2017年07月28日

UTMB・CCC・YNMC 合同トレーニング in 大山 2017


金曜日の夜に、走友のテッシーさんから次のメールが届きました。

『8月の UTMB & CCC、9月の上州武尊山の出場を前に大山周回コースでトレーニングを行います。皆で楽しく?やりましょう。前半は、ロードの起伏走、後半はトレイル&登山道です』

どんなところを走るのかと思ってルートを見ると、前半が、
大山情報館 →(横手道)→ 桝水 → 鍵掛峠 → 大山道 → 御机 → 鏡ケ成 → 東大山養魚場 → 地蔵峠 → 一向平キャンプ場[ここまでロード30km、5時間]
そして後半が、
→ 大休峠 → 野田ヶ山 →ユートピア小屋 → 元谷 →(行者コース)大山山頂 1709m → 下山キャンプ場 →(横手道) → 大山情報館[この間はトレイル16.5km、7時間]
計 46.5km というハードなもの。

ちなみに私の場合、このコース中にある野田ヶ山へは行ったことがありません。おもしろそうな企画に“パクッ”と食いつき、2日後の7月23日(日)の早朝は、そそくさと大山へと出かけていきました。

さて、そこにいた4人の精鋭のうち、AさんとKさんは今年のUTMBに、Aさんの奥さんはCCCにそれぞれ初出場を決めています。またテッシーさんは、昨年完走したYNMC(上州武尊山スカイビュートレイル)へ今年もエントリー済みです。唯一精鋭ではない私も、9月に信越五岳トレイルランの110キロ部門へ初出場を予定。この合同トレーニングで、このところ衰え気味の筋力と持久力をアップしたいと思ったものです。

スタート前.jpg

Aさんの奥さんが、飲み物などを積んだサポートカーを先回して運転してくれます。私たちは、とりあえず20キロ先の鏡ケ成高原を目指してスタートしました。



スタート.jpg

すぐに横手道へ入ります。

横手道.jpg

桝水高原からの遠望は、やや霞んでいました。

桝水高原.jpg

大山環状道路では、ブナ林の中を走ります。

大山環状道路2.jpg

鍵掛峠から御机へ下りながら抜ける2キロあまりの大山道は、地元の人によって近年整備された超快適なトレイルです。



大山道.jpg

御机にある茅葺き屋根の小屋は、定番の撮影スポット。ただし、その背後にあるはずの大山南壁はこの日、霞のためにまったく見えませんでした。

茅葺き屋根の小屋.jpg

この後は、鏡ケ成までずっと登りが続きます。

ずっと登り.jpg

午前9時過ぎに鏡ケ成に到着したときは、かなりヘトヘト。私はサポートカーにある水分を、だいぶ飲みました。

鏡ケ成.jpg

ここでサポートカーの運転はAさんの奥さんからAさんへ交替し、奥さんも走りはじめます。



奥さんも走る.jpg

さて私ときたら、このあたりから皆についていくのが難しくなりました。

東大山大橋.jpg

下りにかかってからも私のスピードは上がることなく、3人との距離がしだいに広がり、やがてその姿は見えなくなりました。
一向平への分岐の交差点でテッシーさんが待っていてくれましたが、そこから一向平までの2キロほどの微妙な上りでは、蒸し暑さに苦しみます。1歩進む毎に3粒の汗がしたたり落ちるほどで、一向平への到着は午前11時14分。着くやいなや、サポートカーにあったポカリと水をガブ飲みする私でした。たぶん、2リットル近く飲んだのではないかと・・・(文字通り汗)。

一向平で.jpg

そしてここでなんと、テッシーさんがギブアップ宣言。「ボクも!」と、これに続きましたが、途中での脱落など想定していなかったので、サポートカーには着替えを積んでいませんでした。大汗に濡れたまま車に乗るのはためらわれたので、テッシーさんと私はここからトレイルに入って大休峠までは同行し、ここから野田ヶ山へ向かわずに川床に抜け、大山寺へ向かうこととしました。
サポートカーの運転手は、再びAさんの奥さんに交替。若いAさんとKさんに、この2人ほどは若くないテッシーさんと全く若くない私が続く構図で、トレイルへ入っていきました。

林道へ.jpg

「大山滝吊り橋」を渡る頃は、少し元気も回復していました。


つり橋で2.jpg

しかし、その後に続く急な登りに再びノックアウトされてしまった私を、仲間たちは谷川のところで待っていてくれました。
ようやく追いついた私は、メンバーが一人増えていることを知ります。川床からこちらに向かっていた途中参加予定のJさんが、鉢合わせの形で合流していたのです。

一人増えた.jpg

大休峠への到着は、午後1時20分でした。

大休峠.jpg

ここでテッシーさんと私は野田ヶ山へ向かう3人を見送った後、正規のコースからエスケープして川床へと向かいます。ここからは下り基調になるので体は楽になりましたが、ペースはやっぱり遅いまま。
そして、テッシーさんからもだいぶ遅れて川床に到着した私を、テッシーさんとAさんの奥さんが迎えてくれました。ここから大山寺までも自力でいくつもりでしたが、奥さんが、私たち2人をサポートカーのシートにビニールを敷いて乗せてくださいました。もったいなくも、ありがたきことです。



川床.jpg

大山寺に車を駐車したあとで、奥さんとテッシーさんと私の3人は、徒歩で元谷へ向かい、ユートピアから下山してくる3人を待ちました。
そして、午後4時20分に彼らが下山。Jさんはここで終了としましたが、AさんとTさん、これにAさんの奥さんと復活したテッシーさんを加えた4人が、予定のコース最後の大山登山に向かうことになりました。疲労困憊の私は、もちろん見送り隊です。

大山山頂を目指す4人.jpg

どうやら、彼らがそれぞれ目標としているUTMB・CCC・YNMCでの完走は間違いないでしょう。それにひきかえ私の場合、9月の信越五岳トレイルランでの完走は、相当に危うそうです。




にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
posted by との at 06:11| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

第1回鷲峰山トレイルラン


7月15日(土)は、「第1回鷲峰山トレイルラン」へ参加しました。

鷲峰山(じゅうぼうやま)は、鳥取市鹿野町にある標高921メートルの山。昔々その昔、大山と背比べして勝ったものの、ある夜、負けた大山に頭を鋤(すき)でごっそりと削り取られしまい、ずいぶん低くなってしまったという背比べ伝説があるそうです。
この大会のことは、県中部に住む走友さっぱんさんからの情報で知りました。ウェブサイトで実施要綱を確認したところ、「参加目標50名」ときわめて控えめ。競技ではなく、参加賞や記録証もないとのことなので、練習会的なイベントだろうと思いました。
経験上、トレイルの“初物”には手を出さない方がいいと思っていましたが、20キロのコースのうち半分は車道で、山の標高差も大山登山一つ分より若干少なめ。これなら、こっぴどい目に遭うようなことはなかろうと、即決で出場を決めました。

jyubotrial2017_1.jpg

さて晴天のこの日、スタート会場となる鹿野小学校に集結していたランナーは、未確認情報ながら47人とのこと。四十七士の中には、さっぱんさん、境港のWAKAKOさん、丹後のもとたろうさんの姿もありました。
スタート時刻の午前7時が迫りカウントダウンが始まっても、多くのランナーは余裕の表情で、スタートラインに近寄ってこようとしません。おいおい君たち、やる気あるの?

スタート前.jpg

がしかし、ピストルの合図でロードへ出てたとたん、みんないいスピードで飛ばしはじめます。おいおい君たち、ちょっと早すぎるんじゃないの?

スタート直後.jpg

たぶんこの一群の中では“老練”と言える“もとたろうさん”と私は、慌てず騒がず、甘んじて後方に位置したまま、初めの舗装路の8.5キロをマイペースで進みます。それにしてもまだ早朝だというのに、強い日射しがジリジリと照りつけ、30度を超える蒸し暑さがランナーを苦しめます。


マイペース.jpg

登山道の入口に、給水が用意されていました。ここで冷たいポカリをいただき、かぶり水で頭も冷やします。

登山道入口.jpg

しかし、ヘタレの私はトレイルに入ったとたんにパワーダウン。山屋のもとたろうさんの背中が、あっという間に遠くなっていきました。ああぁ、情けないなオレ・・・。こうなれば回りのペースなんか気にせず、自分の世界に入り込むしかありません。

もとたろうさんの背中が遠くに.jpg


登りの前半は、緑と木漏れ日が美しいトレイルです。

緑が美しい.jpg

谷川に掛かる苔むした木橋が、風情を感じさせてくれました。

木橋.jpg

しだいに標高を上げ、杉やブナの木立へと入っていきます。いつのまにか暑さからは解放されていましたが、脚だけでなく、全身の筋肉がお疲れモード。なんだか力が入りません。

杉の木立.jpg

ところが、「山頂は、まだまだ先だろう」と思っていたのに突然、行く手にエイドらしきものが出現しました。スタッフとおぼしき人が数名と、飲み物を手にしているランナーがいます。その先には陽光が差し、開けた大地があるように見えたので、「ここが山頂ですか?」と、思わず尋ねていました。
「いやいや、山頂はまだ2.9キロ先。ここからが本番です」と、進行方向の左の方を指しながら笑うスタッフ。その先には、丸太で作った階段が続いています。これこそ、さっぱんさんから聞いていた「階段地獄」の始まりだったのです。

このときスタッフに、「どこから来なさった?」と聞かれたので、「大山町です」と答えました。「大山から来たなら、こんな登りは屁みたいなもんだ」と笑っていましたが、どうしてどうして、実際は“屁”どころではなく、とても厳しいものでした。

ここが山頂?.jpg

それでも時おり、平らな尾根や下りの部分も挟みます。


平らなところだってある.jpg

しかし、やはり繰り返される階段地獄。一段毎の落差は大きく、足の短い私などがその段差を一歩で稼ぐには、かなりの難がありました。

やっぱり階段地獄.jpg

それでもいつしか山を越し、開けた場所に出ました。実はこの少し手前に山頂があり、そこには三角点が設置されていたと、ゴール後にもとたろうさんから聞きました。どうやら私は、それに気づかないまま通り過ぎていたようです。


山頂広場.jpg

下りの途中で樹々の連なりが切れ、周囲の山が見渡せる箇所がありました。遠くの方はやや霞んでおり、ムッとした暑さが体を包みます。

遠くの山々2.jpg

だいぶ下ったところで、顔の近くをハチが飛んでいることに気づきました。思わずそれを払いのけましたがその瞬間、ハチは右の二の腕に軽く接触。刺されたとは思いませんでしたが、しばらく後に軽い痛みを感じました。どうやら、ハチの針がかすったようです。
私は大したことはなかったのですが、ゴール後に何人かのランナーが、「ハチに刺された」と言っていました。私の少しあとにここを通過したWAKAKOさんも、腕を2カ所刺されたとのこと。

もうすぐロードだ.jpg

さて、山をおりると残すは1.5キロの舗装道路だけ。しかし、さすがに暑い。前後にランナーが見えなかったことから、ゆっくりしたペースでここを走り、ゴールへと向かっていきました。

最後の農道.jpg

ゴール後はスタッフが、スポーツドリンクとコーラに氷、近くの日帰り温泉の入浴券、さらには「ない」はずだった記録証まで、サッと差し出してくれました。

完走証.jpg

見ると会場には、ラーメン、うどん、冷やしたキュウリまであり、すべて無料で振る舞われていました。当然ながら全部完食して、お腹はパンパン。これで参加費がワンコインの500円なんて、信じられますか?

ラーメン.jpg



(私の記録)
タ イ ム 3時間17分51秒
部門順位 たぶん後ろから10番以内 / 噂では47人



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
ラベル:トレイル
posted by との at 00:34| 鳥取 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする