2017年07月07日

第32回サロマ湖100Kmウルトラマラソン(後半)


さて、サロマのコースはほんとどフラットなのですが、50キロから60キロの間にアップダウンが2・3カ所あります。といっても、その標高差は最大で40メートルほどの小さなもの。ふだん大山の麓をフィールドにしている私にとって、この程度の坂は「平地」の部類に入ります。ここを歩くランナーも結構いますが、私は当然駆け上りました。


微妙な上り.jpg

しかし、中盤以降で他のランナーを抜いたのは、この上りだけ。下りやフラットな部分では、周囲のランナーにどんどん置いていかれる私でした。

小雨になる.jpg

サロマ湖の湖面の色はあいかわらず冴えず、対岸も見えないまま。そこにもってきて一時は止んでいた雨が再び降り始め、なんだか気持ちも沈みがちになります。


サロマ湖畔へ.jpg

そしてこんなに寒いと、近くなるのがトイレです。スタート前にちゃんと済ませていたのに、この日はスタート直後から尿意をもよおし20キロあたりで1回目を、それからさほど間もない40キロあたりで2回目の小用に時間をとられることになります。
50キロを過ぎてまたしたくなったのですが、この日のトイレはどこも行列。下手をすると5分も10分も待たなければなりません。道ばたの草むらで用を足すランナーも少なからずいましたが、なんといっても私にとっては、「ウルトラの聖地」であるサロマ。そんなことをしたら、ウルトラの神様から天罰を受けるに決まっています。結局我慢に我慢を重ね、3回目のそれを済ませたのはワッカに入る手前の75キロ地点あたり。この日は、ある意味「我慢の走り」を貫きました。
ゴール後に、あるランナーとの雑談で私が、「3回もトイレに行った」と話したところ、「それは少なかったですね。私は6回でした」と反応されました。相当なロスタイムだったことでしょう。


トイレ(約42.5キロ地点).jpg

さて、65キロあたりの林の中を走る区間では、雨の勢いがひときわ強くなりました。心も体も寒さに震え、ペースはいっそう遅くなります。

雨足が再び強まる(約64キロ地点).jpg

有名な「斉藤商店」さんの私設エイドでは、豊富なメニューを楽しみにしていたのですが、時間が気になるのでブルーベリーをいただいただけで通過しました。

齊藤商店.jpg

69キロ地点の関門時刻は13時59分ですが、ここの通過タイムが13時34分。余裕は25分しかなく、中間点での貯金を少し減らしています。


69キロ地点の関門.jpg

79.3キロ地点の関門時刻の15時19分に対し、通過は15時6分。余裕はわずか13分にまで減っています。追い込まれてきましたが、「絶対に間に合ってやる」と、逆にファイトがわきました。

79.3キロ地点の関門.jpg

幸いにもワッカの原生花園に入る頃には雨があがり、体の動きもしだいに良くなってきます。

ワッカ原生花園.jpg

花は思ったほど多く咲いてはいませんでしたが、それらがまるで高山植物のように見えて、なんだか不思議な世界を漂っているような感覚さえありました。

ワッカ原生花園2.jpg

原生花園に入ってから10キロ近く走り、ようやく折り返します。

ワッカの折り返し地点.jpg

91.5キロ地点の関門は16時54分ですが、通過は16時46分56秒。関門に対する余裕は7分4秒とさらに減っていますが、あとはゴールまで8.5キロを残すだけ。ゴール関門が18時なので、1時間13分でこれを走り切れば大丈夫。アクシデントさえなければ、十分いけるでしょう。

91.5キロの関門(7分4秒前).jpg

さえない走りの一日でしたが、残った力を振り絞って走り、関門7分前にゴールへ入ることができました。

ゴールの光景.jpg

さてゴール後は私を含め、この日の寒さを話題にするランナーが多くいました。ほぼ終日降り続けた冷たい雨が、低い完走率の大きな原因となったことは間違いないでしょう。
実は内心、サロマがほぼフラットなコースであるがゆえに、このところ不調の私でも「うまくいけば11時間ちょいで、悪くても12時間あればゴールできるだろう」と甘い目論見を持っていました。しかし結果は20キロで早々と失速し、あとは「あぁぁぁぁ・・・」と言うような体たらく。原因はやはり、雨と寒さでありましょう。
いやいやちょっと待て。そういえば、1ヵ月前の「えびす・だいこく100Kmマラソン」では逆に、「強い日差しと暑さ」を失敗の理由にしていました。それ以前のレポートを見ると、ある時は「直前にあった宴会で飲み過ぎたから」、またある時は「足の裏に水ぶくれができた」、そしてある時は「カーボローディングしたら体重が増え過ぎた」などと、いつも上手に言い訳を探してきている私です。
こんなのじゃなく、たまには「今回は予想外に好調な走りができました。その要因は・・・」というような書き出しのレポートをしたためたいものです。えっ、「あんたの実力で、それは無理だろう」ですって?
う〜ん、そうかも。

サロマのメダル.jpg




(私の記録)
タ イ ム 12時間53分32秒(グロス)

      12時間51分59秒(ネット)
総合順位 1372位/1536人(一般男子/完走数)
部門順位  268位/ 306人(一般男子年代別/完走数)
完 走 率 71.4%(男女総合 2311/3236人)
     70.3%(一般男子 1536/2186人)


「前半」へ戻る → http://t-tono.seesaa.net/article/451423018.html



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
  
ラベル:ウルトラ
posted by との at 06:10| 鳥取 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

第32回サロマ湖100Kmウルトラマラソン(前半)


西の四万十、東のサロマ。
マラソンブームはウルトラの世界にも及び、いわゆる100キロマラソンも近年は、各地に乱立気味となりました。そんな中で、この二つの大会は100キロマラソン界では「老舗中の老舗」。ウルトラランナーなら一度は出たい、憧れの大会なのです。
高知県で開催される「四万十川ウルトラマラソン」には、2回出たことがあります。私の住む山陰の片田舎から現地までは、JRの列車を4本乗り継いで8時間あまり。四万十は「ずいぶん遠いところ」という印象でした。

ましてやサロマは北海道。2機の飛行機を乗り継いで行くなんて、私にとっては海外旅行のレベルです。おいそれと行けるところではないので、参加はなかなか実現しませんでした。しかしついにこのほど、「第32回サロマ湖100Kmウルトラマラソン」へ出場し、「いつかはサロマ」という長年の夢を叶えることができました。

飛行場.jpg



なお、この大会にはリピーターも多く、100キロコースを10回完走したら与えられる「サロマンブルー」の称号を持つランナーは、すでに700人超。ゴール会場の常呂町スポーツセンターの百年広場にある通りの壁面には、永久保存されるという彼らの足型のプレートが飾られていました。「虎は死して皮を留め、人は死して名を残す」と言いますが、サロマンブルーの人達は、ここにその足跡を残していくのです。
たぶん最初で最後の参加となる私の場合、それは絶対にありえません。どうせ何も残らないのなら、借金と悔いも残さず、人生のゴールをきれいに終えたいと思っているところです。

足型.jpg

さて、前振りはこのくらいにして、走りに話題を移しましょう。
大会が開催された6月25日は、無情の雨。湧別町の総合体育館前のスタート地点に並んだランナーのほとんどが、ビニールポンチョや合羽を羽織っていました。私もTシャツの上からポンチョをかぶり、「暑いよりはましさ」と、この時点ではまだポジティブに考えていました。

スタート前.jpg

午前5時に、サロマ湖の10キロほど西にある湧別町の総合体育館前から、号砲を合図にスタートです。しかしなにせ、3,200人を越えるランナーが固まりになっており、ラッシュのためにすぐには動くことはできません。比較的前の方につけていた私でも、スタートラインを超すまでに1分半を要していました。

1:30.jpg

はじめはどうせ足慣らし。回りのペースは早いものの、無理に合わせず進んでいきます。
10キロを過ぎたあたりから、右手にサロマ湖が見えてきました。その色は残念ながらブルーではなく、どんよりとした鉛色です。それでも体は軽い感じで、比較的軽快に走れていました。

右手にはサロマ湖.jpg

約19キロほど進んだところが、第1折り返し地点となります。

第1折り返し地点−2.jpg

ここで折り返したとたん、きつい向かい風にあうことになります。気がつかなかったのですが、さっきまで体が軽く感じられたのは、実は追い風のお陰だったようです。

雨が強まる(約29キロ).jpg

20キロ地点のタイムは2時間3分とまずまずでしたが、風の抵抗を受けるようになってからは、ペースが落ちたことがはっきりわかります。そうして、30キロの通過タイムは3時間12分と、この間の10キロはキロ70分ペースになっていました。


30キロ地点.jpg


その後、雨脚も強まってきて、気力が萎えそうです。しかもここで、膝に巻いていたサポーターが水分を含んで伸びてきたような気がしたので、いったんマジックテープを外して再度巻き付けようとしました。ところがなんと、冷たい雨と風で冷えこんでしまった指先が思うように動かず、きちんと装着できないのです。何度も試みますが、簡単な作業にもかかわらず立ったままではうまくいかず結局、縁石に腰を下ろして巻き直すはめになりました。

このときのロスは2分か3分でしたが、これを終えた後に再び走ろうとしたら、この間に足や上半身が固まってしまったのかスムーズな動きができません。その後しばらくは、ヨチヨチとした走りになってしまいました。
結果的には、サポーターの弛みなんか気にせず、あのまま走り続けていたほうがずっとマシでした。
そんなこんなで、ペースはさらに落ち込み、50キロ地点のタイムは5時間50分。この時点での関門時間には40分ほど余裕があるものの、実は5時間20分くらいの通過を想定していたので、ちょっと気持ちが折れました。

50キロ通過.jpg


「後半」へ進む → 
http://t-tono.seesaa.net/article/451581590.html


にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:ウルトラ
posted by との at 01:52| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする