラソン
・6月下旬に100キロのウルトラマラソン
と記していました。
MRIの結果によってはドクターストップがかかることも覚悟で、あえて記載していたものですが、ドクターは、「520キロの大会なんてあるんですね。場所はどこですか?」と聞いてこられました。
「東京から新潟まで、6日間で走る大会です」と答えると、「すごいですね」と笑っていましたが、「やめなさい」とは言われませんでした。
この1年間、常にヒヤヒヤしながらのランでしたが、これで吹っ切れました。決して無理はしませんがヤワヤワと、復活に向けて走り出します。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 23:14| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

UTMBでのゴールシーンが『RUN+TRAIL』に


決して自慢するわけではありませんが、私こと、8月末に開催されたUTMBを完走しました。
えっ、「いまさら何をいうの」ですって? そうですよね。このブログを読んでくださっている方なら、ご承知のとおりですものね。でもあの、決してそのことを自慢するわけじゃなく、お知らせしたいことがあって、あらためてこれに触れさせていただきます。

UTMBでの完走から2カ月。熱い感動が良き思い出へと変わりつつあるところでしたが、走友からのメールで再びあの時の記憶が呼び起こされることになりました。
そのメールは、雑誌『RUN+TRAIL』(Vol.21・12月号)に、私のUTMBでのゴール写真が掲載されているというもの。これは確認しなければならないと、すぐにアマゾンへ注文したところ、昨日これが届きました。

表紙.jpg

全部で130ページの雑誌ですが、なんとそのうちの3分の1がUTMB関連の記事でした。はやる気持ちでその部分をパラパラとめくりますが、一度目はわかりませんでした。

「どこにあるんだ?」と、もういちどページをめくりました。すると、ゴール地点でのスナップの中に、3.8×6.0センチの小さなサイズではありますが、確かに私のゴールシーンを写したものがあったのです。いえいえ、決して自慢するわけではありませんぞ。

42P.jpg

でもよく見ると・・・。

私はあのときゴール前で待ってくれていた奥方の手をつかみ、高々と掲げてゴールしたつもりでした。しかしその意図とは異なり、逆に奥方から半歩下がって手を引かれているやに見える私は、まるで痩せこけた山羊のよう。われながら、なんだか可笑しいです。


拡大写真.jpg

でも、決して自慢するわけではないとはいえ、実のところちょっとだけ自慢したかったので、笑ってもいいから見てください。
えっ、「やっぱりなあ」ですって?




にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 23:24| 鳥取 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

とっとりバーガーフェスタ2016


10月9日(日)は私の誕生日。ただ、この齢になるといちいち数えるのが面倒なので、何回目かは把握していません。
ついてはとある筋から、「この日に、とのさんの誕生日を祝して『とっとりバーガーフェスタ2016』というイベントを開催するので来ていただいきたい」とのご案内をいただきました。私が主賓のイベントということなので断るわけにもならず、会場であある大山寺の博労座広場へ正装して出かけました。

会場には、全国各地から30もの団体が出店していました。曇り空にもかかわらず、私の姿を一目見ようと多くの来場者で賑わっています。どうやら私は人寄せパンダ?

会場風景.jpg

10時のオープニングには、ヒライ鳥取県知事の姿も。あいさつでは、「とのさんの誕生日を祝して、バーガーをバガバガ食べましょう。ガンバーガー!」と、お得意のギャグを飛ばしていらっしゃいましたが、さすがに「バガとの!」とは言われませんでした。



ヒライ知事のあいさつ.jpg

そのあとは私のサイン会が始まりました。ところがすぐに長蛇の列となって整理が大変なのと、バーガーの売り上げにも影響するので、15分ほどで打ち切られてしまいました。

最後尾.jpg

手持ち無沙汰になったので、少し会場をウロウロしてみます。

大山寺の和尚さんをイメージしたと思われるゆるキャラが、「おとのさま、誕生日おめでとうございます。南無阿弥陀仏・・・」とお経を唱えてくれました。

大山寺のゆるキャラ.jpg


箕面市から参加の、「みのおBBQソーセージステーキバーガー」のスタッフは、「ハッピバースデイ、とのさん!」とVサイン。

みのおBBQバーガー.jpg

明石市から参加の「明石原人バーガー」のテント前では、明石のタコをかぶった変なおじさんが「とのさんの誕生日、バンザーイ!」とやってくれました。



ばんざーい.jpg

それにしても、人気の店の前には50人から60人くらいも並んでおり、びっくりです。

行列.jpg

さて、せっかくだからどれか一つバーガーいただいてみることにしました。実は私、いままでバーガーにあまり縁がなく、マクドナルドのバーガーは40年くらい前に1度か2度、またモスバーガーは25年くらい前に何度か食べましたが、以降は5年くらい前にロッテリアで1回食べたきりです。ということで久しぶりのバーガー、どれにしようかなぁ。
で、熟慮の末にチョイスしたのは、和歌山県湯浅町と古座川町から参加の「里山のジビエバーガー」。

ジビエの看板.jpg

古座川町清流鹿を使用した紀州備長炭の炭焼きハンバーグの旨さは、決してハンバではなく、ほっぺが落ちそうです。ご当地バーガー、恐るべし!

里山のジビエバーガー.jpg

そんなこんなで楽しく時間が過ぎ、気がついたら午後4時の終了時間になっていました。一日中走りまわることは時々ありますが、6時間の立ちっぱなしはめったにありません。なんだか足が棒のようです。
ちょっと疲れたものの、記憶に残る誕生日になりました。
私は、赤バラの代わりに着けていたスタッフ用の名札を返すと、「皆のもの、さらばじゃ」と白馬にまたがり、さっそうと会場をあとにしたのであります。


名札.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 14:03| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

UTMB2016(観光編2:アルプスの山々&オマケの話)


ヨーロッパアルプスの高山に囲まれたシャモニーですが、その中でも標高3842メートルのエギゥイユ・デュ・ミディは、この地を訪れる観光客にとって外せないスポットでしょう。


私が泊まったホテルの近くから出ているロープウェイは、中間駅での乗り継ぎを含め、たった20分ほどでミディの頂上近くまで連れていってくれます。山の斜面そのものが急なため、車中では、まるで真上に引き上げられていくような感覚を覚えます。



ミディへのロープウェイ.jpg

ロープウェイから.jpg



頂上が近くなり、目に入ったのは白銀の別世界。そこでは、稜線をたどっていく登山者が、いくつかの点のように見えます。

雪と登山者.jpg

ロープウェイを降りたところにある展望台から、ため息が出るような景観を堪能することができたのですが、見上げるとさらに上の方には、天に向かうロケットのような建物がありました。
エレベーターでそこへ上がり、雲一つない晴天の下で、モンブラン山頂などアルプスの高峰を一望。まさに「人生観が変わる」と言っていいほどの眺望です。

ミディの展望台.jpg

ミディからモンブランを眺める.jpg

ミディからの眺め.jpg

帰りは、ロープウェイの中間駅で降り、ここにある喫茶店でエスプレッソを飲みました。

ミディ中腹の喫茶店.jpg

このあと奥方が、「歩いて下りてみようか。店の人に聞いたら、2時間で下りれるって」と言ったのです。少し驚きましたが、私としては望むところだったのでもちろん同意し、登山道を下りはじめました。
道端に咲く花を見ては、「これを撮っておいて」とご機嫌な奥方。

高山植物.jpg


しかし、下りはじめて30分もすると奥方は、「足が痛くなった」と言って、その表情が険しいものに変わります。しかし、引き返してきつい登り坂に向かうことは、もはや困難。このあとは、無口になった奥方の後方に付き、そのペースに合わせて3時間あまりかけ、シャモニーへ帰り着きました。

このあとホテルで養生した奥方ですが、予想どおり翌日は激しい筋肉痛。良かったか悪かったかは別として、たぶんこれが、今回の旅で一番の思い出になったことでしょう。

下山中.jpg

さて次の日、ゆっくりしか歩けない奥方と出かけたのは、シャモニーの街をを挟んでミディの向かい側にある標高2525メートルのプレバン。
こちらもロープウェイを乗り継いで20分ほどで山頂に到着です。前日に行ったミディとその右の方にあるモンブランを眺めることができました。



プレヴァンから.jpg

モンブランとは反対の方角に目を向ければ、荒野のような山々が連なっています。これを目指して行こうとしているハイカーの姿が、たくさんありました。

プレヴァンから2.jpg

さて、シャモニーでの5泊6日を・・・いえいえ、私の場合はこの間にUTMBを2晩徹夜で走っているので正確に言えば3泊6日ということになりますが、十分に堪能して往路と同じカタール航空で帰国の途につきました。

余談ですが、実は私は今回、カタール航空の「Travel Festival」とやらに当選し、往復の搭乗料金が無料になるという希有な幸運に恵まれたのです。そんなキャンペーンをやっていることさえつゆ知らず、UTMBに出る長崎県の走友がこの航空会社を利用すると聞いたので、私もこの会社を選んだだけです。そんな私がどうして当選したのかと驚きました。
正直言って、当選のメールが届いたときは新手の振込詐欺ではないかと疑い、後日、カード決済していた搭乗料金が通帳に振り込まれるのを確認するまで、完全には信じていなかった私です。

カタール航空.jpg

ということで、この「たなぼた」のようなエピソードを、拙文の締めくくりとしましょう。なにはともあれ、目出たしめでたし。

いやいやちょっと待て。そういえば、『家に帰るまでが遠足です』と誰かに聞いたことを思い出しました。この後の話も、少しだけ付け加えることにしましょう。

羽田から米子空港へ向かうANAの機体が飛び立ってしばらくしたとき、窓から、奇麗な円錐型の山が見えました。「まるで富士山みたいだ」と思ったものの、「その頂きは雪の冠をかぶっているはず」という、私の中にあった富士山の固定観とは異なっていました。そのため、眼下にある黒一色の山は富士山ではないと、一旦は判断しました。

しかしその直後、何年か前の夏に「富士登山競争」や「富士山頂往復マラニック」で駆け上がった山頂には、雪がなかったことを思い出しました。8月末の富士山に雪はないことにようやく気づき、
「やっぱりあれは富士山だ」と、慌てて写真を撮る私でした。

富士山.jpg

それから数十分たち、米子空港が近くなったときのこと。「着陸態勢に入りました」というアナウンスを聞いてしばらくしたら、日本海沿岸を飛ぶ機体から大山が見えてきました。
飛行機にはめったに乗らないので、地元の町を空から一望した記憶が、私にはありません。
手前から、海面のグラデュエーション、沿岸に立ち並ぶ風車、裾野に広がる田畑、鳥が翼を広げたような形の孝霊山、そしてその先にそびえ立つ大山の勇姿。真綿をちぎって並べたような雲まで含め、まるで1枚の絵画にまとめられたような風景です。

大山.jpg

モンブランと富士山、そして大山。世界と日本と地元の名峰の姿をそれぞれ心に焼き付け、UTMBの旅を終えました。





(観光編1)へ戻る → http://t-tono.seesaa.net/article/441906743.html
(レース編)へ飛ぶ → http://t-tono.seesaa.net/article/441588063.html


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 13:55| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする