2018年01月05日

新春初詣ラン2018



1月3日(水)は、走友の雅子姫プロデュースによる「新春初詣ラン」へ3年ぶり2度目の参加。湊山公園から安来市の清水寺を往復する、約20キロを走ってきました。

[コース図]


会場へ向かう車の窓に、みぞれがパラパラ打ち付けます。この日は、「午前中は雪、午後は雨」の予報だったこともあり、集まった24人のランナーたちの大半は、防水のブレーカーやビニール合羽などを羽織っていました。これを見て私も、フリースのトレシャツを重ねた上に、ゴアテックスの上下と言う重装備の身繕いをします。

スタート前.jpg

スタートは午前9時。往路では、スタートして5分ほどのところにある賀茂神社天満宮にまず立ち寄り、お参りしました。


賀茂神社へお参り.jpg

それから国道9号線へ出て西進します。途中にあった温度計の表示は3度。それでも風は冷たいものの、なにぶん着膨れ気味の私は、ほとんど寒さを感じずに走れました。

気温は3度.jpg

3年前に走ったときとは少しコースが変わっており、中海干拓地のそばも2キロほど走りました。

中海干拓地地を走る.jpg

その後、再び9号線に入ってから、左折して山の方へと向かいます。

山へ向かう.jpg

清水寺が間近になったところで立ち寄ったのは、F田女史宅の縁側エイド。ここでいただく西村堂の羊羹が、とってもおいしかったです。

縁側エイド.jpg

3年前は、寺の駐車場から真っすぐ続く長い階段を上がって行ったのですが、今回は脇をまわる坂道を駆け上がるコースに変わっていました。これが結構きつくてしかも長く、筋肉にいい刺激を与えることができました。

最後の登り.jpg

仁王門の前で記念撮影をした後で、

仁王門前で.jpg

少し下って本堂の方へ行き、清水寺でのお参りをすませました。

清水寺本堂.jpg

さて、3年前にここへ来たとき、境内に掲示されていた吉凶早見表をなにげなく見たら、私の運勢である九紫はまさかの「凶」でした。そのことを覚えていたので、「今年は吉か、それとも大吉か?」と期待して確認したところ、なんと今回も「凶」ではありませんか。ガーン、連続かよお・・・。

早見表.jpg

これでやや意気消沈した私は、自由走の帰路で何人にも抜き去られながら正午過ぎに湊山公園に帰り着き、初詣とトレーニングをを兼ねた一石二鳥のランを終えました。

さて、夜はもちろん宴会です。2時間飲み放題の宴にはランより多いメンバーが参集し、「走って良し、飲んで良し」と、昼の部に勝るとも劣らぬ盛り上がりを見せていたのでありました。

どうか今年もすべてのラン仲間たちに、神様と仏様のご加護が一杯ありますように。

宴会.jpg



にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村
ラベル:マラニック
posted by との at 01:03| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

Xmas eve トレラン in 羽衣石山




12月24日(日)は、走友のさっぱんさんの誘いに乗り、テッシーさんと私の3人で、東伯郡湯梨浜町にある羽衣石山(うえしやま) のトレイルを走ってきました。
私は、その前日の23日に参加した「煩悩マラソン」で43キロあまりを走ったばかり。疲れは残っていましたが、羽衣石山を走ることなど、こんな機会を逃せば二度と無いかもしれないと、駆り立てられるようにして出かけていきました。


この日は、標高194メートルの登山口をスタートし、まずは標高376メートル地点にある羽衣石城を目指します。さらに標高518メートルの三角点を経て十万寺集落まで下山し、以降はロードをたどります。時計回りに周回する約8キロのコースを、1周1時間30分の想定で2周する計画でした。

コース図.jpg

登山口から羽衣石城までの距離は、わずか800メートルほどですが、急な登りなので、ほとんど歩きで行きました。

羽衣石城への登り
.jpg

13分で羽衣石城へ着き、ほっと一息です。

羽衣石城
.jpg

城の裏側に回り、眼下に広がる景色を眺めます。くもり空で少し霞んでいましたが、東郷湖を臨むことができました。


羽衣石城からの遠望
.jpg

この後は、フカフカの落ち葉の上を走り、

フカフカの落ち葉.jpg

倒木を何度かくぐり、

倒木をくぐる.jpg

雪の上も進みました。

雪の上を進む.jpg

そして、スタート後50分あまりで三角点に到着です。

三角点.jpg

以後は下りに入っていきましたが、勾配のきついところでは不覚にも、このところ不調の左膝が痛みだし、駆け下りることができませんでした。


きつい下り.jpg

しかも、ガラ道や谷川に沿って進む部分もあり、脚のさばきがスムーズになりません。夏前に痛めた左膝は、一時よりだいぶ軽快していたと思っていたので、来年はトレイルを中心に走ろうと決めていました。それだけに、この時の状態は正直言ってショックでしたが、先行する2人がたびたび私を待って脚を止めてくれたので、気持ちを切らさずに進むことができました。

待ってくれている2人.jpg

トレイルを抜けて十万寺集落に出ると、残りは4キロ。ゆっくりとロードを進みます。

ロードに入る.jpg

残り1キロあまりとなり、行く手の山の上に羽衣石城が見えた時、「あんな高いところに登ったのか」と思いました。

最後の登り.jpg

そして登山口に帰り、この日のランを1周で終えることにした私は、再び羽衣石城へ向かって行く2人の後ろ姿を見送りました。


(走行データ)
距  離  7.8キロ
タ イ ム  2時間1分
総上昇量  545m




にほんブログ村ランキングに参加しています。
よかったら ポチッとお願いします。
    ↓

にほんブログ村

 
ラベル:トレイル
posted by との at 21:39| 鳥取 ☁| Comment(0) | 走る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする