2016年09月22日

2016三原・白竜湖トレイルランレース


9月18日(日)は、広島県三原市で開催された「2016三原・白竜湖トレイルランレース」に参加しました。

この大会は、37キロのロングと20キロのショートの2部門があります。私はロング部門にエントリーしていたのですが、前夜の大雨でコースが荒れたため急きょ、ロング部門もショートコースを使って行われることになりました。

スタートの時刻も、午前7時の予定が9時30分に繰り延べ。6時前には会場の白竜湖スポーツ村公園に着いていた私は、珍しく余裕のスタンバイです。といっても、この待ち時間に何をしようもないので、他の多くのランナーに習い、白竜ドームのアリーナでごろ寝をして過ごしました。



アリーナで寝て待つ.jpg

9時からは、この大会のレースアドバイザーである奥宮俊祐さん直々のコース説明。

奥宮さんのコース説明.jpg

続いておこなわれたストレッチ体操も、ありがたやもったいなや、同じく奥宮さんの指導でありました。この豪華なオープニングには、とってもお得感がありました。


奥宮さんのストレッチ.jpg

さて、いよいよスタートです。待ちくたびれていたランナーたちは「オーッ!」と気勢を上げた後、一斉に走り出しました。羊のように小心でおとなしい私以外は、まるで野に放たれた野獣のようです。


いざスタート.jpg

2キロほど舗装道路を走ってから、最初のトレイルへ。ここは400メートルで標高を一気に100メートル上げるところです。幸か不幸かラッシュ状態なので、中程を走っていた私は、抜くことも抜かれることもほとんどありませんでした。


序盤のトレイル.jpg

ピークを越えて登山道を下ると、その後はしばらく、アップダウンを繰り返しながら林道や舗装道路を走ります。中盤のトレイル入るところでは、2カ所か3カ所、ロープを使う急な斜面がありました。



ロープを使う.jpg

この日は、スタート直後から霧雨が降っていましたが、13キロ地点あたりから、その勢いが強まります。


雨が強まる.jpg

しばらく後に雨は再び弱まりましたが、これを契機に登山道の状況が一変。路面はぬかるみ、とても滑りやすくなりました。

路面がぬかるむ.jpg

それでも、コース中盤のこのあたりのトレイルは、「樹林トンネル」と名付けられたところもあり、とってもいい雰囲気です。

樹林トレイル.jpg

15キロ地点の観光農園給水所では、テーブルにブルーベリーや梨など4種類のジャムを乗せたパン、ブドウ、ミニトマト、さらには新米のおにぎりまで並べられていました。

奥宮さんがコース説明の際に、「ここで出るフルーツがいつも余っているようですが、おいしいのでしっかり食べてください」と言っていたこともありますが、どれもこれも本当に美味しいので結局、出されていたものを一通りいただきました。そういえば、しそジュースもうまかったなあ。

観光農園給水所.jpg

さて、この少し先から往路でも通った林道を逆方向に走り、その後、序盤にあったトレイル区間に戻ってきます。
しかし、遅い順位の私がここを通過する頃には、往路で走ったときとの登山道とは一変していました。「チリも積もれば山となる」という諺がありますが、私はこのとき思わず、「小雨も溜まれば池になる」とつぶやいていました。

私のすぐ前を行く女性ランナーが、水たまりを避けてその左端に沿って通り抜けようとしました。しかし、ぬかるんだ路面に足をとられて体のバランスを崩し、転倒しそうになって「キャッ!」と声をあげました。
これを目撃した私は、「あのような乙女ならともかく、私みたいなおっさんがキャーとかギャーとかぬかすのは見苦しい」と、あえてその真ん中を走り抜けました。それにしても、ここでくるぶしの5センチも上まで浸かってしまうとは、思いもしませんでした。

水たまりを避けるランナー.jpg

さて、往路で登ってくるときには何でもなかった急な登山道が、ズルズル、ニュルニュルの激下りとなり、最後に待ち構えていました。
前後を行くランナーの多くは走っていません。というより、走るのはとても難しい状況でした。歩いているランナーでさえ、次々と滑って転倒しています。
珍しく一度も転倒していなかった私はここで、「ゴールまで転倒せずにいく」という、トレイルランナーとしては「はあっ?」というような目標を初めて設定。タイムも順位も度外視し、恥も外聞もかなぐり捨て、コース脇の枝や草をつかみながらよちよち歩きで下っていきました。

歩くランナー.jpg

そして目出たく、この「お笑い」のような目標を達成し、ゴールへとたどり着いたのであります。


ゴールの光景.jpg


(私の記録)
タ イ ム 3時間22分34秒
総合順位  216位/309人(ロングコース男子・エントリー数)
年代別順位  33位/ 58人(50歳以上ロングコース男子・エントリー数)



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
 
タグ:トレイル
posted by との at 17:01| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

お礼参り大山登山プチラン


9月16日(金)は、5週間振りに大山へ登りました。気分はトレランでしたが、走ったところはあまりないので、“プチラン”ということにしておきます。



今シーズンは、1日に2往復や3往復したのも含め、大山山頂へは6月に3回、7月に14回、そして8月には5回行きました。合わせて22回の大山登山は言うまでもなく、8月下旬におこなわれたUTMBに備えてのものです。



すでにブログに何回か書いたとおり、2月に痛めた右膝は、3か月以上を経た5月の下旬になっても回復していませんでした。そのころ医師から、「ロード、特に下りのランは膝に悪いと思う」と言われたこともあり、トレーニング内容を見直して6月からはランを控え、ジムでの筋力強化と大山登山をメインとしました。

とはいえ、登山道の復路を駆け下りることは8月に入るまで出来ず、ほぼ歩き。「こんなことをやっていて、UTMBが走りきれるのか」という不安と葛藤は常にありましたが、幸いにも完走を果たし、この賭けに勝つことができました。


大山登山は、もちろんランに代わるトレーニングの一環ですが、私としてはそれに加え、「苦しい時の神頼み」のように、わが心の山である大山にすがる気持ちもありました。

ということで、この日の大山登山プチランは、UTMB完走を叶えてくれた大山へのお礼参りに他なりません。



さて、登りは行者谷コースから入っていくこととし、大神山神社の参道を上がっていきました。長い参道を抜けて大神山神社に着くと、神殿に向かい静かに手を合わせます。


大神山神社.jpg

大神山神社のすぐ隣にある下山神社の御神徳は、勝運・除災・病気平癒。7月の初めに来た時に、ここで膝の回復を祈願しています。完走の報告をすると、あらためて嬉しさがこみあげてきました。

下山神社.jpg


神社の裏から行者谷登山道へ入りました。

行者谷コース.jpg

この日の大山は、元谷のすぐ上から雲がかかり、見晴らしはよくありません。行者谷に入っても、50メートルくらい先は、霞がかかっているような感じです。



元谷.jpg


天気が良ければ眼下が一望できる6合目避難小屋の前からも、まったく視界はききません。それでも8合目手前では風が雲を飛ばし、短い時間でしたが、三鈷峰方面の山景の一部を眺めることができました。

DSCF5775.jpg

頂上に着くと、用意してきた缶ビールを取り出します。地元では、豊かな恵みを与えてくれるこの山に、「大山さんのおかげ」と言って感謝する人が少なくありません。私も、「大山さんのおかげです」とつぶやきながら山頂碑にビールをかけ、お礼参りを終えました。

ビールかけ.jpg

さて、下山して火神岳温泉で汗を流した後は、大山ゲストハウス『寿庵(じゅあん)』へ。

この日は走友のT嶋さんが、私と、同じく今回のUTMBを完走した米子市のA元さんを酒の肴に、「UTMB完走報告会」という名の呑み会を企画してくれていました。総勢6人のこぢんまりした会でしたが、トレイルランやウルトラマラソンの猛者ばかり。話は尽きず、日付が変わるまで延々と飲み、語り続けていました。

報告会.jpg
 






にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
 
 
posted by との at 17:58| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 登る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする