2018年04月16日

2018大山春の一斉清掃&ハーフ登山


4月15日(日)は、恒例の「大山春の一斉清掃」に参加しました。

開会式は博労座駐車場で行なわれましたが、あいにくの小雨模様で、さらには濃霧で視界は50メートルほどという悪条件。もちろん大山の姿は見えません。


開会式.jpg

式後はそれぞれの割り当てられたエリアに移動し、清掃活動を行ないます。職場の仲間たちと参加した私は、明間の森周辺が担当でした。現地までは車で移動し、大山道路に沿いにゴミを拾って歩きます。幸い雨はあがってきたので、ずぶ濡れになることなく作業ができました。

ゴミ拾い.jpg

この活動には何回か参加しています。走り去る車から投げ捨てられたと思われる紙くずや空き缶が、路傍に散見されます。しかし、マナーが向上してきたのか、年を追うごにゴミが少なくなってきたように思います。おかげで私たちの担当エリアの活動は1時間もかからずに終えてしまい、現地解散となりました。

そしてこの後は、せっかく雨も上がったので、大山登山をすることにしました。冬山へは行かないことにしている私なので、これがシーズン初登山となります。
夏山登山道から登りはじめ、はじめは軽いランで行きました。しかし、しばらく使っていない登山用の筋肉が、すぐに音を上げたため、2合目くらいからほぼ歩きになりました。


1合目の少し先.jpg

3合目を過ぎたあたりから、登山道にもところどころ残雪が見られるようになります。

3合目を過ぎたあたり.jpg

4合目では、雪が完全に道を塞いでいました。

4合目.jpg

これを見て、「5合目で引き返そう」と決めたのに、いざ5合目に来てみたら、意外にも雪はまったくなし。ここで止める理由がなくなりました。

5合目.jpg

しかし、ここを超えてからは、大量の雪の上をおずおずと進むことになります。
下ってきた登山者に、「どこまでいきました?」と聞いたら、「頂上まで行きました。この上は、ずっとこんな感じですよ」との答え。私は、とりあえず6合目まで行き、そこから引き返そうと思いました。



6合目手前.jpg

そして6合目に到着です。

6合目.jpg

登山道の先を見ると、頂上を目指して登って行こうとしている登山者の姿が、霧でかすむ視界の中にかろうじて見えました。彼らにとって、これしきの雪はなんの障害にもならないのでしょう。しかし、アイゼンも持たず登山靴も履いていない“なんちゃってトレイルランナー”の私などが、頂上まで行けるはずはありません。「君子危うきに近寄らず」と、ここで踵を返す私です。


6合目から先を見る.jpg



下りは滑りやすいので、上りよりも相当慎重にいきました。膝を曲げ、へっぴり腰で怖ずおずと下っていく姿は、決して君子のそれではありませんでしたが、たぶん誰にも見られていなかったはずです。


へっぴり腰.jpg

下りは登りと違うルートを通りたかったので、5合目の手前から行者谷へ。こちらの登山道には残雪がほとんどなく、軽く走れるところもあったので、いい感じで大山寺へ帰り着きました。

行者谷登山道.jpg

登山道の雪が消え、私でも山頂まで難なく行けるようになるのはゴールデンウィークあたりでしょうか。今はその日が来ることを、心待ちにすることにします。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
posted by との at 22:01| 鳥取 ☁| Comment(2) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

雪上ウォーク八景



このところ当地の天気は、連日のように雪。2000年のパラリンピックシドニー大会のマラソン競技(視覚障害クラス) で5位入賞を果たした福留史郎さんは、私と同じ大山町民です。彼が走り仲間の飲み会の折りに、「走れないときは歩く」と言っていました。そのことを思い出し、ロード走が無理な雪の日には雪上ウォークをやっています。

30センチもある雪の上をブーツで“のっしのっし”と進むのですが、なかなか思うようにはいきません。それでもこれが結構おもしろく、はっきり言ってハマります。

おまけに、雪化粧の景色はとても新鮮で、心に残る光景をたくさん見つけることができました。ということで、勝手に作った『雪上ウォーク八景』を、下手な短歌もどきのものを添え、ご披露させていただくことにしましょう。(ジャジャーン!)

朝からの わずかな時間で雪冠り 車の脱出時間が要りそう

埋もれた車.jpg

山陰線 西へ真っ直ぐ延ぶレール 迷わず進めと我を鼓舞する
なんと、ここから4キロあまり先まで、“ま〜すぐ”続くのです。

線路は続く.jpg

首相殿 M学園ならいざしらず ここを掘ってもゴミは出ませぬ
ちなみにこの土地は、国有地ではありません。

安倍首相5.jpg

学校の 屋根から今にも落ちかねん 凶器になりうる六尺の氷柱

氷柱2.jpg

集団で 歩道を歩く児童らは 歓声上げて雪玉投げ合う

下校途中の雪合戦.jpg

不審者に 注意促す看板は 朝に夕に子らを見守る

看板には、「不審者注意!! おかしい変だ すぐメモを」と記されています。

不審者注意.jpg

見守りを 兼ねてのウォークと言いながら いかにも怪し我の出で立ち
以前、これと同じような姿でコンビニへ入ったら、2人の店員さんが一瞬で凍りつきました。

怪しい私.jpg

うす雲に 隠れゆきつつ落日は そろそろ時間と帰宅を急がす



雪の落日.jpg


【お断り】
ここで選定した八景は、いわゆる「○○八景」のセオリーにまったく準じていません。事後ながらご了承ください。(アハッ)





にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
posted by との at 00:30| 鳥取 ☁| Comment(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

オレンジリボンたすきリレー2017


11月18日(土)は、「オレンジリボンたすきリレー2017」に参加し、自宅近くの児童福祉施設から、米子市淀江町の保育園までの14キロほどを走ってきました。
えっ、「オレンジリボンたすきリレーって何か?」ですって。
その答えは、「子ども虐待防止の象徴であるオレンジリボンのたすきを掛け、駅伝方式でこれを走りつなぎ、子ども虐待防止を呼びかけるイベント」です。なおこのリレーは、11月が児童虐待防止推進月間であることから、この期間に全国各地で行なわれているようです。
ちなみに、私がこれに初めて参加したしたのは2014年のこと。米子児童相談所と県西部9市町村の主催でこれが行なわれた際に、役場の担当者からの依頼で走りました。それ以来なので、3年ぶり2回目の参加になります。

背中.jpg

当日はあいにくの雨模様。早朝、町の担当者から私のケイタイに、「今日は雨のためにリレーは中止になりました。でも、開会式だけはしますので、よろしければ会場へ来てもらえませんか?」との連絡がありました。
結構寒そうな天候だったので、正直言って中止は“願ったりかなったり”。「わかりました」と返事をし、一応、開会式の盛り上げだけは協力しようと、当初の予定通りタイガーマスクに変身し、会場へ出かけました。
お茶目な町の教育長さんは、自作したカラス天狗の衣装で登場。35歳の若い町長さんは、カラス天狗とタイガーマスクとのスリーショット写真に納まるときに、「スッピンで来た方が恥ずかしい。来年はコスプレを考えなければ」と焦っていました。

スリーショット.jpg

さて開会式が始まると、まずは町長さんのご挨拶。最後のくだりに、「皆さん、ぜひ完走してください」とおっしゃっいました。「えっ、ランは中止のはずなのに?」と、ちょっと戸惑う私。さらに担当の方が、「今日はあいにくの天候ですが、皆さん頑張って走ってください」と・・・ウグッ。
記念写真に納まりながら、「どういうこと?」と内心、かなり動揺していた私ですが、どうやらリレーはあるらしいということはわかりました。
なんと私が会場に着くまでに、一旦決まっていた中止の判断は撤回され、決行することになったそうです。ガヒーン、やられたぁ!

開会式.jpg

ということで、リレーはスタート。
この時点では雨は小康状態で、無難なスタートとなりました。

スタート.jpg

そしてまずは、2キロほど進んだところにあるN保育園で、園児の歓迎を受けます。実は自走しないでこっそり車で移動していた教育長さん扮するカラス天狗は、どこへ行ってもタイガーマスクをしのぐ人気ぶり。これには内心、ちょっとだけ嫉妬するタイガーでありました。ガオ〜、くやちい!

さくらの丘保育園.jpg

さてランナーは本来、途中に4カ所ある中継所で交替することになっているのですが、「どうせなら長い距離が走りたい」という私と、顔なじみでもある3人の屈強なトライアスリートたちは、自らの希望で全ルートを走ることにしていました。
しかし、保育園を出てすぐに、雨足が急に強まります。私は、持っていたビニールポンチョを取り出し、防衛に努めます。それにしても、「さっ、寒い・・・」。

雨がきつくなる.jpg

こんな中、役場の人など裏方のスタッフさんは、要所要所で車を降りてコース誘導をしながら声援を送ってくれました。ありがたいことです。

役場のスタッフ.jpg

大山口駅前を通過するとき、雨も小降りになり元気を取り戻したタイガーは、「児童虐待は許さんぞ、ガオ〜!」と雄叫びを上げようとしましたが、沿道に人っ子一人いなかったので、やめておきました。

大山口駅前で吠えるタイガー.jpg

この後に立ち寄ったD保育園でも、私には不気味に見えるカラス天狗が、相変わらず園児の人気を独り占め。それに引き換え、どうやらタイガーは一部の園児には怖がられるようです。遅ればせながら私は「ゴロニャーン」と媚を売るようにしたものの、中には泣き出して園舎の奥へ隠れてしまう児童もありました。これって、もしかしたら児童虐待にあたるかも(汗)。

D保育園で.jpg

この後、雨はすっかり上がり、われら崇高な使命を持ったオレンジリボンのメンバーたちは、晩秋の気配がただようコースを、軽快に走り続けたのでありました。

晩秋の風景.jpg

そして、リレーの一応の終着点であるY保育園へ到着し、園児に愛想を振りまいた後で全員が車に乗り込み、市街地にあるガード下へ向かいます。
ここには、この日各地でこのリレーを走ってきたたくさんのランナーが集結していました。

ガード下.jpg

私はこの後の次第をよく分かっていなかったのですが、ここから300メートルほど先にある児童相談所に特設されたゴールゲートへ、一斉になだれ込んでいくことになっていたのです。中には仮装したランナーもおり、賑やかなフィナーレとなりました。

レンジャー.jpg

こうして、日頃まったく世のため人のために役立っていない私たちランナーはこの日、児童虐待防止に一役も二役も買ったのです。どや顔で胸を張り、「ガオ、ガオッ、ガオ〜ッ!」と空に向かって雄叫びを上げる私は、そのとき間違いなく、正義の味方タイガーマスクになり切っていたのであります。

ゴールゲート.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 21:39| 鳥取 ☔| Comment(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

信越五岳トレイルランニングレース2017(台風におじけづきDNS)




9月17日(日)に長野県飯山市などで開催される「信越五岳トレイルランニングレース2017」の110Km部門にエントリーしていましたが、接近する台風18号におじけづき、参加を見合わせました。

信越logo.jpg

100mile部門は今年初めて創設されたものですが、従来からある110Km部門は、ネットでのエントリー受け付け開始後数分で閉め切られるほどの人気です。そのゼロ関門をまんまとすり抜けて得た出場権だけに、みすみす手放すことはとても残念でした。
しかし天気予報では、台風は大会当日の17日に九州へ上陸し、強い勢力を保ったまま当地の山陰あたりから日本海沿岸に沿って進み、18日早朝には東北地方へ到達するとのこと。レーススタートは17日の午前5時30分ですが、もし完走したとしても22時間の制限時間ギリギリで進むであろう私の場合、少なくともレース後半は、台風の雨風に巻き込まれることが、ほぼ確実でした。

台風コーズ図.jpg


雨の中のトレイルは何度か経験していますが、ズブズブヌルヌルの登山道は、私のような走力のないランナーでは走るどころか、歩くことさえままならないこともあり、あまり楽しいものになりません。また、強風が吹く山中は、樹が倒れてきたり、折れた枝が飛んでくることもあり、とても危険です。近いところなら、「とりあえず行って様子を見るか」ということになったかもしれませんが、大会の開催さえ危ぶまれる中、無駄足になればコスパ的にも最悪です。
さらに正直に言えば、以前に痛めていた右膝はこのところ非常に良くなったものの、これに反比例するかのように、左膝に痛みと違和感を感じることが多くなりました。下りの斜面はもとより、平地のランでも症状が現れることがたびたびで、最近は十分なトレーニングができていません。完走する自信を持てなかったことも、参加断念の理由の何割かを占めていることは確かです。



ところで、9月のこの3連休は、ウルトラマラソンやトレイルのラッシュ日となっているのですが、今回は台風のために中止をよぎなくされた大会も多いようです。私が出場したことのある大会はどうだったか、ネットで検索してみました。

2008年に参加した「歴史街道丹後100kmウルトラマラソン」は中止。

丹後2.jpg

2011年と2014年に出場した「しわいマラソン」も中止。

しわい.jpg

昨年参加した「三原・白竜湖トレイルランレース」は、これまた中止。

三原・白竜湖.jpg

2013年に参加した「伊都国100Kmマラニック」は、100キロ部門を、52キロのコースに変更して実施されているようです。「走った後の懇親会が目的」という大会だけあって、中止はありえないのかな。

伊都国.jpg

で、肝心の「信越五岳トレイル」はどうかというと、コースを短縮して実施。私が出るはずだった110Km部門の場合、52キロ地点の黒姫エイドがゴールに変わっていました。ゴール関門時刻も当初の18日3:30から、17日の15:30に変更。台風の影響が少ないうちにレースを終えようという、ギリギリの判断なのでしょう。

信越五岳.jpg

さて、欠場の判断をしたのは14日木曜日の夜のこと。おもむろに奥方の前に立った私は、「拙者、信越へは行かぬこととしたゆえ、ご安心なされ。痩せても枯れても我は武士。台風が来る中、か弱きそなたを置いて出て行くことなど、できるはずもござらん」と申し伝えたのであります。
そのとき奥方は、やおら私の肩へもたれかかり、「なんと優しきお言葉か。わらわは嬉しゅうござりまする。およよっ、との〜(涙)」と。
私はこれに一言、「アモーレ、アモーレ!」と返したのであります。

最後のくだりは、もちろんフィクションです。しょうもないオチで、どうもすみません。



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
 
posted by との at 11:07| 鳥取 ☁| Comment(0) | 非日常的な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする